1. トップ
  2. 部門
  3. 麻酔科

麻酔科

スタッフ紹介

国吉 茂
嘉手川 康人
兼城 真帆
仲嶺 洋介
伊敷 聖子
石原 昌貴
山川 仁

学会発表・論文発表

麻酔科医専攻プログラム

  •  当院後期研修プログラムでは、主に手術麻酔を中心に研修を行います。
  •  麻酔科スタッフと1:1で指導を受けながら、同時にローテーションでまわる初期研修医の指導にあたります。
  •  当院には全7室の手術室があり、24時間体制で緊急手術を含めて対応します。
  •  年間手術件数はのべ3,707件(2010年1月1日〜12月31日)で緊急手術件数はのべ1,100件でした。
  •  毎年概ね手術件数は3,500〜4,000件程度で緊急手術件数はその25〜35%です。
  •  麻酔科スタッフは6名在籍(うち指導医2, 専門医2, 標榜医2)
  •  当院には外科、整形外科、形成外科、泌尿器科、頭頸部外科、心臓血管外科、脳神経外科、総合周産期母子医療センターを擁する産婦人科、 そして救命救急センターがあり、疾患・緊急度・年齢・性別とも多岐に渡る麻酔症例を経験することが出来ます。更に最近では血管造影室でのステントグラフト 治療(EVAR)時の全身麻酔や、内視鏡室での検査時の全身麻酔など、手術室外での麻酔科管理件数も増加しています。
  •  当院は日本麻酔科学会麻酔科認定病院です。
  •  原則として中部病院のみで研修を行います。

研修スケジュール

PGY3, 4(卒後3、4年目)

手術室を中心に研修を行い、その間に約8週間のICU/CCUローテーションが入ります。心臓手術や重症患者の麻酔を中心に担当します。 3〜4日に1日の割合で麻酔科スタッフとともに麻酔科当直を行い、緊急手術の麻酔の研修を行います。 後期研修からの採用の場合、他科ローテーションを若干期間組み合わせる場合もあります。 PGY4修了時には麻酔科標榜医、認定医の申請が可能です。

PGY5(卒後5年目)

責任ある立場で、当院麻酔科医としての日常診療にあたっていただきます。