1. ホーム
  2. 診療科・部門案内
  3. 薬局

薬局の紹介

業務内容

 薬局は内用・外用剤の調剤、注射薬の個人別セット、病棟活動、チーム医療、院内特殊製剤の調整、
MRSA用抗生物質のTDM、医薬品の安定供給、抗悪性腫瘍剤の無菌混合、医薬品情報など
多くの業務を行っている。

1.調剤業務

 医師の処方をもとに調剤を行います。用法・用量、相互作用、禁忌など処方箋監査を行い、
薬を取り揃え、監査を行い、薬を払い出している。
 電子カルテを元にした調剤支援システムを導入し、処方箋・薬袋の自動発行システム、
散剤の監査システムを稼働させ調剤過誤防止と業務の効率化を図っている。

・散剤の調剤
薬局



2.抗がん剤レジメン管理と調整

 薬剤師と医師の連携による抗がん剤のプロトコル管理を行っている。
 また、抗がん剤の無菌混合調製を安全キャビネット内で全例実施しており、
抗がん剤による病院内の環境汚染を防いでいる。

・抗がん剤の混注
薬局





3.病棟業務(薬剤管理指導業務)

 薬剤師が直接入院患者に対して、薬剤の効能効果、副作用、服用時の注意点を説明し、
服用意義を理解してもらうとともにアドヒアランスの向上を図る。
 また、他の病院で処方されている薬や入院中に使用されている注射薬の相互作用チェックし、
さらに臨床検査値の変動など副作用発現の有無などを確認し迅速に対応することで薬物虜法下での
安全性の確保を行っている。
 他の医療従者との連携をはかり適切な医薬品情報を提供し、チーム医療を実践している。

・病棟活動
薬局

・医師とのディスカッション
薬局





4.チーム医療

 薬の専門化として、当院ではICT(感染制御チーム)、NST(栄養サポートチーム)、化学療法、
糖尿病委員会、腎臓病委員会など多岐にわたるチームに積極的に参加している





5.医薬品情報提供業務

 医薬品が適正に使用されるように医薬品に関する様々な情報を収集、整理、評価し、
必要に応じて的確にこれらの情報を医療従事者へ提供している。
 また、病院で使用する薬剤のコンピューターへの入力(マスター管理)とメンテナンスを行っている。


認定薬剤師
日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師
日本病院薬剤師会生涯認定薬剤師
感染制御認定薬剤師
医療情報学会 医療情報技師
日本糖尿病療養指導士
栄養サポートチーム専門療法士