1. トップ
  2. 臨床研修プログラム
  3. 初期研修プログラム

初期研修プログラム

臨床研修の理念

 

私たちは、 すべての研修医が、どの科に進もうとも、
プライマリケアを修め、全人的医療が提供できる医師に育てます。

 
基本方針

以下の6つのコンピテンシーが備わった人材に育て上げます。

  1. 協調性(対医療従事者):チーム医療
  2. 共感(患者とのコミュニケーション): 患者-医師関係
  3. 責任感:患者-医師関係、チーム医療
  4. 知識・手技(智慧):問題対応能力、症例提示
  5. 計画立案・優先順位化:問題対応能力、安全管理
  6. 積極性:患者-医師関係、チーム医療

理念・基本方針の考え方

初期臨床研修医教育は病院あげての一大事業である。彼らを地域社会に貢献する人材に育て上げるのは、医師のみでは決して成し得ない。 看護師、臨床検査技師、臨床放射線技師、薬剤師、栄養士、リハビリテーション・スタッフ(PTなど)、事務職員など全ての職員が初期臨床研修医を教育する義務があることを強く意識し、日々彼らの教育へ積極的に参画して初めてなし得るものである。

彼らが、知識・技能はもちろんのこと、人間的に信頼そして尊敬される人材となるためには、具体的に何を身につけなければならないかを全職員が共有することも重要である。そこで、スタッフ医師だけでなく、看護師を中心に他職種でのワークショップを行い、どういう能力を持ち合わせた人材(医師像)を当院は必要としているのかを徹底的に議論した。結局、医師も看護師をはじめとする他職種も求めている医師像は同じであることが判明した。 そこから共通して導き出されたのが、協調性(対医療従事者)、共感(患者とのコミュニケーション)、責任感、知識・手技(智慧)、計画立案・優先順位化、積極性の6つのコンピテンシー(能力)である。

当院は、“私たちは、すべての研修医が、どの科に進もうとも、プライマリ・ケアを修め、全人的医療が提供できる医師に育てます”という初期臨床研修理念を謳い、上記の6つのコンピテンシーが備わった人材に育て上げることを基本方針に掲げた。全職員をあげて、これらを達成していくつもりである。そして、このことが当院の理念の達成へと繋がり、さらには新臨床研修制度の理念の達成へと繋がっていくものと信じている。

研修スケジュール

  • 初期研修期間中は、基本的に以下の研修スケジュールにしたがって研修を行う
  • ただしローテーションの順序は、人数のバランスへの配慮から、各研修医ごとに異なる
  • 年度始めに、研修管理委員会とチーフレジデントを中心に、ローテーション表を作成する
1年次 内科
3ヵ月
外科
3ヵ月
小児科
2ヵ月
産婦人科
2ヵ月
救急
1ヵ月
麻酔科
1ヵ月
2年次 内科
3ヵ月
地域
1ヵ月
精神
1ヵ月
救急
1ヵ月
選択コースに応じたローテーション
6ヵ月

全研修医の必修科目(18ヵ月)

厚労省が定める必修科目

内科 1年次 3ヵ月(2週間単位のローテーション)
2年次 3ヵ月(4〜6週間単位のローテーション)
救急 1年次 1ヵ月
残り11ヶ月の間、準夜帯に月3,4回救急当番(合わせて1ヵ月分の救急研修としてカウント)
2年次 1ヵ月
地域医療 2年次 1ヵ月

外科 1年次 3ヵ月(一般外科4週、その他2週ずつ)
小児科 1年次 2ヵ月
産婦人科 1年次 2ヵ月
麻酔科 1年次 1ヵ月
精神科 2年次 1ヵ月(うち1週間は、琉球病院での院外研修)

選択コースに応じたローテーション(6ヵ月)
  • 採用時に選択したコース別に、2年次の6ヵ月の研修ローテーションが決定される
内科コース 内科 5ヵ月(4〜8週単位でのローテーション)
麻酔科 1ヵ月
外科コース 外科 6ヵ月
小児科コース 小児科 6ヵ月
産婦人科コース 産婦人科 6ヵ月
救急科コース 内科 2ヵ月(4〜8週単位でのローテーション)
麻酔科 1ヵ月
外科 3ヵ月
総合診療科コース 内科 2ヵ月(4〜8週単位でのローテーション)
麻酔科 1ヵ月
外科 3ヵ月

研修医評価

カリキュラム委員会による、個々の研修医の到達目標達成についての形成的評価会を1年に4回行い、研修到達度をフィードバックする。
評価委員会は個々の研修医の総合評価を行う。
研修管理委員会はこれらの評価結果を、各科指導体制と研修プログラム改善の資料として活用する。

研修の中止

研修医がその期間中本人の責任においてその全課程を修了し得なかった場合、 将来医師として社会的機能を果たす能力がないと認められた場合、著しく病院機能に支障を来した場合、 研修管理委員会はその者の研修を中止させる。

修了の認定

各科指導医およびカリキュラム委員会が研修の目標レベルに到達していると認めた場合には、研修管理委員会の承認の後、臨床研修修了証を交付する。

専門研修(後期臨床研修)

当院の初期臨床研修終了後、希望者は専門研修(後期研修)に応募する事が出来る。
詳しくは『こちら』をご覧下さい。