1. トップ
  2. 病院紹介
  3. 病院概要

病院概要

病院沿革

事   項
昭和20年     沖縄戦の真最中、米軍は、沖縄各所にいる戦争孤児や傷病者を空家又はテント小屋に収容し、沖縄の医師を中心にその治療及び世話をさせていた。
その一施設が沖縄市胡屋にありそれが本院の前身である。その後、ハワイ諸島に収容されていた日本兵等の帰還者の内の傷病者も収容し、治療した。
米軍は、その後この施設を県民の正式な医療施設とするため、約66,000㎡の土地を確保し、病院設立計画をするよう医師の協力を要請してきた。そこで幸地初代院長他全員は、一時的に具志川村字宮里(現在の沖縄電力具志川営業所東側)のS・H6の海兵隊病院跡(天幕小屋)に移動するとともに病院設立に協力した。その間、終戦を迎え、患者が激増したため、病院設立計画はすぐ着工され、コンセットトタン葺の施設が竣工した。
昭和21年 4月 21日 具志川村(現うるま市)よりコザ市へ全員移転し、沖縄中央病院として開設する。
  5月   沖縄中央病院看護婦学校を併設する。
昭和25年 11月   沖縄群島政府が創立される。
昭和26年 10月   コザ市(現在の沖縄市)字胡屋の私有地に病院建設を着工する。
昭和27年 4月 1日 琉球政府が創立される。
  10月   上記工事竣工に伴い、病院勤務医師4名、契約開業医師8名と他職員が異動し、開放性病院として運営開始する。
昭和30年 4月   76床の結核病棟が竣工する。
  4月 11日 結核予防会の久留先生の指導で沖縄で初めて結核の肺外科手術に成功した。
  11月 1日 看護学校が一独立施設として病院から分離し、校長は院長が兼任する。
昭和31年 11月   那覇病院新設計画に伴い、沖縄中央病院はコザ病院と改称される。
昭和32年 10月   血液銀行の建物が竣工する。
昭和38年 9月   建物の老朽化による移転のため、現在地のうるま市字宮里に敷地を選定する。
本院の建設工事に着工する。
昭和40年 4月   上記工事が竣工する。
昭和41年 3月 3日 コザ病院は中部病院と改称される。
  4月   具志川村(現うるま市)宮里に移転し、診療を開始する。
職員172名(医師12名、看護婦88名、その他72名)
新館(外来棟)1階が竣工する。
昭和42年 3月 15日 本土医師法に基づく臨床研修を行う病院として認定される。
新館(外来棟)2階が竣工する。
  4月   ハワイ大学派遣医学教育顧問団団長N・L・Ganlt・Jr(M.D.)以下32名を迎え、第1回目の臨床医学研修を実施する。
研修医師8名(沖縄出身5名、本土出身3名)
  8月   歯科診療を開始する。
昭和43年 3月 28日 第1回研修医第1年次修了式を開催する。
本土出身3名は帰郷、5名は2年次研修へ進む。
  6月   外来診療(外科・内科・小児科・産婦人科・泌尿器科・歯科)を正式に開始する。
昭和44年 10月 10日 整形外科外来診療を開始する。
昭和44年 11月 17日 耳鼻咽喉科外来診療を開始する。
昭和46年 6月 30日 米国援助によるハワイ大学の臨床医学研修費の終了に伴い、指導医全員が帰国。
  7月   従来の医学研修制度について、本土政府がその経費の半額を補助することにより後2ヶ年継続することを庁議で決定する。
昭和47年 4月 21日 本院の真栄城、古謝医師の指導で沖縄で初めて心臓手術に成功した。
  5月 15日 日本復帰が実現し、沖縄県立中部病院と改称される。
昭和48年 4月 11日 新館5,6階の増築工事を着工する。(竣工S49.3.31)
  9月 11日 救急センター棟の新築工事を着工する。(基礎4階)
昭和50年 10月 1日 救急センターを開設する。
昭和51年 3月 22日 救急病院の指定を受ける。(沖縄県告示第87号)
  3月 25日 浜診療所(RC造平屋)の新築工事を着工する。
  5月 1日 救急センター内に無菌室を併設し、薬剤師による血液成分製剤を開始する。
昭和52年 3月 25日 手術室を増築する。
  4月 1日 救命救急センター開設専用病床20床
  6月 31日 核医学診療部門を増設し、業務開始する。
  10月 1日 CTスキャナー(頭部用)を導入し、業務開始する。
  12月 23日 総合病院としての名称使用許可を受ける。(沖縄県指令第2053号)
昭和53年 3月 20日 中央検査部を増改築する。(北棟2階)
  8月 1日 新生児ICU病床20床を増床し、399床となる。(沖縄県指令第1164号)
昭和54年 3月 25日 ICU病棟の増設のため、旧手術室を改築する。
  4月 1日 救命救急医療体制の強化のため、検査技師、放射線技師及び薬剤師の三交代制勤務を実施する。
  7月 11日 外来診療部門を全面増改築する。
ICU病床を11床増設し、410床となる。(指令1、第356-3号)
  12月 24日 血管連続撮影装置を新機種に変更し、循環器疾患の診断機能整備を図る。
昭和55年 7月 25日 病床140床及び放射線治療室、人工透析治療室及び厨房等の新南病棟増築工事を着工する。(2ヶ年継続事業)
昭和56年 3月 31日 放射線治療装置(放射線治療プライニングシステム装置、リニヤック、回転照射型コバルト60治療装置、アフターローリング式体腔治療装置、X線位置決め装置)等を購入し、悪性腫瘍の治療機能充実を図る。
  12月 14日 新南病棟(地上5階建)が竣工する。
昭和57年 3月 20日 全身用CTスキャナー(米国GE社CT/TX-2)を購入し、診断機能の充実を図る。
  3月 31日 多人数用人工透析治療装置一式及び個人用人工腎臓装置を購入し、腎臓疾患の治療機能充実を図る。
昭和58年 4月 15日 新南病棟で140床を増床し、550床となる。(指令第340号)
  6月 1日 新南病棟140床のうち86床(4、5階)を開設する。
慢性腎不全に対する人工透析治療を開始する。
  6月 28日 放射線治療を開始する。
  8月 9日 南3病棟54床を内部改造するため減床、496床となる。(指令第572号)
基準看護(特二類)基準給食・基準寝具の承認を受ける。
昭和58年 4月 28日 神経内科及び心臓血管外科を開設する。
  5月 13日 南3病棟を改造することにより54床を再開設し、総床550床となる。
昭和59年 6月 1日 リハビリテーションを開設する。
昭和60年 3月 30日 循環器X線システム(心臓血管撮影)を設置する。
  4月 30日 宮城診療所が廃止となる。
  6月 1日 在宅酸素療法の施設基準が承認される。(沖縄県指令生第823号)
昭和61年 3月 20日 伝染病隔離病棟の新床30床が許可される。(沖縄県指令生第406号)
  6月 1日 新生児特定集中治療室の施設基準が承認される。(沖縄県指令生第761号)
昭和62年 4月 1日 院内全面禁煙を実施する。
  4月 14日 腎臓移植を開始する。
昭和63年 5月 1日 基準看護(特三類)が承認される。
平成元年 3月 31日 超音波診断装置(横河メディカルRT-2800)を設置する。
全身用CTスキャナー(東芝TCT900S)を増設する。
  9月 21日 精神科を開設する。
平成2年 12月 27日 津堅診療所(RC造平屋建162.54㎡)が竣工する。
平成3年 1月   沖縄県腎移植推進情報センターを設置する。
  10月 19日 呼吸器外科、小児外科、形成外科及び肛門科を開設する。
平成4年 3月 26日 南5、6階系統及びNICU系統空調機を設備更新する。
  5月 1日 無菌製剤処理の承認を受ける。(菌)第3号
  8月 1日 投薬業務に係る承認を受ける。(薬)第8号
  12月 1日 特別管理給食加算に係る承認を受ける。
平成6年 1月 18日 磁気共鳴断層撮影装置(MRI)を設置する。
  4月 1日 透析室の5床を増床する。
  10月 7日 新看護に係る承認を受ける。
平成8年 3月 14日 津堅診療所医師住宅新築工事が竣工する。
  9月 1日 心療内科、アレルギー科及びリウマチ科を開設する。
平成9年 1月 31日 全身用X線コンピューター断層撮影装置(横河メディカルSupremeシステム)を設置する。
  5月 1日 浜診療所が廃止となる。
平成10年 2月 28日 津堅診療所看護婦住宅新築工事が竣工する。
平成11年 2月 10日 新館工事を着工する。(外来駐車場敷地)
  4月 1日 第2種感染症指定医療機関として認定される。
  7月 15日 放射線治療用リニアック(直線加速装置)を稼動開始する。
  7月 30日 JICAより「国際協力功労者賞」を受賞する。
  9月 24日 離島・へき地遠隔医療システムの運用開始式を開催する。
平成12年 3月 27日 「中部病院の理念・使命」の入選者を決定する。
  3月 31日 循環器系X線診断装置を設置する。
平成13年 2月   厚生労働省、沖縄社会保険事務局及び沖縄県共同による特定共同指導を実施する。
  6月 28日 新病院(地下1階地上一部7階)が竣工する。
  10月 10日 病棟を移転する。
  10月 15日 新病院で業務開始する。
平成14年 4月 1日 総合周産期母子医療センターを併設する。
  8月 3日 南病棟を移転する。
平成15年 4月 1日 全面院外処方を実施する。
  5月 1日 地域医療連携室を設置する。
  12月 1日 急性期特定病院施設基準の承認を受ける。
平成16年 2月 16日 日本医療機能評価機構認定病院(Ver.4)となる。
  5月 1日 院外研修医宿舎(南冠寮)をリースする。(地下1階・地上2階・36部屋)
  7月 1日 医療安全管理室を設置する。
  10月 1日 開放型病院共同指導科(5床)受理
平成17年 2月 14日 地域医療支援病院の承認を受ける。
平成18年 3月 31日 磁気共鳴断層撮影装置を1.5TMRI装置へ更新。
  5月 31日 敷地内完全禁煙施設としての認定を受ける。
平成19年 1月 31日 地域がん診療連携拠点病院の指定を受ける。
平成20年 3月 31日 血管撮影室を改修し、多機能全身用血管撮影システムを導入。
  7月   DPC対象病院としての診療報酬算定開始。
  8月   放射線情報システム構築でフィルムレス化実現。
平成21年 2月 1日 南病棟2階内科休床。
  2月 16日 日本医療機能評価機構認定病院(Ver.5)となる。
  5月 26日 村上医師により沖縄県内初の生体肝移植手術が行われる。
  9月 18日 CT装置2台を高度多機能搭載システムへ更新し、CT750HDによる心臓CT検査開始。
平成22年 2月 26日 放射線治療システムを更新し、放射線治療専門医のもとで高精度放射線治療を開始。
  3月 26日 循環器系X線診断治療システムを導入。
平成23年 4月   7対1看護基準を取得する。

 

病院情報

名称 沖縄県立中部病院
所在地 〒904-2293 沖縄県うるま市字宮里281番地
開設者 沖縄県知事
開設年月日 昭和21年4月24日
病院長 松本廣嗣
敷地面積 41,723平方メートル
建物延面積 34,267平方メートル
建物構造 RC造り 地下1階 地上1部7階建
診療科目 内科/呼吸器科/消化器科/循環器科/医療情報科/神経内科/小児科/外科/心臓血管外科/ 整形外科/脳神経外科/皮膚科/泌尿器科/産科/婦人科/眼科/歯科口腔外科/麻酔科/ 病理検査科/放射線科/耳鼻咽喉科/精神神経科/地域救命救急診療科/呼吸器外科/小児外科/ 形成外科/リハビリテーション科/リウマチ科
許可病床数 550床(一般 546床 感染 4床)
定数/現員 定数 626人 / 現員 641人(平成18年8月1日現在)
(津堅診療所の医師(1人)及び看護師(1人)を除く)
機関指定 救命救急指定病院/臨床修練指定病院/琉球大学医学部関連教育病院/看護教育実習指定病院/ 労災保険指定病院/更正医療指定医療機関(口腔、整形外科、中枢神経、心臓血管外科、腎臓、じん移植に関する医療)/ 臨床研修病院/地域医療支援病院/エイズ医療拠点病院/第2種感染症指定医療機関/人工透析従事者研修指定病院 日本医療機能評価機構認定病院/地域がん診療連携拠点病院
施設認定 日本外科学会認定医修練施設/日本救急医学会専門医及び指導医指定施設/日本呼吸器学会認定施設/ 日本整形外科学会認定研修施設/日本脳神経外科学会専門医認定訓練施設/日本血液学会認定研修施設/ 日本眼科学会専門医制度研修施設/日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設/日本産婦人科学会認定医制度卒後研修指導施設/ 日本小児科学会専門医制度研修施設/日本泌尿器科学会専門医教育施設/日本超音波学会認定専門医研修施設/ 日本透析医学会認定施設/日本腎臓学会研修施設/日本形成外科学会認定医研修認定施設/日本神経学会認定医教育関連施設/ 日本消化器学会認定施設/日本プライマリケア学会認定医研修施設/日本内科学会認定医教育病院/ 日本胸部外科認定医指定関連施設/日本麻酔学会研修施設/日本病理学会専門医認定病院(B)/ 日本血液学会認定医研修施設/日本心血管インターベンション学会研修施設/日本外科学会専門医修練施設/ 日本乳癌学会認定医・専門医研修施設/日本周産期・新生児医学会専門医暫定研修施設/ 日本脳卒中学会専門医認定研修教育病院/日本インターベンショナルラジオロジー学会(IVR学会)指導医修練施設/
会議体 管理者会議/医局会/看護師長会議/事務部連絡会議/地域医療連携室会議
委員会 経営健全化推進委員会/病床総括管理委員会/危機管理対策委員会/救命救急センター管理委員会/ 臨床研修委員会/職員研修委員会/図書整備委員会/広報委員会/倫理委員会/治験審査委員会/脳死判定委員会/ 施設整備委員会/医療機械備品等整備委員会/医療安全推進委員会/情報管理委員会/院内感染対策委員会/ 褥瘡対策委員会/ICU運営委員会/輸血療法委員会/患者給食委員会/薬事委員会/臨床検査運営委員会/  放射線安全委員会/診療材料委員会/診療報酬検討委員会/診療記録管理委員会/グリーン委員会/クリーン委員会/ 子供虐待対策委員会/未収金発生防止対策委員会/外来診療委員会/院外処方箋発行審議会/手術室運営委員会/ 生活習慣病教育委員会/クリニカルパス委員会/化学療法委員会/医療ガス安全管理委員会/衛生委員会/接遇委員会
駐車台数 521台