(1)県立北部病院糖尿病委員会
 当院では、今回糖尿病患者様の診療に今まで以上に力を入れるために県立北部病院糖尿病委員会を発足しました。 その活動は多岐にわたりますが、その一環として患者様が糖尿病に対する正しい知識を習得し、 積極的にセルフケアを行い糖尿病と共存できるようにという目的で、糖尿病教室を実施しています。

*糖尿病委員長の挨拶
 糖尿病という病気は誰もが知っている病気でありますが、近年、日本人のライフスタイルの変化に伴い急激に増えてきており、 糖尿病が生活習慣病と言われる所以でもあります。 この急激な増加は社会問題にもなっています。1997年秋に行われた厚生省の実態調査によれば、 「日本の糖尿病患者数の推計は690万人」という結果が出されました。 これは、成人の10人に1人が糖尿病であることを示しています。 さらに、糖尿病と健康との境界線に当たる「可能性を否定できない」予備軍を含めると1,370万人に達します。 また、この推計糖尿病患者数を、1990年に行われた厚生省糖尿病疫学調査研究班の結果と比較すると、 糖尿病患者数は、この7年間で130万人も増加したことになり、日本人の生活様式の欧米化や人口の高齢化とともに、 糖尿病患者は著しい増加の一途をたどっています。 このことが国民の健康、医療経済学的面からも社会に与えるインパクトは計り知れないものがあります。 当院は北部地区の中核病院であり、当然かなりの数の糖尿病患者さんを診ています。 中核病院の役割としては、いわゆる他の病院では診る事ができない稀な疾患、難病などを診ていくのも重要でありますが、 一般的な疾病を他の医療機関の模範となるようにきっちりと診ていくのもまた大切なことだと思っています。 社会に与える影響という点から考えますと後者の方がより重要かも知れません。 そういう意味では糖尿病はその罹患数から言ってもなおざりに決してできない病気です。 当院は今まで以上に糖尿病の診療に力を入れようと、今回、正式に糖尿病委員会を立ち上げました。 委員一同、糖尿病の患者さんのために少しでもお役に立てるよう頑張りたいと思っていますので何卒よろしくお願いします。


糖尿病委員会委員長
屋良 詩織


トップ(2)糖尿病教室(3)糖尿病教育入院(4)糖尿病委員会だより(5)問い合わせ先