1. トップ
  2. 部門
  3. 消化器・一般外科

消化器・一般外科

基本方針

当院開設時より、私たち中部病院外科の基本姿勢は一貫しています。

  • 患者さんのために、いついかなる時でも、「正しい医療」を行います。
  • 頭の先から爪の先まで、軽症重症にかかわらず、幅広い診療を行います。
  • 沖縄県の将来を担う、あらゆる病気に対処できる外科医を育てます。

診療内容

一般外科では急性腹症や外傷などの外科系救急疾患、上部・下部消化管や肝胆膵などの消化器疾患、呼吸器疾患、乳腺内分泌疾患、小児外科、臓器移植(腎臓、肝臓)といった幅広い分野の診療を行っています。

一般外科はスタッフ8人、研修医8人で編成され、手術件数は年間約1000件で緊急手術が約30%を占めます。救急疾患については救急室や集中治療室と密に連携し、早期より積極的に外科医が関わることで、治療成績と予後の向上を計っています。

2007年に地域がん診療連携拠点病院の指定を受け、癌診療にも力を注いでいます。早期癌から高度進行癌までさまざ まな病期の患者さんの治療を行います。外科医だけでなく、内科医、放射線科医、病理医、看護士、薬剤師、栄養士など、診療に関わる多くのメンバーと協力し、それぞれの患者さんにとって最適な治療法を選択します。

良性疾患や早期癌には内視鏡手術を積極的に取り入れ、術後の生活の質(QOL)を確保することに力を入れています。安全管理にも十分配慮し"患者中心主義"の医療の実践に努めています。

外来表

 外科外来診療予定表 
 

スタッフ紹介

福里 吉充
村上 隆啓
加藤 崇
砂川 一哉
伊江 将史
三本松 譲

 

 

診療実績

主な疾患の手術件数はこちらを御覧ください。

学会発表・論文発表

主な学会、論文発表の詳細はこちらを御覧ください。

後期研修プログラム

当院外科研修プログラムの概要はこちらを御覧ください。