1. ホーム
  2. 診療科・部門案内
  3. 救急外来

救急外来の紹介

当科の診療内容について

 当科では沖縄県本島北部地区および、離島における救急センターとしての機能を担っております。
内科、外科、小児科、産科の当番医と研修医を加えた医師らと、救急医療に熟練した看護師らが
中心メンバーとなり、24時間体制であらゆる急性疾患、重症外傷に対応しております。



地域の患者さんへ

 当科には1日およそ10台の救急搬送と、多い日は100名を超えるほどの救急受診があります。
重症と判断された患者さんを優先させていただくため、患者さんが集中する夜間、休日は緊急治療、
緊急手術などの際に救急外来の患者さんの待ち時間が長くなりご迷惑をおかけする事があります。

 翌日以降の受診が可能な患者さんは夜間の救急外来ではなく翌日の通常外来か、
地域にあるかかりつけ病院、開業診療所を受診していただけるようお願い申し上げます。

 救急外来ではいつでも緊急処置の対応を行いますが、緊急性がないと判断した場合は
最低限の処置を行い、翌日以降の専門外来受診をお願いしております。

 また、診断書の発行は救急外来では行っておらず、各種診断書が必要な際には
後日外来受診をお願いしております(御旅行中で後日受診が困難な場合は相談させていただきます。)



臨床研修に関して

 当院での初期研修プログラムでは、1年次/2年次に各2ヶ月ずつの救急研修があります。
この間日勤帯(8時30分〜17時)に救急室を受診する全ての救急搬送患者、救急外来患者の
初診を救急外来専属医師とともに担当する事になります。

 また、救急科以外をローテートしている期間も週末の救急当番や、内科、小児科、外科の
各科ローテーション中には当番日の日勤帯および当直時の各科の初診を担当する事になり質・量ともに
豊富な症例を経験する事ができ、年間を通して救急室に関わる事となります。

 診察後は救急専属医に相談しながら、内科/外科/小児科の各科担当スタッフへ引き継ぐ事で、
研修医がより多くの症例を経験できるようにサポートしております。

 地域の救急センターであるため、軽症から重症まで科に偏らずまんべんなく症例を経験する事が可能で、
急性疾患、Common diseaseの殆どを2年間で経験する事が可能です。

 初期研修では幅広く症例を実際に経験する事を目標に、後期研修では幅広い疾患に対して各科の中心となって
適切に一人で対応できるように看護師/全科医師スタッフがサポートし、研修医を育てていく
雰囲気が当院の救急研修の特徴といえると思います。

 当院は日本救急医学会における救急科専門医指定施設に認定されています。



平成25年度年間実績

救急車 3258台/年
15才以下受診 8044人/年
16才から65才 8080人/年
65才以上 4746人/年(うち75才以上3241人)

計20870人/年



救急専属医師

島袋 盛之 副部長
金城 友美 医長 日本救急医学会 救急専門医
比嘉 哲史 家庭医療専門医/指導医