1. トップ
  2. 部門
  3. 小児科

小児科

専修医募集(新生児内科、内分泌部門)

 ① 新生児科プログラムの特色 
  • 沖縄県中北部地区唯一の総合周産期母子医療センターです。在胎22週以上の超低出生体重児、先天奇形、新生児外科疾患、中枢神経疾患など新生児専門医取得に必要な症例はすべて経験できます。
    重症心疾患、血液疾患は県立南部医療センター・こども医療センターと連携しながら診療しています。
  • 主治医制で診療を行っていますが、指導医からのアドバイス・フィードバックやカンファレンスが充実しており、協力し合いながらチーム医療を行っています。
  • NICU退院後の外来フォロー、研修医の指導なども行います。
  • 産科とは週一回の定期カンファレンスを行い連携しています。
  • 眼科、小児外科を含めた外科、耳鼻科などの他科やコメディカル、地域との風通しが非常によく、楽しい雰囲気の職場です。
kohama.jpg Program Director:
源川隆一
新生児科部長
当院のNICUは、1978年開設以来、すべての依頼を断らないことをモットーにこれまで、臨床に励んで参りました。
近年は、沖縄県においても地域化、専門化が進み、県内のNICUと連携しながら診療を行なっていますが、沖縄県中北部の唯一の総合周産期センターNICUとして新生児疾患全般が経験できます。
産科グループとも連携がよく、周産期医療のシステムを学ぶことも可能です。新生児専門医を目指す先生、沖縄での新生児医療に興味のある先生のご連絡お待ちしております。

【獲得可能な認定・指定資格】

  • 日本小児科学会小児科専門医研修認定医施設
  • 日本周産期新生児学会専門医研修認定医施設
  • 新生児蘇生法(NCPR) プロバイダー、インストラクター
  • 国際認定ラクテーションコンサルタント

 専修医の声 
touma.jpg
新嘉喜 映佳
2009卒
新生児内科医
(当院初期・後期研修修了)
後期研修から中部病院の小児科で働いています。卒後3年目から超低出生体重児の担当医となり、卒後5年目には1人で超低出生体重児の管理や当直を任されます。
沖縄に2つある総合周産期母子医療センターのうちの1つであるため新生児専門医に必要な症例はすべて経験できます。
診療以外にも研修医指導も大切な仕事です。中部病院方式の屋根瓦方式で、教えることで自分も成長できたし,上級医のサポート体制も充実しています。
卒後6年目で出産と育休を経て、現在は育児をしながらNICUで働いています。
仕事と育児の両立は大変ですが、自分自身のキャリアアップと、家庭のその時々の状況に合わせて当直を調整してもらうなど、周囲の理解と協力は非常に手厚く、とても感謝しています。
ガンガン働きたい方、私の様に勤務調整が必要な方、いろんなライフスタイルに合わせて対応できる職場です。

お問い合わせ

新生児内科部長 源川隆一 genkawa_ryuichi@hosp.pref.okinawa.jp

 ② 内分泌部門プログラムの特色 
  1. 小児科専門医を収得後、小児の内分泌代謝疾患の診療(的確な診断・治療・患者及び家族指導を含む)ができる医師育成し、
  2. 沖縄県内の小児内分泌疾患に対応できる医師を育成します。

県内では唯一の内分泌代謝科専門研修(小児科)認定施設であり、他県の認定施設で研修を受け、引き続き当科での研修を行うことで専門医習得は可能です。

kohama.jpg
Program Director:
金城さおり
小児科部長
小児の内分泌代謝科専門医が対応すべき疾患は、日常の小児科診療のなかでも多くを占めます。
低身長、肥満などの成長に関わる事柄、思春期早発などの二次性徴の問題や糖尿病や甲状腺疾患などの長期管理を要する疾患と広範囲の診療技能が必要です。
当科では、小児内分泌疾患の検査・診断・診療について基礎を学び、指導医のもと診療を行うことで内分泌代謝科(小児)専門医を育成していくプログラムを提供します。
内分泌代謝科専門医の受験資格には研修認定病院での3年間の研修が必須です。
専門医習得を目指す方で、県外での研修を一部終え研修期間を満たさない場合や県外での研修を予定しているが、それまでの研修を考えている方など、それぞれの研修に合わせて対応致します。
興味ある方は、ご連絡下さい。

【獲得可能な認定・指定資格】

  • 日本小児科学会小児科専門医研修認定医施設
  • 日本内分泌学会内分泌代謝科専門医研修認定施設

お問い合わせ

小児科部長:金城さおり kinjo_saori@hosp.pref.okinawa.jp

小児科、新生児内科医師募集

年間を通して過ごしやすい沖縄で、一緒に働きませんか!!!

当科の特色
  • 勤務体制、希望習得事項の相談にのります。
  • しっかりとした休日、休暇をとれるようにします。
  • 県外への学会発表・出席は年間5回まで補助があります。
  • 若い研修医への教育を大切にしており、その分自己学習の機会が多くあります。

shounika_shin01.jpg shounika_shin01.jpg

お問い合わせ

小児科部長:金城さおり kinjo_saori@hosp.pref.okinawa.jp
新生児内科部長:源川隆一 genkawa_ryuichi@hosp.pref.okinawa.jp