沖縄県立中部病院

病院概要
ご挨拶

平成28年4月1日から沖縄県立中部病院長に就任いたしました
本竹秀光です。

新たな指導体制のもと中部病院の理念「わたしたちはすべての県民がいつでもどこでも安心して満足できる医療を提供します。

(1)患者中心主義(2)社会的貢献(3)チームワーク」を継続し更に発展させる所存ですのでよろしくお願い申しあげます。

さて、終戦直後の極度の医師不足を解消するための事業の一環として始められた中部病院における医師卒後臨床教育は2016年に50周年を迎え、この間研修終了者は1000名を超え、そのうち約65%の医師が県内で地域医療に従事しており、事業の成功は万人が認めるところです。

これも単に諸先輩方の血のにじむ努力があったからこそと感謝申し上げます。沖縄県の医師数は琉球大学医学部の設立も相まって全国平均を超えるようになりました。

しかし本県においても本島中南部に医師が偏在する傾向にあり、離島僻地での医師不足は未だ継続した課題となっております。

中部病院の研修終了生が離島へき地の医療を支えることは、これまでも、これからも継続する所存であり、中部病院の使命の柱の一つです。

次に院内に目を転じると、私が研修を受けた30数年前と大きく異なるのは医療を受ける患者さんの高齢化です。

医療環境も治す医療から寄り添う医療へと変化し、団塊の世代が75歳を迎える2025年には「いかに生きるか」がますます問われます。

私たちは職員が一丸となって「患者中心の医療とは」を改めて問い直し、安心して満足できる医療を提供する努力を重ねてまいります。

最後に中部病院から端を発した、たらい回しのない、断らない医療を地域の医療機関と連携を密に地域住民に安心・安全の医療を提供したいと思います。

2016年4月1日 沖縄県立中部病院院長 本竹秀光


1.病院からのお知らせ
2.病院紹介
3.病院概要
4.院長あいさつ

5.外来のご案内
6.入院・面会案内

7.お問い合わせ
8.交通のご案内

個人情報の利用
ページトップへ
TOP


〒904-2293
沖縄県うるま市宮里281
TEL 098-973-4111(代)

© 沖縄県立中部病院