1. ホーム
  2. 臨床研修案内
  3. 後期臨床研修医 募集要項

後期臨床研修医
募集要項

沖縄県立北部病院後期研修プログラム

1_来年度の新内科専門医制度開始に伴う当院での内科研修に関して

我々、北部病院は同じ県立病院である沖縄県立中部病院(基幹病院)の連携施設となっている。
県立中部病院の後期研修プログラムに、北部病院優先コース(定員1名)を開設していただいた。
中部病院の後期研修プログラムに属するわけであるが、中部病院の研修が1年、
北部病院での研修を2年回ることができるのが特徴である。

2_連携施設優先コース

連携施設(北部病院)での研修を2年間、中部病院での研修を1年間行うコースです。
定員は、1名を予定しています。

連携施設(北部病院)優先コース

1年目 中部病院ローテーション(CCU、ICU含む)
2年目 連携施設(北部病院)
3年目 連携施設(北部病院)

3_県立北部病院の特徴①

県立北部病院は沖縄県北部の名護市に位置する。北部地区医療圏の人口は約13万人おり、
この北部地区住人の命を守る大事な中核総合病院としての役割を担っている。
特徴は、年間入院患者(内科)2,961人中、2,306人(77.9%)(2016年度)が救急から
入院していることからも分かるように、救急医療を主体とした病院である。


4_沖縄県北部地区医療圏



5_診療科一覧




6_県立北部病院の特徴~ 内科の症例数

年間(2016年度)内科外来受診者数:46120人うち外来からの入院患者数:527人(1.1%)

年間(2016年度)救急外来受診者数:10073人うち救急からの内科入院患者数:2,306人(22.9%)

*年間内科入院患者の78.0%が救急からの入院。
*救急からの入院患者は内科外来からの入院患者の約4.4倍である。



7_県立北部病院の特徴~ICU・HCUの症例数



8_県立北部病院の内科の特徴②

・急性期疾患を中心とした内科の総合力を養うことができる。

・専科の研修をしながら、generalityを鍛えられる。

・各グループ、各科の壁がなく、コンサルトしやすい。

・高齢者医療が中心だが、非常に興味深い症例を多く経験することができる。

・マンパワーはないが、チームワークがよい。


当院の内科の特徴を上記に簡単にまとめたが、1-3次までの救急を扱い、
initialから治療完結するところまで患者を診ることができる。
自然に救急疾患に対する初期治療を身につけることができるし、
後期の内科研修をすることにより、診断・治療まで、自己解決する力を養うことができる。
非常に稀な症例を経験することが多く、GIM希望の方でも症例が豊富であるし、
またサブスペシャリティーをしながら、GIMの力を養いたい方にはうってつけの病院であると思われる。



9_内科グループ

・循環器内科(Heart Group)
・消化器内科(GI Group)
・腎臓内科(Nephro Group)
・総合内科(GIM Group)

当院の内科は4グループ(5チーム、GIMは2チーム)で形成されている。
全てのサブスペシャリティーの専門医がいるわけではないので、足りない症例に関しては、県立中部病院での研修で補うこととする。



11_専門施設・関連施設等

循環器専門医研修関連施設
日本心血管インターベンション治療学会研修関連施設
日本消化器病学会関連施設
日本リウマチ学会教育施設



12_総合内科グループ 週間スケジュール

7:30/8:30~8:30/9:00 研修医プレゼン 抄読会
8;30/9:00~午前 病棟回診 病棟回診 病棟回診
午後 病棟 病棟 病棟
16:00頃~ 夕回診 夕回診 夕回診
 ・週1日外来
 ・週2日救急からの入院当番
 ・週1~2回の当直が追加されます。



13_ハートグループスケジュール

※画像をクリックすると拡大します
 ※心エコーは外来日以外
 ※抄読会は偶数週



14_ネフログループスケジュール

※画像をクリックすると拡大します



15_GI Group 週間スケジュール

※画像をクリックすると拡大します

◎研修医の病棟回診は、毎日、担当スタッフが朝・夕の2回行うことにしている。

◎適宜、回診の空き時間等を利用して、ショートレクチャーを行っている。

◎週末・祝日はスタッフが交代で、研修医の病棟回診を担当している。

◎特殊検査・手技等には極力、研修医にも関わってもらうようにしている。