1. ホーム
  2. 臨床研修案内
  3. 腎臓内科後期研修

腎臓内科後期研修

腎臓内科紹介

腎臓内科スタッフ

金城一志 : 部長
諸見里拓宏 : 医長
上原正樹


当院腎臓内科の特徴

(1)腎疾患はsystemic diseaseに合併することが多く、腎障害をきたすあらゆる全身疾患を把握し適切な
  治療ができるように研修医にトレーニングさせている。

(2)腎疾患以外にも糖尿病、膠原病、内分泌、一部血液疾患を扱っており、
  一般内科(GIM)的な性格をもつ。

(3)将来腎臓内科を専攻しない内科研修医にも十分透析患者の一般的なケアーができるように
  トレーニングさせている(透析患者は内科全般的な合併症をきたすことが多く、
  内科全科に関わってくるため)。

(4)常に疾患の病態を把握することに重点を置き単なる知識を増やすような指導はしないようにしている。
  そうすることにより臨床に強い医師を育成する。

(5)病歴聴取、身体所見を重視し検査に頼らない病態の追求を常に指導するように心掛けている。

(6)当科が扱う慢性腎不全、糖尿病が心血管系合併症などあらゆる合併症の原因であることを踏まえ、
  早期から患者教育など、慢性腎臓病(CKD),糖尿病に介入し合併症の予防に努めている。



診療範囲

(1)腎疾患一般

(2)血液透析・腹膜透析

(3)血液浄化( 血液濾過透析、血漿交換、LDLアフェレーシスなど )

(4)糖尿病

(5)膠原病

(6)内分泌

(7)血液



週刊スケジュール

 月曜日 :透析回診、研修医の患者の回診、PTA、 病理カンファレンス、腎臓内科の勉強会

 火曜日 :透析回診、研修医の患者の回診

 水曜日 :透析回診、病棟の総回診、腎生検、CAPD外来、糖尿病教室、腎臓病教室、
       透析新患カンファレンス

 木曜日 :透析回診、研修医の患者の回診、PTA

 金曜日 :透析回診、研修医の患者の回診



後期研修医の役割

(1)後期研修医が中心になり病棟管理、ローテーションでくる初期研修医の指導を行うことで幅広く
   腎臓内科、内科一般を学ぶ。もちろん、いつでもスタッフがバックアップでいて、

   後期研修医の指導を行っている。
(2)スタッフも、後期研修医が十分に腎臓内科を勉強できるように勉強会、講演会に積極的に参加させ
   学会発表もさせている。そうすることにより、ベッドサイドでの実践的なトレーニングと共に
   アカデミシズムをバランスよく身につけさせている。

(3)とにかく後期研修医が求めてくるものに対しては、十分答えられるようにスタッフも常に用意をしている。



腎臓内科の活動

(1)腎臓内科を中心に主に糖尿病、膠原病、内分泌疾患、一部血液疾患を扱っている。
   その他の内科疾患も一般内科としてケアしている。

(2)血液透析、腹膜透析患者のケア

(3)血液浄化(血漿交換、持続血液濾過透析、LDLアフェレーシス、免疫吸着、DHPなど)

(4)内シャント不全に対してシャントPTA

(5)腎生検

(6)糖尿病教室において患者指導

(7)腎臓病教室において患者指導

(8)糖尿病・透析患者のフットケア

(9)開業医、保健所や市町村の保健師を交え、糖尿病、慢性腎臓病、
   メタボリックシンドロームの症例検討会

(10)学会、講演会に積極的に参加し常に患者ケアをupdateしている。



腎臓内科実績

維持透析
(1)2009年度維持透析患者総数 83名(血液透析71名、腹膜透析12名)
(2)2009年度新規導入患者数 22名
(3)2009年度死亡患者数 16名

シャントPTA
・PTAは2009年度、計90例。院外の透析クリニックからの紹介が多い。

腎生検
・年間20~36例

血液透析以外の血液浄化療法
・年間 24例



血液浄化症例の役割

(1)重症膵炎 ⇒ CHDF(持続血液濾過透析)

(2)フェニトイン中毒 ⇒ 血液吸着

(3)HPS(血球貪食症候群) ⇒ CHF

(4)劇症肝炎(B型肝炎、自己免疫性肝炎?) ⇒ PE(血漿交換),CHF(持続血液濾過)

(5)気腫性腎盂腎炎術後 ⇒ CHF

(6)TTP ⇒ PE

(7)サンポールによる急性膵炎 ⇒ CHF

(8)高K血症 ⇒ CHDF

(9)敗血症、重症肺炎 ⇒ CHF

(10)カテコラミン不応性の心不全 ⇒ CHF

(11)劇症型心筋炎 ⇒ CHF

(12)Fisher症候群 ⇒ 免疫吸着

(13)CRF患者のイレウス術後、無尿 ⇒ CHF

(14)HD患者の腸管穿孔術後 ⇒ CHF

(15)HD患者の胆管炎、敗血症(CPA後) ⇒ CHF

(16)HD患者の下腿切断後 ⇒ CHF

(17)ASO(閉塞性動脈硬化症) ⇒ LDLアフェレーシス

(18)C型肝炎 ⇒ DFPP(二重膜濾過血漿交換療法)



血液透析回診



腹膜透析外来



ICUにおける血液浄化療法



保健所、市町村のスタッフとの症例検討会



腎臓内科後期研修医による市民向けの講演(糖尿病週間にて)



市民向けにメタボリックシンドロームの講演(名護市福祉祭りについて)



最後に・・・

腎臓内科をベースに内科全般を勉強したい後期研修医の先生方、
是非一度、腎臓内科の見学に来てください。お待ちしております。

連絡先 : 腎臓内科部長 金城 一志
        ℡0980-52-2719
        内線(2101)