1. トップ
  2. 部門
  3. 臨床工学科

臨床工学科

はじめに

近年の医療機器及び医療技術の進歩は目覚しく、次々と新しい医療機器が開発されています。

これら医療機器の高度化、複雑化に伴い、1987年に医療機器の操作及び保守点検をおこなうスペシャリストとして臨床工学技士という職種が誕生しました。
当院においても上記現状を踏まえ臨床工学科を設立し、臨床業務提供及び医療機器の管理をおこない、他部門同様チーム医療の一員として業務をしています。

臨床工学科の紹介

平成21年度4月より、正職員5名の採用がスタートし、平成28年4月より増員を行い12名に、平成29年度4月からは15名臨床工学技士が業務に携わっております。臨床業務の為に各部門へ出向のほか、ICU内に医療機器管理部署を設け、ME機器の中央管理を行っております。

●主な業務内容の紹介

  1. 血液浄化業務
  2. 体外循環業務(補助循環、手術室業務含む)
  3. 医療機器管理業務
  4. 心臓カテーテル業務
  5. 呼吸療法業務
  6. 新生児集中治療(NICU)業務
  7. 不整脈治療、ペースメーカー業務

当院は急性期病院であるため、上記業務に夜間休日でも対応するために、現在当直体制を組んでおり、24時間365日1名以上臨床工学技士が院内に在籍している環境を取っています。

上記業務に夜間休日にも対応するために、血液浄化、体外循環、補助循環、NICU、医療機器トラブルのオンコールに対応しております。

●当院臨床工学技士の業務方針、職員育成について
沖縄県立中部病院は県立6病院(北部、中部、医療センター、精和、宮古、八重山)の1つであり、精和病院を除く5病院に臨床工学技士が配置されています。 定期的な人事異動も予想されることから、人員の少ない遠隔地でもしっかりと貢献できるよう、1分野に特化した職員を育成するので無く、業務ローテーションを実施し、幅広く業務を行いながら、この分野は特に知識、スキルを伸ばしていきたい、といった分野を見つけキャリアアップ出来るような職員育成を考えています。

1.血液浄化業務

透析室へ出向という形をとり、臨床業務は主に集中治療室や病棟での出張透析、CRRT、アフェレーシスなどの実施を担当します。また透析室内にある機器管理を担うほか、透析液水質管理も行っています。

(透析液水質加算2取得)

2.体外循環業務(補助循環、手術室業務含む)

手術室へ出向という形をとり、心臓血管外科手術の際での人工心肺操作を行います。また麻酔器などの手術室内機器管理やトラブル対応も行います。

PCPS,IABPのような補助循環も臨床工学科での対応となり、当院のすべての救急患者を受け入れるという理念、体制での下支えにもなっています。

3.医療機器管理業務

院内で使用される医療機器を、専用の管理ソフトウェアで運用しています。(平成27年度よりMARIS導入)また、医療機器の定期的な点検の実施や、医療従事者への取り扱いなどの講習会も積極的に開催しており、安全性・機能性を含めた総合的な医療品質向上に取り組んでいます。

主な管理機器  

人工呼吸器(NICU含む)      50台

PCPS               2台

IABP               3台

輸液ポンプ             140台

シリンジポンプ(NICU含む)    140台

除細動器              28台

経腸栄養ポンプ           20台

体外式ペースメーカー        8台

閉鎖式保育器            22台

体温管理装置(Arctic Sun)     1台

4.心臓カテーテル業務

カテーテル室へ出向という形をとり、循環器医師、看護師、放射線技師とチームで心臓カテーテル検査やカテーテル治療の介助、記録を行います。ポリグラフの記録、IVUS、ROTAの操作等を行うほか、非常時の対応として、IABP、PCPS、体温管理装置などの準備、操作も臨床工学科での業務となっています。

5.呼吸療法業務

人工呼吸器のトラブル時の対応や回路交換の実施に加え、病棟での人工呼吸器装着患者へのケアや管理方法のアドバイスなど、RST(呼吸サポートチーム)を通じて行っており、臨床工学科からもメンバーを派遣し院内ラウンドを行っております。看護師、研修医に向けた人工呼吸器の勉強会など定期的に行っております。

また、医師からの依頼を受け、IPV(肺内パーカッション)やNO療法などの特殊呼吸療法においても臨床工学科で準備、対応を行っております。

6.新生児集中治療室(NICU)業務

新生児集中治療室(NICU)において、人工呼吸器、閉鎖式保育器の管理や、モニタ類などME機器のトラブル対応、医師の依頼の元、低体温療法の準備やNO療法の準備、導入を担っています。

7. 不整脈治療、ペースメーカ業務

当院では心臓電気生理学検査(EPS)、心臓カテーテルアブレーション治療(ABL)、心臓植え込み型デバイスの植え込み手技(PM,ICD,CRT-P,CRT-D)や外来患者チェック、入院患者チェックなどにMEがたずさわります。

心臓カテーテルアブレーション治療では心電図ポリグラフ、電気刺激装置、アブレーション装置、3Dマッピング装置の操作などをおこないます。

ペースメーカ業務では植え込み手技時やプログラマを用いての心臓植え込み型デバイスの操作、遠隔モニタリングのデータ解析 機械や治療に対する知識を用い循環器医師、看護師、放射線技師とチームで患者様の治療に当たります。

EPS,ABL,PM,ICD,CRTP,CRTDの件数は当院ホームページ循環器内科紹介に掲載してあります。

ME.jpg

当院で勤務する臨床工学技士から見た、沖縄県立中部病院の特徴

当院は沖縄県内でも救急医療の中心的な役割を担い、1次から3次救急まで全ての患者に対応し、救急患者を断らないという理念のもと、3次救急病院として中北部の医療圏をカバーしている。その中で生命維持管理装置の管理、操作を担う臨床工学技士の期待と責任は年々大きくなっており非常にやりがいを感ずるところである。

また、臨床研修病院として全国的にも知名度が高く、毎年優秀な研修医が研鑽を積んでゆく中で、熱心な研修医から、生命維持管理装置に関連した質問や相談を受けることもしばしばあり、臨床工学技士として専門分野の知識向上が必要だと常に刺激を受ける環境である。

指導医の先生方も丁寧に指導しておられ、時間が許せば看護師や我々、臨床工学技士に対しても臨床面での質問や不明な点にも、丁寧に答えてもらっている。レクチャー、勉強会なども数多く実施してもらっており、臨床知識をつける機会に関しては、他の病院と遜色ない環境である。

 

当院での業務実績

業務内容(年度)

2014年

2015年

2016年

人工心肺実施症例数

90

70

82

補助循環実施導入数(PCPS/ECMO)

16

11

18

CHDF実施件数

301

290

198

出張透析実施件数

647

707

575

アフェレーシス実施件数

95

78

78

カテーテル室業務(PCI/CAG等)

156

233

443

不整脈関連(ABL/PMチェック等)

536

医療機器定期点検件数

184

213

345