1. トップ
  2. 部門
  3. 地域医療連携室

地域医療連携室

地域医療連携室・医療相談支援センターの案内

当院の地域医療連携室・医療相談支援センターは、地域の保健・医療・福祉機関との連携を図り、患者様やそのご家族の方が安心して受診・療養できるよう支援していくための相談窓口です。相談の内容は守秘義務を遵守いたします。お気軽にご相談ください。

また、現在受診されている医療機関とは別の医療機関に意見を求める「セカンドオピニオン」についてはこちらをご覧ください。

地域医療連携業務

(1) 地域の保健医療機関からの診療予約・転院調整・問い合わせ対応

神経内科・血液内科・呼吸器科・泌尿器科・乳腺専門外来・移植外来・緩和ケア外来・禁煙外来・遺伝相談外来・HPVワクチン外来の新患受付は地域医療連携室での予約が必要となっています。 また、他の科に関しても必要に応じて予約の調整も承っています。

各診療科担当医の外来スケジュールおよび休診予定は外来診療表をご確認ください。
なお、急な出張等で予定表にない休診が発生することがありますことをご了承ください。

当院では日頃から診ていただける「かかりつけ医」を持つことをおすすめしています。
身近な「かかりつけ医」の先生方と中部病院の担当医が「2人主治医制」をとることで皆さんの健康維持に貢献したいと考えています。
中部病院を受診する際はぜひ、「かかりつけ医」の先生からの紹介状をご持参ください。

(2) 検査のみのご紹介(医療機器の共同利用)

地域の医療機関より検査予約をお受けしております。
(患者様からの直接のお申し込みは受け付けておりません。)

医療機器共同利用の受付手順

医療機器共同利用の受付手順

  1. 患者さまが貴院受診。
  2. 紹介医さまにて専用申込書の必要項目を記入または診療情報提供書を記載し(※専用申込書が使用出来る検査は一覧にて★印が付いています)地域医療連携室までFAXしてください。その際に検査日時をお返事いたします。(一部検査は翌日になる場合があります)※検査結果のお渡し方法についてはご希望の項目を選択ください。
  3. 地域医療連携室より「検査のごあんない票」をFAXにて送信致しますので、患者さまにお渡しください。※造影検査の場合は、説明書・同意書をお送りしますので、ご説明・ご署名いただき、当日のご持参の説明をお願い致します。
  4. 専用申込書にてお申込みいただいた場合は、検査日前に診療情報提供書を作成のうえ、原本は患者さまに紹介状を持参させていただき、地域医療連携室へは事前FAX送信をお願い致します。
  5. 患者さまが当院検査受診。(当日、検査受診出来ない場合は地域医療連携室にご連絡ください。また、検査受診後は会計にてお支払い後お帰りください。) ※検査結果は検査当日患者さまにお渡しする場合(原則CT検査のみ)と、後日地域医療連携室より郵送させて頂く場合がございます。
  6. 地域医療連携室より来院報告書をFAXさせていただきます。
  7. MRI・CT・RIは読影レポートおよびCD-R(またはフィルム)、脳波検査は検査データを紹介医さまに郵送させていただきます。

※ご留意事項

下記の場合を予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
・患者さまが当院へ検査受診の際、急患対応によりお待ちいただく場合もございます。
・当日の状況により、CT検査結果も患者さまにお渡し出来ない場合もございます。
・患者さまの過失による検査結果の再発行は保険適用外(10割負担)となります。

検査項目および検査日等はこちらをご覧ください。

※検査項目の詳細は医療関係者のみなさまへをご覧ください。

(3) セカンドオピニオンのお問い合わせ・予約受け付け

当院はセカンドオピニオン外来を設けております。

詳しい案内はこちらをご覧ください。

(4) 紹介元医療機関からの紹介状と返書・逆紹介等の管理

ご紹介いただいた患者様が受診されましたら、地域医療連携室より来院のご報告をFAXまたは郵送にてお送りしております。
また、今後の治療経過等は外来担当医師・入院後担当医師の方からお返事をお送りいたします。

(5) 保健医療機関・地域福祉関係機関との連携・広報活動

医療相談

疾病(病気・けが・障がい)などにより、治療継続あるいは治療を受けようとした場合、これまでの生活状況との変化の中で様々な不安を抱える患者様・ご家族の方も少なくないかと思います。
その不安に対して、医療ソーシャルワーカーが患者様・ご家族の方へ社会福祉制度などについて情報提供をおこない調整・支援していきます。
患者様などが地域や自宅で安心して生活を送れるように社会福祉の立場から支援していきます。

(1) 退院支援

リハビリ病院、療養の病院などへの「転院調整」や自宅療養に際して関係機関と連携を図り「在宅調整」を行います。

(2) 医療費や生活費など医療をうけるうえでの経済的問題について

医療を受ける上での経済的な問題<について、社会保障制度などの情報提供・調整を行います。

(3) 療養上の相談

福祉サービスについての情報提供や調整、治療や病気についての不安などについての相談支援を行います。

(4) 受診相談・調整

患者相談窓口

患者様やご家族の方が安心して治療、療養に専念できますように患者相談窓口が設置され、専任の担当者が相談をお受けいたします。
患者様や家族から医療等に関する質問ならびに入院生活上の心配・苦情などさまざまな相談に迅速に対応するために、患者サポート体制を充実させ医療の安全と信頼を高めるとともに、患者サービスの向上を図ること目指しています。

(1) 患者相談窓口の案内

madogutiannnai.png

  • 患者様や家族の皆さんが相談しやすいように外来や病棟掲示板などにポスターによる相談室の場所、連絡先の表示をしています。
  • 入院時に「入院のご案内」のパンフレット3ページに掲載しています。
  • 利用時間は平日の午前9時~午後5時までです。ご利用下さい。

患者相談窓口ポスターはこちら

(2) 患者様や家族からの相談に対応
  • 電話相談や対面による相談を受けております。
  • 患者様や家族から医療に関する質問や説明の求めに応じて医師や関連する部署へ連携し支援します。
  • 地域の診療所や病院との調整や医療費や福祉サービスなどの退院支援については、医療ソーシャルワーカーへ連携して支援します。
  • がんに関する相談については医療相談支援センターのがん相談支援担当者へ連携し対応します。
  • 入院生活上において心配事や・不満に感じていることの相談も受けております。
  • その他、医療安全管理者とも連携し支援します。
(3) 病院の各関連部署との対応
  • 外来や、検査、病棟など患者様と関わる各関連部署でも患者様や家族からの相談に対応します。
  • 各関連部署から相談依頼や相談報告を受け、相談内容に応じて関連部署と連携・協働して支援します。
  • 相談対応に関して、調査や情報収集の必要な場合は、カンファレンスや関連部署等との検討会議を開催し対応します。

相談対応について、サポート体制の取り組みの評価と見直しを行い対応の充実を図ります。

ご利用時間

平日

午前9時00分 ~ 午後5時00分

休日

土曜、日曜・祝祭日・年末年始・慰霊の日(6月23日)

TEL

098-973-4111(代表)

内線: 3231(地域医療連携室)  3233(患者相談窓口)

FAX

098-982-6568(直通)

地域医療連携室便り アーカイブス

「地域連携室便り」は2014年4月より広報誌「ゆいちゅうぶ」へ統合されました。
最新号は沖縄県立中部病院 広報誌「ゆいちゅうぶ」のページを御覧ください。


第23
2014年2月

第22号
2013年12月

第21号
2013年10月

第20号
2013年7月

第18号
2012年1月

第16
2010年7月

第15号
2010年4月

第14号
2010年2月

第10号
2008年8月

第9号
2008年6月

第5号
2006年11月

第3号
2006年6月