1. トップ
  2. がん診療連携拠点病院

がん診療連携拠点病院

あいさつ

沖縄県立中部病院                        
がん診療運営委員会 委員長 朝倉義崇 

日本では2人に1人はがんを患い、3人に1人はがんで死亡される時代となり、全国どこでも標準的ながん診療を受けられることを目的にがん診療拠点病院制度ができました。また、わが国のがん診療の質を高める事を目的に、がん対策基本法が施行されました。これらの理念は、当院の理念と合致するものです。

当院は、平成19年に沖縄県中部地区の地域がん診療連携拠点病院として指定されました。がんの検査、治療、手術、化学療法、放射線療法に加え、緩和ケアの提供や緩和ケア研修会の開催、がん相談支援、セカンドオピニオン、がん情報提供、一般向けや医療者向けの講演会、患者会、がん登録を行っております。地域の病院・診療所と連携を取りながら、様々な状況の患者様に対して適切な医療を提供できるよう体制を整えていきたいと思っております。また医家の皆様に置かれましては、より一層のご鞭撻をお願い申し上げます。

がん相談支援センター

がん相談支援センターのご案内

がん患者さんやご家族の方が安心して療養を続けることができるように、不安や疑問、心配事についての相談を受けたり、がんに関する情報提供を行い、がん患者さんやご家族さんの生活の質の向上を目指しています。

場所

沖縄県立中部病院 地域医療連携室・医療相談支援センター
本館 2階 案内図(別ウィンドウが開きます)

利用時間 9:00~17:00 (月~金)
電話番号 098-973-4111(代表) 内線(3232)
FAX番号 098-982-6568(直通)

相談支援センター入り口   地域医療連携室マップ

 相談支援センター入口 お気軽にお立ち寄りください。

相談支援センターの看護師やソーシャルワーカーが質問や相談をお受けしています。

一人で悩まずにまずは、ご相談下さい。

 

相談内容で多いもの

ゆんたく会.PNG

事業内容

  • がん疾患・治療・検査などに関する相談、情報提供
  • がんの診療を行っている医療機関の紹介
  • 緩和ケア・終末期在宅医療に関する相談
  • がんに関する地域連携支援
  • がん患者のサポート(患者会など)

ゆんたく会のご案内

当院では、毎月第4回目の火曜日に「がんと生活を考える 患者❤ご家族の会」を開催しております。

ゆんたく会3.PNG

 

ボランティアへのお誘い

ご自身またはご家族のがん体験を活かして何かできる事がしたいとお考えの方がいらっしゃいましたら「相談支援センター」スタッフへお声かけください。

 

図書コーナーの案内

図書コーナー地図

就労支援相談の案内

図書コーナー地図

セカンドオピニオン外来について

 

 

緩和ケアチームの紹介

kuro-ba-1.png ごあいさつ

がんの検査、説明と同意、治療など診療の過程で様々な苦痛・不安など問題が生じます。苦痛を取り除くことは病気の初期の段階でも、人生の集大成の時期でも、どの時期でも必要な大切なことです。

緩和ケアでは、患者様の話に耳を傾け、メンバーの専門知識を駆使し、相談しながら方針を立て、主治医や担当医に解決方法を提案しています。しかし症状が治まらず続くことが時々あります。そのようなとき我慢する必要はありません。苦痛を取り除くことで治療が継続できることがあります。緩和ケアチームは困難なときでも解決法を考え続けます。必要なときは、お気軽に「緩和ケアチームに相談したい」と主治医や看護師にお伝えください。

kuro-ba-1.png 緩和ケアとは 

緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、 心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、 苦しみを予防し、和らげることで、クオリティ・オブ・ライフを改善するアプローチである。  WHO(世界保健機構) 緩和ケアの定義(2002年) より

 

kuro-ba-1.png 緩和ケアチームとは

医師、精神科医師、緩和ケア認定看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、栄養士、理学療法士など多職種で構成された医療チームです。一般病棟に入院中の患者さんとご家族のからだのつらさ、気持ちのつらさ、経済的な問題など「生活していく上でのあらゆる問題」 について解決へ向けての支援を主治医や病棟スタッフと連携して行います。

 

kuro-ba-1.png 緩和ケアチームへご相談下さい

kannwaposuta.png

kannfa.JPG       kannfa2.JPG

カンファレンスの様子         

kuro-ba-1.png 緩和ケアを希望されるとき

主治医や看護師さんへ「緩和ケアを希望します。」とお伝えください。

 

緩和ケア外来

毎週水曜日 14:00~17:00

申込は、地域医療連携室・医療相談支援センターまで

TEL:098-973-4111(内線3231) FAX:098-982-6568

外来診療表はこちら

第1回県立宮古病院・中部病院地域がん診療連携連絡会

平成27年8月28日、県立宮古病院において「第1回県立宮古病院・中部病院地域がん診療連携連絡会」が行われ、 がん診療における連携・人材交流や合同カンファレンスについて話し合われました。

第1回県立宮古病院・中部病院地域がん診療連携連絡会の様子
参加者
宮古病院
松村敏信(外科部長)
本村悠子(副院長・看護部長)
上地成人(救急・外来師長)
當山千巌(外科)
杉田周一(内科)
青沼裕美子(がん性疼痛看護認定看護師)
中部病院
朝倉義崇(血液腫瘍内科部長)
伊江将史(外科)
新屋洋平(緩和科・地域ケア科)

がんに関する講演会・研修会

医療関係者向け研修会等のご案内

化学療法と副作用対策に関する研修会

日時:平成29年9月22日(金) 19:00~20:30

場所:沖縄県立中部病院 第1・2会議室

対象:医師、看護師、医療従事者

地域皆さま向けイベントのご案内

沖縄県立中部病院編集本 
『チームワークで県民の医療をささえる』発刊記念講演会

<台風の接近により中止となりました>

日時:平成29年10月22日(日) 15:00~(17時終了)

場所:ジュンク堂書店那覇店・地下1Fイベント会場

対象:どなたでもお気軽にご参加ください。

 

 

 

 

地域の皆さま向けイベント


タイトル:今知っておきたい!「がん」のコト

 

地域の皆さま向け講演会

      

 kouwa01.jpg         

タイトル:沖縄県立中部病院編集本 『チームワークで県民の医療をささえる』発刊記念講演会

 

医療関係者の皆さま向け講演会

地域がん診療連携拠点病院講演会

     

タイトル:「琉大病院におけるがん患者に対する周術期口腔機能管理の取り組み」

 

緩和ケア研修会

がん医療に携わる医師を対象とした緩和ケアに関する研修会(厚生労働省が定めるプログラムに準じ)を年1回開催しています。

kannwakeakensyukai2016.jpg                       

「緩和ケア研修会2017」について

「ELNEC-Jコアカリキュラム看護師教育プログラム」 ついてはこちらです 

今後の予定について




緩和ケア研修会修了者(医師)