1. トップ
  2. 部門
  3. 泌尿器科

泌尿器科

基本方針

当院の泌尿器科は前立腺肥大症、尿失禁、頻尿、血尿、尿道狭窄、尿路結石、神経因性膀胱などの良性疾患のほか、地域がん診療連携拠点病院として、腎がん、腎盂がん、尿管がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣腫瘍、陰茎がん、後腹膜腫瘍、副腎腫瘍などの患者さんの診療を積極的に行っています。また、小児泌尿器科領域も小児外科医と連携して外科的治療を行います。腎不全で透析をしておられる患者さんへの腎移植も生体腎移植、献腎移植も行っております。

沖縄県立中部病院は全国的にも知られる救命救急センターを有しており、24時間365日,1次?3次まで全ての救急患者を受け入れており、国内でも高い評価を得ています。泌尿器科は救急センターからの泌尿器科疾患の患者さんに対応できる体制を整えています。尿管結石の嵌頓による腎盂腎炎や、泌尿器外傷(腎外傷・尿管外傷・性器外傷)を中心に泌尿器科救急の分野では高い水準で診療され、国内の泌尿器科をリードしています(新垣副院長は学会でも泌尿器科救急部門の前部長として歴任)。前立腺肥大症による尿閉や尿路感染症、泌尿器癌、腎移植など、ほとんど全ての泌尿器疾患の急変に対応しています。小児の停留精巣、小児尿道下裂、腎盂尿管移行部狭窄症に対する腎盂形成術も小児外科、形成外科と協力して外科的治療を行います。また手術全般は内視鏡手術中心で、特に腎がんでは主に腹腔鏡手術を第一選択としています。傷の大きい開腹手術はできるだけ最終手段としています。

排尿困難:前立腺肥大症や神経因性膀胱などがあります。前立腺肥大症では内服(薬)でコントロールできる場合は、薬物治療を行いますが、尿閉(尿が自分で全く出せなくなること)や感染を繰り返す場合は外科的治療が必要になる場合があります。当院では生理食塩水を用いた内視鏡手術であるTURisPや前立腺蒸散術(TURisV)を中心に行っています。また尿道ステント術(メモカスなど)も行う場合があります。膀胱機能が低下した神経因性膀胱の場合は薬物療法や自己導尿(患者さん自身が導尿を行う)を指導します。

尿失禁:失禁の程度によって異なりますが、女性の腹圧性尿失禁の場合は、手術が第一選択となる場合があります。当院はMonarc のTOT手術を県内で初めて行い、良好な経過です。程度が軽い場合や、手術の適応にならない場合は薬物治療や骨盤底体操を指導しています。

頻尿:マスメディアの影響で水分過剰摂取が原因のことも意外と多く、過活動膀胱など原因はさまざまです。特に夜間頻尿は原因として尿路の異常だけでなく、睡眠障害、高血圧、心不全など内科的疾患が複雑に絡みあっています。基本的には生活指導、薬物療法が中心になります。

尿路結石:救急センターを経由して結石発作をおこした患者さんが多数受診されます。当院の特徴として尿管結石が詰まってしまい尿路感染を起こした状態で救急搬送される患者さんが非常に多い点にあります。当院救急センターと連携して行える当院ならではの疾患です。発熱を起こして敗血症になっている患者さんも救急センターを受診されます。緊急時には尿管ステントや腎瘻という管を緊急で行い対応しています。結石自体については、結石の大きさ、位置なども検討しつつ、できるだけ保存的治療を行いますが、結石が大きく自然排石が困難な場合は、身体の外から結石を衝撃波で破砕する体外衝撃波結石破砕術(ESWLといわれ、麻酔は不要です)や外科的治療のひとつとしての内視鏡治療が必要になります。ESWLの適応になる場合はESWL専門施設へ紹介しています。大きな腎結石の場合はESWLでは効果が不十分なだけでなく、かえって合併症をきたす場合もあるので、ESWLでは困難な結石や大きな結石は経尿道的または経皮的な内視鏡治療を行います。当院では軟性尿管鏡を用いたf-TUL手術や、積極的にPNL(経皮的腎結石砕石手術)を行っています。また他院でESWLやTULなど内視鏡治療が困難な場合には、腹腔鏡下での尿管切石術を他院から依頼されるケースも増えています。

腎がん:4cmから7cm以下の腎腫瘍の場合は腎臓を丸ごと摘出するのではなく、腫瘍の部分だけ摘出する腎部分切除術を標準治療としています。できるだけ傷が小さく目立たないように腹腔鏡下腎部分切除術も積極的に行っています。腹腔鏡下手術は学会で認定された腹腔鏡技術認定医が参加しています。腎腫瘍が大きい場合も腹腔鏡下手術を行うようにしていますが、安全が第一ですので、状況に応じて適切な対応を考えています。転移性腎がんの場合は、インターフェロンや新規の分子標的薬を用いた全身療法を行っています。

腎盂尿管がん:血尿でこられる患者さんも多く、外科的手術(腹腔鏡手術)を中心に治療します。転移性腫瘍の場合は化学療法を行います。

膀胱がん:深い筋肉層まで癌が浸潤していない場合は経尿道的手術(内視鏡手術)で治療します。病理組織の結果により、抗がん剤やBCGといった薬物の膀胱内注入療法を追加しています。腫瘍が膀胱の深くまで浸潤した筋層浸潤癌の場合は、国際的な標準治療として一般には膀胱全摘が必要ですが、膀胱全摘を行わず、放射線科と連携し抗がん剤の動脈内注入療法と放射線治療の併用を行う場合もあります。膀胱全摘を行った後は尿路変向術も同時に行います。

前立腺がん:PSA(腫瘍マーカー)が高い場合に、生検(組織検査)で癌の確定が行われた後は、病期に従って標準的治療を行います。限局癌では外科的手術、放射線治療(IMRT含めて)、PSA監視療法なども患者さんに説明、相談して方針決定をします。放射線治療の患者さんは、放射線科医と連携しています。遠方では名護方面の北部地区から紹介受診されている方もおられるので、その際は入院加療で行っています。転移性前立腺がんの場合はホルモン治療を中心に行い、ホルモン治療が無効な場合はドセタキセル、カバチタキセルを用いた化学療法を行っています。再燃した去勢抵抗性前立腺癌の場合は、新規の薬物治療を行います。

精巣腫瘍:比較的若年者から青年層に多い疾患ですが、陰嚢が痛みもなく腫大してくる場合に疑います。早期に手術を行い、進行具合によっては化学療法が必要になります。当院では血液内科と連携して化学療法を行います。

副腎腫瘍:内分泌疾患として手術適応があれば、腹腔鏡手術を中心に副腎摘出術を行います。

小児泌尿器:小児の尿路奇形として停留精巣、尿道下裂、陰嚢水腫、腎盂尿管移行部狭窄症、水腎症、膀胱尿管逆流症などは小児外科、形成外科と協力して外科的治療を行っています。

腎移植:献腎移植、生体腎移植を泌尿器科医だけではなく、移植外科・腎臓内科と協力して行っています。

性同一性障害(GID):沖縄県内・県外で診断されたGID患者さんのうち、外科的・内科的治療が必要な患者さんに対してホルモン治療、外科治療を行っています。当院のGIDセンターは精神科、婦人科、形成外科、外科、泌尿器科、小児科が連携して診療を行っています。

包茎:真性包茎、仮性包茎がありますが、手術を希望される患者さんには対応しております。

男性更年期障害:倦怠感、勃起障害、気力の低下など男性更年期(LOH症候群)が疑われる患者さんではガイドラインに従って、ホルモン補充療法を行っています。

男性避妊:避妊を希望される患者さんには精管結紮術(パイプカット)を行います。また精管結紮後に再度繋ぎなおしたいという希望のある患者さんには形成外科医と協力して、顕微鏡下精管再吻合を行っています。

尿路外傷:救急センター・外科医と連携し、迅速な対応が可能になっております。

その他の疾患についても泌尿器科で対応することは積極的に行います。

当院は各科の垣根が低いので、他科の患者さんの泌尿器科疾患、急変などにも対応しています。

泌尿器科外来のご紹介

泌尿器科は火曜日および金曜日です。現在、完全予約制をとっておりますので、予約して予約日にお越し下さい。

スタッフ紹介

島袋 修一
八木橋 祐亮
豊里 友常

学会発表・論文発表

学会発表および講演

1)腎外傷の治療戦略(CT導入前後の症例の検討から). 新垣義孝. 第98回日本泌尿器科学会 2010.4.25-30

2)ピロリ菌除菌で体重増加と尿量減少でERを受診した1例. 新垣義孝. 九州腎移植研究会 2010.6.11 長崎市

3)手術を要した精巣外傷11例の検討.新垣義孝. 日本外傷学会20105.27-28 千葉県幕張

4)退院台帳データベース活用状況. 又吉靖.新垣義孝 診療情報管理 2010.9.15-16 長野市

5)膀胱結石に膀胱タンポナーデを合併し膀胱癌の診断に至ったHAMの一例.野坂潮, 新垣義孝. 沖縄医学会総会

6)泌尿器科でよく使用される薬剤について 新垣義孝. ヤクタッチャー2010.5.20 中部病院大会議室

7)臓器提供の現状と今後の取り組み 新垣義孝,村上啓隆,宮里均 第44回日本臨床腎移植学会 2011.1.26-28 宝塚市

8)preemptive renal transplantation座長 新垣義孝 第44回日本臨床腎移植学会 2011.1.26-28 宝塚市

1)Veillonella による腎盂腎炎を発症した妊婦の1例(最優秀演題賞受賞) 八木橋祐亮  第122回 日本泌尿器科学会沖縄地方会

2)沖縄県立中部病院における医原性尿道損傷の検討(口演) 八木橋祐亮 西日本総会(徳島市)

3)沖縄県立中部病院における妊婦の閉塞性腎盂腎炎の検討(口演)八木橋祐亮 第101回日本泌尿器科学会総会(札幌)

4) 沖縄県立中部病院における尿道損傷の検討(口演) 八木橋祐亮 2013年日本外傷学会

5) 腹腔鏡下上半腎尿管摘除および尿管結石摘出を施行した1例 八木橋祐亮 第126回泌尿器科学会沖縄地方会(最優秀演題賞受賞)

6〉単孔式腹腔鏡下膀胱異物摘除の1例 八木橋祐亮 第126回泌尿器科学会沖縄地方会

7)美容形成外科での包茎後陰茎痛の2例 八木橋祐亮 第126回沖縄地方会

8) 腹腔鏡下上半腎尿管摘除および尿管結石摘出を施行した1例 八木橋祐亮 第12回東北泌尿器科手術手技研究会および第32回泌尿器科手術手技研究会ジョイント講演

9)第102回 日本泌尿器科学会総会(神戸):膀胱外傷のピットフォール:八木橋祐亮

10)第102回 日本泌尿器科学会総会(神戸):沖縄県立中部病院における気腫性腎盂腎炎の検討:八木橋祐亮

11)第103回 日本泌尿器科学会総会(金沢):卒後教育講座プログラム:泌尿器科外傷:男性性器外傷:八木橋祐亮(講師)

12)第103回 日本泌尿器科学会総会(金沢):教育シンポジウム 泌尿器科血管病変の救急 シンポジスト

13)13 th UAA congress 2015(上海):Clinical characteristics of acute pyelonephritis with upper urinary tract calculi- The degree of obstruction can predict sepsis. Yusuke Yagihashi

1)当院における腎移植後の妊娠出産に関する検討 島袋修一 第47回日本臨床腎移植学会 2014年3月 奈良

2) 沖縄県で発生した心停止後献腎移植の経過と島嶼での問題点 島袋修一 第30回腎移植血管外科研究会 2014年6月 那覇

3)「献腎移植とは何か」わかりやすく腎臓病から腎移植までを学ぶ会 島袋修一 2014年8月 那覇 

誌上発表:

1)Minor Emergencies;こんなときどうする I 専門医がいないとき;とりあえずどうする ファスナーが陰茎皮膚に食い込んだ. 新垣義孝.救急医学 2010; 34, No.7, Page.783

2)Minor Emergencies;こんなときどうする I 専門医がいないとき;とりあえずどうする 亀頭包皮炎. 新垣義孝.救急医学 2010; 34, No.7, Page.782

3)Minor Emergencies;こんなときどうする I 専門医がいないとき;とりあえずどうする 嵌頓包茎. 新垣義孝. 救急医学 2010; 34, No.7, Page.780-781

4) Procedures CONSULT監修:Vasectomy 精管切除術  新垣義孝

5)外傷の手術と救急処置 膀胱外傷 新Urologic SurgeryシリーズNo.8 新垣義孝

6)尿路損傷の診断と治療 新垣義孝 救急医学 2011; 35, No.3, Page.355-362

7)尿閉. 八木橋祐亮 救急医学 2013;36、No13,page.1741-1744

8)Acute pyelonephritis and secondary bacteremia caused by Veillonella during pregnancy. Yagihashi Y, Arakaki Y. BMJ Case Rep. 2012 Nov

9) ERで遭遇する陰嚢痛 :八木橋祐亮 救急医学 2014.3月号

10) 腎外傷・尿管外傷・腎後性腎不全: 八木橋祐亮 泌尿器外科:必携 泌尿器科診療の手引き 2014年特別号

11) 尿道カテーテル法に関する看護師アンケート調査報告および医原性尿道損傷の臨床的検討 八木橋 祐亮 日本泌尿器科学会雑誌 105(4), 196-201, 2014

12) 泌尿器ケア 尿道カテーテル留置 20(5): 471 -478 2015 .八木橋祐亮

13) Yagihashi Y, Arakaki Y. Recurrence of sigmoid colon carcinoma in the retained urethra after cystectomy: A case report and review of the literature. Arch Ital Urol Androl. ;87(2):167-8. 2015.

後期研修プログラム

当院では研修医に対して初期研修医の時から、泌尿器科をローテイトを必須としている(全員ではないが)。そのため、救急疾患でのプライマリケアで泌尿器科領域の知識、手技は最低限のことは身につけることができる。

しかしローテイト期間は短期間であるため、専門的な膀胱尿道鏡、尿管鏡検査、開腹手術・腹腔鏡手術を含めた処置は初期研修の段階で身につけるのは困難な場合が多い。当院では密着した指導医の監視下で研修期間中であっても尿管カテーテル操作や、腎ろう、導尿、膀胱洗浄などは積極的に行ってもらう。また泌尿器科専門医を目指す研修医には前述の高度な手術手技を習得してもらうように指導を行う。

積極性と十分な知識を有している研修医にはさまざまな事例に積極的に参加してもらう方針であることに変わりはない。当院の泌尿器科は病院の歴史上、特定した大学の関連病院ではないが、国内研修も本人の希望があれば紹介することは可能である。個人的なつながりがあるのは琉球大学、京都大学などがあるが、特定の大学医局人事にとらわれない研修は十分可能である。

 

泌尿器科医専攻プログラム

プログラムの目標

病棟、外来、救急患者、研修終了後泌尿器科の専門医習得を目標としたプログラムである。 泌尿器科の基本的な検査、診断法、治療法を習得する。 泌尿器科領域のみならず全身を診れるようになり、患者とのよきコミュニケーション確立の方法を学ぶ。 入院患者を受け持ち、患者を通して泌尿器科の疾患に関する診療と知識を学ぶ。
外来では、尿検査、超音波検査、内視鏡検査、尿路造影、排尿機能検査等を行える。 救急医のコンサルテーションを受けて、迅速で適格な対応法を身につける。 術者または助手として手術に入り、術前、術後管理が行えるようにする。後期研修では,開腹手術、内視鏡手術も執刀医としてできるように指導を受ける。腹腔鏡手術については腹腔鏡技術認定医により指導を受ける。

特徴

指導医が24時間365日コンタクトを取り実践指導できる体制にある。
救命救急センターを有する550床の総合病院であり、一般泌尿器科疾患のみならず救急や外傷をはじめ腎移植も含めて臨床現場に則して研修を行う。 救急病院であるため他科との連携が密であり総合的な臨床研修ができる。 救急や外傷は本邦で高く評価されている。

指導医

島袋 修一:

週間スケジュール

手術(月、水、木)
外来(火、金)
回診(病棟、救急センター): 朝夕の一日2回が基本。
土、日、祭日は基本的には休みであるが、研修医を中心にした当番回診はある。
診療現場重視による即時問題解決型教育(24時間解放図書館、インターネットでの文献検索)

年間スケジュール

  • 2月 臨床腎移植学会
  • 4月 泌尿器科学会総会 臨床救急学会
  • 5月 日本外傷学会
  • 6月 九州腎移植研究会
  • 7月 腎移植血管外科研究会
  • 10月 日本移植学会
  • 11月 泌尿器科学会西日本総会
  • * その他年6回程 泌尿器科学会沖縄地方会

獲得可能資格

泌尿器科学会専門医、透析認定医、腎移植認定医、内視鏡外科学会など腹腔鏡技術認定医

連携施設・科

腎臓内科(透析)外科 、産婦人科、など各科と連携し、とくに救命救急センターとは密に連携。

研修内容

基本的能力
  • 正確で詳細な問診やカルテレビューによる迅速な病歴把握
  • 全身、局所の診察所見と記載。
  • 必要な一般検査の選択と結果判断。
  • 患者の病態分析と適切な治療計画立案。
  • 他科への適切なコンサルテーション。
  • 投薬、処置。
  • 指導医への報告、連絡、当直医への申し送り。
  • コメデイカルスタッフとの円滑な連携。
  • 患者、家族とのコミュニケーション。
  • 院内感染の防止の理解と実践。
  • 保険診療の理解と実践。
専門的な能力
  • 泌尿器科疾患の全身管理。
  • 偶発症(発熱、出血、循環不全、呼吸障害、ショック)への処置。
  • 検査の選択実施と治療計画立案。
  • 救急疾患への対応。
  • 膀胱洗浄、自己導尿の指導、ストーマ管理、腎移植患者管理。
  • 腎瘻造設術、膀胱瘻造設術、精巣摘除術、精巣生検術、経尿道的膀胱腫瘍切除術、
  • 経尿道的内尿道切開術、包皮環状切除術などの手術の執刀、腎摘除術、前立腺摘除術、
  • 経尿道的前立腺切除術、副腎摘除術、ブラッドアクセス造設術、尿失禁根治術、膀胱全摘除術
  • 回腸導管造設術、前立腺全摘除術、経尿道的尿管切石術、腹腔鏡下手術の助手や執刀医。

経験数

経験できる症例の具体数(年間)

結石性腎盂腎炎 43例、前立腺肥大症4 0例、膀胱癌 36例、敗血症 26例、前立腺癌 25例、
膀胱尿管逆流 21例、腎癌 17例、腎盂腎炎 40例、尿管結石 19例、放射線性膀胱炎 13例、
膀胱結石 11例、腎移植 6例、急性前立腺炎 5例、横紋筋融解症 4例、陰嚢水腫、外傷など

経験できる手術の具体数(年間)  

2014年手術実績

尿管ステント留置 33例

腹腔鏡(後腹膜鏡)下腎(尿管)摘出術 17例

開腹腎摘出術(良・悪性、腫瘍塞栓摘除含む) 5例

腹腔鏡(後腹膜鏡)下腎部分切除術 3例

腹腔鏡下後腹膜腫瘍摘出術 1例

腹腔鏡下移植用腎採取術 2例

同種死体腎移植術 1例

後腹膜リンパ節郭清術 1例

尿路結石(尿管・膀胱結石のみ)レーザー 12例

腹腔鏡下尿管切石術 1例

経皮的腎結石砕石術(PNL) 6例

膀胱結石摘出術(高位切開術) 2例

経尿道的膀胱腫瘍切除術 25例

膀胱前立腺全摘、回腸導管 1例

前立腺生検 21例

経尿道的前立腺切除術 6例

前立腺被膜下摘出術 2例

前立腺全摘術 3例

前立腺癌に対する精巣摘出術 1例

尿管鏡検査(診断・治療含む) 6例

腸骨膿瘍切開 1例

精管結紮(男性不妊希望) 2例

包茎手術(保険適応) 6例

小児停留精巣固定術 1例

小児交通性陰嚢水腫 1例

陰嚢水腫根治術(成人) 1例

尿道拡張 1例

外尿道腫瘍手術 2例

精巣外傷手術 2例

精巣捻転手術(精巣固定) 4例

膀胱尿管逆流防止手術 2例

尿道周囲膿瘍切開術 1例

経尿道的尿管凝血除去術 2例

膀胱タンポナーデ 膀胱止血術 3例

膀胱水圧拡張術 2例

創部離開修復術 1例

精巣生検 1例

尿管膀胱吻合術 1例

デブリードマン 1例

尿失禁手術(TOT手術) 1例

陰嚢皮下腫瘍手術 1例

陰茎悪性腫瘍手術 1例

尿道異物摘除 1例

尖圭コンジローム手術 2例

2013年手術実績

Double-J stent留置 36例

経尿道的膀胱腫瘍切除術 31例 

経尿道的前立腺切除術(TURisVまたはP) 16例 

後腹膜鏡含む腹腔鏡下腎尿管摘除 12例 

膀胱結石砕石術 12例 

陰嚢水腫根治術 10例 

小児精巣固定術 7例

膀胱血腫除去 5例 

PNL手術(経皮的腎結石砕石術)4例 

包茎環状切除術 4例 

腹腔鏡下腎部分切除術 3例 

精巣生検 3例 

尿道腫瘍摘除3例 

開腹腎摘除術 3例 

開腹腎腎盂形成術 2例 

開腹腎部分切除 2例 

精巣摘出(高位含む)2例 

開腹尿管切石術 1例 

腎移植術 6例  

根治的前立腺摘除術 1例 

前立腺被膜下摘除 1例 

根治的膀胱全摘除術 5例 

死体献腎移植 1例 

腹腔鏡下腎盂形成術、 腹腔鏡下膀胱部分切除術、 腹腔鏡下膀胱異物摘除術、 腹腔鏡下上半腎摘除術、 腹腔鏡下尿管切石術、 精管精管吻合術、 精管結紮術、 水圧拡張術   各1例
その他腎瘻造設術、膀胱瘻造設術、産婦人科、外科との共同手術など多数あり

 

 

学会活動

学会は泌尿器科、外傷、救急、内視鏡、腎移植等関連学会で発表
日本泌尿器科学会総会、日本泌尿器科学会西日本総会、日本泌尿器科学会沖縄地方会、
日本移植学会、日本臨床腎移植学会、日本外傷学会、日本臨床救急学会、
腎移植血管外科研究会、九州腎移植研究会、沖縄県臓器移植研究会

研修終了後の進路

本人の意思と能力に依ります。県立病院スタッフ、米国留学、他病院での研修可能

 

沖縄県立中部病院で楽しく泌尿器科の実際を学んでみませんか?