1. ホーム
  2. 診療科・部門案内
  3. 小児科

小児科の紹介

1.当院小児科の役割

 当院小児科は沖縄県北部地区の拠点病院として、日中の一般外来の他に当番医による
24時間対応の救急外来を行っています。
 救急外来では施行できる検査や処方できる薬剤に制限があるため、平日外来への受診を
お願いしております。

 一般外来や予防接種などを行いながら、地域の診療所や健診などからの紹介をいただき
診療を行っております。
 また当院産科・地域の産院と協力し北部地区の新生児医療行っております。

2.診療可能な・診療している疾患一覧

新生児

正常新生児、新生児黄疸、未熟児

成長・発達 乳児健診
小児保健 予防接種
感染症 発熱、発疹、嘔吐、下痢、麻疹、水痘、突発疹、流行性耳下腺炎、
溶連菌感染症、中耳炎、扁桃周囲膿瘍、副鼻腔炎、
化膿性関節炎、リンパ節炎など
呼吸器疾患 細気管支炎、肺炎、喘息、クループ、人工呼吸器管理など
腎疾患 ネフローゼ、尿路感染症、膀胱尿管逆流症など
消化器疾患 急性胃腸炎、腸重積、急性虫垂炎など
その他 川崎病、アレルギー性紫斑病、痙攣重積、
特発性血小板減少性紫斑病、など



3.小児科トリアージ

 救急室では、より重症な患者さんを、優先的に診察する必要があります。従って重症度によっては、
受付時間にかかわらず診察が前後します。
 当院小児科では、救急室での問診などから患者さんを下記のように重症度によって分類(トリアージ)
しています。
「非緊急」の患者さんは、お待ち頂いたり、外来での診察となることがありますことをご了承ください。



小児トリアージ ※表をクリックすると拡大します。



4.医師スタッフ紹介

伊佐 真之    1987年卒

島袋 恵      1985年卒

佐々木 尚美   1991年卒

倉橋 幸也    2009年卒

中俣 彰裕    2010年卒

屋冝 孟      2010年卒