沖縄県立宮古病院 「病院指標」

  1. 年齢階級別退院患者数

  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等

  5. 脳梗塞のICD10別患者数等

  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード

年齢区分

0~

10~

20~

30~

40~

50~

60~

70~

80~

90~

患者数

606

119

161

347

268

424

801

846

1003

307

当院は、宮古圏域における中核病院として、乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層の患者さんに質の高い医療を提供しています。

平成27年度の状況をみてみると、0~1歳までの新生児と乳幼児が約12%を占め、また60~90歳までの高齢者層が54%と入院比率が高いという特徴があり、高齢者の占める人口構成比と平行して入院患者の高齢化も目立つ一方で、新生児・乳幼児の入院患者の占める割合も比較的高いため、高齢者医療だけでなく、新生児医療を支えているという急性期病院の特徴を持っていると言えます。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) ファイルをダウンロード

内科

DPCコード

DPC名称

患者数

平均

在院日数

(自院)

平均

在院日数

(全国)

転院率

平均年齢

患者用パス

040080x099x0xx

肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)

228

12.97

14.34

2.19

76.52

110310xx99xxxx

腎臓または尿路の感染症

86

11.98

12.6

2.33

76.1

050130xx99000x

心不全

75

15.39

18.3

2.67

80.64

外科

DPCコード

DPC名称

患者数

平均

在院日数

(自院)

平均

在院日数

(全国)

転院率

平均年齢

患者用パス

060035xx99x50x

結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍に対する化学療法

47

3.87

4.53

0

73.6

060040xx99x60x

直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍に対する化学療法

45

4.58

4.51

0

72.13

060150xx03xx0x

虫垂炎に対する虫垂切除術

31

5.03

5.56

0

39.58

当院では大腸がん症例のステージⅢ、Ⅳに対しては手術療法が終わった後、化学療法を行っている

多くは外来化学療法であるが、副作用等の出る患者に対しては入院にて化学療法を行っており、化学療法による短期入院の症例数が多い。

虫垂炎に対してはほとんどが開腹による手術を行っているが入院期間は全国平均より短い。

小児科

DPCコード

DPC名称

患者数

平均

在院日数

(自院)

平均

在院日数

(全国)

転院率

平均年齢

患者用パス

040080x1xxx0xx

肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満)

123

6.06

5.72

0

1.4

140010x199x00x

新生児黄疸、低血糖、敗血症など(出生時体重2500g以上)

117

7.95

6.17

0

0

040100xxxxx00x

喘息

70

4.99

6.31

0

4.1

整形外科

DPCコード

DPC名称

患者数

平均

在院日数

(自院)

平均

在院日数

(全国)

転院率

平均年齢

患者用パス

160800xx01xxxx

大腿骨骨折に対する骨折観血的手術など

101

41.75

28.7

19.8

82.17

070230xx01xxxx

膝関節症に対する人工関節再置換術など

50

31.86

27.21

0

76.58

160690xx99xx0x

胸椎、腰椎骨折(胸・腰髄損傷を含む。)

45

29.49

21.52

24.44

75.38

高齢者が多く受診される大腿骨近位部骨折に対しては、ADLの低下を防ぐため、麻酔科医や手術室スタッフとの連携を元に可能な限り早期に手術治療を行う事をモットーにしています。術後はリハビリスタッフの協力を得て、元のレベルを目標にリハビリを行っています。

また、末期の変形性関節症(膝・股)に対しては、人工関節置換術を行っています。

脊椎疾患に関しては、診断や保存的治療は問題ありませんが、手術症例は脊椎外科専門医が不在のため、連携している沖縄本島の病院に紹介しています。

産婦人科

DPCコード

DPC名称

患者数

平均

在院日数

(自院)

平均

在院日数

(全国)

転院率

平均年齢

患者用パス

120180xx01xxxx

前期破水 帝王切開術など

91

10.23

9.94

0

32.04

120260xx01xxxx

分娩停止、胎児機能不全 帝王切開術など

47

9.55

9.63

0

31.64

120170xx99x0xx

早産、切迫早産

40

18.83

20.87

2.5

31.15

宮古島の中核病院としてNICU(新生児集中治療室)を併設しており、地域周産期母子医療センターとして、小児科と協力し、主にハイリスク妊娠・分娩を扱っています。救急室も併設しており、他院からの紹介患者様も積極的に受け入れ、24時間体制で産科・婦人科救急疾患に対応させて頂きます。

妊娠28週未満で早産に至りそうな患者様に関しては、母児の安全に留意し、医師同伴で沖縄本島に母体搬送をさせて頂いております。

泌尿器科

DPCコード

DPC名称

患者数

平均

在院日数

(自院)

平均

在院日数

(全国)

転院率

平均年齢

患者用パス

110310xx99xxxx

腎臓または尿路の感染症

36

12.14

12.6

2.78

72.17

110420xx97xx0x

水腎症(その他)に対する尿管ステント留置術

12

5.5

5.49

0

68.75

110200xx02xxxx

前立腺肥大症等に対する前立腺手術

11

8

10.25

0

77.18

泌尿器科で最も多い入院は、発熱を伴う尿路感染症の患者さんです。大半は腎臓への細菌感染で、そのほかに前立腺や陰嚢の内容物への感染例もあります。これらに対して全身管理を行いながら抗生剤による治療を行います。通常1週間から10日の入院を要しますが、血液中からも細菌が検出されたような場合は2週間程度入院することもあります。

ついで多い入院は何らかの原因で尿管が閉塞し水腎症(上部尿路に尿が停滞した状態)を生じた患者さんです。尿管が閉塞する原因としては尿管狭窄・尿管結石などがあり、尿管の閉塞を解除する処置等を行います。

3番目に多いのは前立腺肥大症という高齢男性特有の疾患の患者さんです。前立腺肥大症により排尿障害が高度となり、それに対して手術を目的として入院する患者さんが年間10~15人程度います。

脳神経外科

DPCコード

DPC名称

患者数

平均

在院日数

(自院)

平均

在院日数

(全国)

転院率

平均年齢

患者用パス

160100xx99x00x

脳挫傷などの頭部外傷

19

17

7.52

5.26

58.37

010050xx02x00x

慢性硬膜下血腫

14

17.64

11.91

0

73

010040x099x00x

脳出血

14

23.21

19.32

7.14

60.79

脳神経外科に入院される患者さんの多くは、頭部外傷と脳卒中による頭蓋内出血の方です。

最近は、歩行が不安定になった高齢者の転倒による頭部打撲が多くなっています。

脳出血やくも膜下出血は手術が遅れると患者さんの死亡に直結するため、脳外科医2名が常に待機しています。

耳鼻咽喉科

DPCコード

DPC名称

患者数

平均

在院日数

(自院)

平均

在院日数

(全国)

転院率

平均年齢

患者用パス

030240xx99xxxx

扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎など

13

5.85

5.53

0

36.46

030230xxxxxxxx

扁桃、アデノイドの慢性疾患

-

-

8.2

-

-

030390xx99xxxx

顔面神経障害

-

-

9.79

-

-

耳鼻咽喉科は常勤医1名で月・水・金曜日の午前中に一般診療を行っています。火・木曜日は手術日となっています。外来は当院2階にあり、入院は主に5階東病棟となります。小児の患者さんは5階西病棟に入院して頂いております。月2回琉球大学から派遣いただいた医師による外来診療があります。

 耳鼻咽喉科では耳、鼻、咽喉頭および頸部の疾患を取り扱います。下記の症状がある場合は耳鼻咽喉科を受診して下さい。

耳・・・・・難聴、耳鳴り、耳閉感、耳痛、耳だれ等

鼻・・・・・くしゃみ、鼻水、鼻づまり、鼻出血、臭いがない等

のど・・・・痛み、声がれ、のどの違和感、飲み込みが悪い等

その他・・・めまい、首の腫れ、魚骨がささった等

 主な疾患としては、急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、末梢性顔面神経麻痺、突発性難聴、慢性中耳炎等が多く、必要に応じ入院・手術を行っています。また悪性腫瘍や当院での治療が難しい疾患に関しては琉球大学付属病等の本島の病院を紹介させていただいております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード

初発

再発

病期分類

基準

(※)

版数

Stage I

Stage II

Stage III

Stage IV

不明

胃癌

-

-

-

18

-

11

1

7

大腸癌

11

12

31

76

-

58

1

7

乳癌

-

-

-

-

1

7

肺癌

-

-

13

30

-

15

1

7

肝癌

-

-

-

-

-

-

1

7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院における大腸がんの一年間の初発症例数は約50例である。しかし病期別延べ患者入院数は上記のとおりである。

ステージⅢ、ステージⅣの症例の比率が多いようである。この理由はステージⅠ、ステージⅡに対しては高リスク群以外には化学療法を行っておらず、一回の入院で治療が完結しているため上記患者入院数が初期治療患者入院数となるが、ステージⅢ、ステージⅣの症例に対しては手術退院後、術後入院化学療法を行っており、レジメによっては一か月に二回の入院加療となっているので、ステージⅢ、ステージⅣの患者入院数は入院回数が増加するために多くなっている。つまり、一例の症例に対して一年間継続して化学療法を行うと一例だけで約25の延べ患者入院数となる。再発患者数も本来は数例であるが複数回入院加療を行っているので58と多くなっている。

いずれにせよ上記数字は入院回数を表しており、症例数に関しては全国がん登録を参照いただきたい。

成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード

患者数

平均

在院日数

平均年齢

重症度 0

31

11.71

58.32

重症度 1

75

13.61

81.23

重症度 2

47

13.02

80.62

重症度 3

-

-

-

重症度 4

-

-

-

重症度 5

-

-

-

不明

-

-

-

脳梗塞のICD10別患者数等 ファイルをダウンロード

ICD10

傷病名

発症日から

患者数

平均在院日数

平均年齢

転院率

G45$

一過性脳虚血発作及び関連症候群

-

-

-

-

-

G46$

脳血管疾患における脳の血管(性)症候群

-

-

-

-

-

I63$

脳梗塞

3日以内

78

24.81

75.42

18.1

その他

27

39.7

77.63

8.57

I65$

脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの

-

-

-

-

-

I66$

脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの

-

-

-

-

-

I675

もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>

-

-

-

-

-

I679

脳血管疾患,詳細不明

-

-

-

-

-

発症3日以内の急性期脳梗塞の患者さんは全体の約75%を占めています。

当院では、そういった緊急性のある疾患に常時対応できる体制を取っており、超急性期脳梗塞治療として、t-PAという血栓を強力に溶かす薬を点滴投与する治療も行っています。

脳梗塞は約1ヶ月程度の入院期間で治療とリハビリを行っており、約80%は自宅へ退院されていますが、自宅や施設への退院が困難な場合や不安のある患者さんは、近隣の病院と連携を図り、リハビリ目的で転院されています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) ファイルをダウンロード

内科

Kコード

名称

患者数

平均

術前日数

平均

術後日数

転院率

平均年齢

患者用パス

K5493

経皮的冠動脈ステント留置術

46

4.7

3.41

2.17

73.67

K688

内視鏡的胆道ステント留置術

34

15.09

22.12

5.88

82.03

K5972

ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合)

31

4.1

10.74

9.68

82.32

外科

Kコード

名称

患者数

平均

術前日数

平均

術後日数

転院率

平均年齢

患者用パス

K672-2

腹腔鏡下胆嚢摘出術

53

1.85

6

0

61.19

K6335

鼠径ヘルニア手術

42

1.1

2.71

0

64.19

K7181

虫垂切除術

29

0

4

0

38.83

手術件数が多いのは腹腔鏡下胆嚢摘出術であるが、多くの急性胆嚢炎に対しても積極的に早期の腹腔鏡下手術を行っている。

ヘルニア手術に関しては様々な手術術式を患者の希望に沿って行っている。腹腔鏡下手術も積極的に行っている。

虫垂炎の手術も多く、ほとんどは小切開による開腹手術を行っている。

産婦人科

Kコード

名称

患者数

平均

術前日数

平均

術後日数

転院率

平均年齢

患者用パス

K8981

緊急帝王切開術

102

2.83

8.18

0

31.36

K8982

選択帝王切開術

51

1.67

8.08

0

33.04

K861

子宮内膜掻爬術

37

1.03

0.97

0

50.54

当院は宮古島で帝王切開術を行える唯一の施設です。分娩件数は年々増加しており、2013年度は307件、2014年度は358件、2015年度は376件でした。

帝王切開術に関しては、2013年度は136件(44%)、2014年度は133件(37%)、2015年度は170件(45%)でした。帝王切開術を行う際には、小児科・麻酔科と協力し安全に留意しながら行い、術中・術後の疼痛管理にも力を入れております。ハイリスク妊娠・分娩の患者様が多く、帝王切開率は高率となっております。

整形外科

Kコード

名称

患者数

平均

術前日数

平均

術後日数

転院率

平均年齢

患者用パス

K0461

骨折観血的手術(大腿) 等

91

3.26

36.25

18.68

78.8

K0821

人工関節置換術(膝) 等

59

4.86

27.63

0

75.93

K0462

骨折観血的手術(前腕) 等

29

2.07

17.52

0

49.83

高齢者が多く受診される大腿骨近位部骨折に対しては、ADLの低下を防ぐため、麻酔科医や手術室スタッフとの連携を元に可能な限り早期に手術治療を行う事をモットーにしています。術後はリハビリスタッフの協力を得て、元のレベルを目標にリハビリを行います。

また、末期の変形性関節症(膝・股)に対しては、人工関節置換術を行っています。

脊椎疾患に関しては、診断弥保存的治療は問題ありませんが、手術症例は脊椎外科専門医が不在のため、連携している沖縄本島の病院に紹介しています。

泌尿器科

Kコード

名称

患者数

平均

術前日数

平均

術後日数

転院率

平均年齢

患者用パス

K783-2

経尿道的尿管ステント留置術

28

0.96

7.71

0

67.75

K8036ロ

膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)

14

1

4.79

0

77.36

K8412

経尿道的前立腺手術

14

4.5

9.29

0

78.36

泌尿器科で最も多い手術は経尿道的尿管ステント留置術です。何らかの原因により尿管の閉塞を生じた場合に実施します。尿道から内視鏡を挿入しておこなう手技で、尿管内にステントという細い管を留置し閉塞を解除します。部分的な麻酔で行うことができ、麻酔に要する時間も含めて1時間程度で実施できます。

次に多い手術は膀胱癌に対する経尿道的手術です。通常、腰椎麻酔という下半身だけを麻酔する方法で、癌の大きさや数にもよりますが1時間程度で実施できることができます。

3番目に多いのは前立腺肥大症に対する経尿道的な前立腺切除術で、内視鏡を用いて前立腺を電気メスで切除する手術です。外来で薬物療法を行っている患者さんも多いですが、この手術による根治を希望される患者さんにおもに実施しています。

脳神経外科

Kコード

名称

患者数

平均

術前日数

平均

術後日数

転院率

平均年齢

患者用パス

K164-2

慢性硬膜下血腫に対する穿頭血腫除去術

20

1.7

18.15

5

76.5

K1771

脳動脈瘤クリッピング

-

-

-

-

-

K1643

脳出血に対する開頭血腫除去術

-

-

-

-

-

主に頭蓋内出血に対する手術が多いですが、特徴的なことはほぼすべてが緊急手術であることです。

私たちはどのようなタイプの出血に対しても対処できるように訓練を積んできています。

脳血管内治療も行なっており、脳梗塞の超急性期治療をはじめ脳動脈瘤のコイル塞栓術や頸動脈ステント拡張術なども行なっています。

小児科

Kコード

名称

患者数

平均

術前日数

平均

術後日数

転院率

平均年齢

患者用パス

K9131

新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの)

12

0

30.33

8.33

0

K9132

新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの)

-

-

-

-

-

K7151

腸重積症整復術(非観血的なもの)

-

-

-

-

-

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード

DPC

傷病名

入院契機

症例数

発生率

130100

播種性血管内凝固症候群

同一

-

-

異なる

-

-

180010

敗血症

同一

59

1.21

異なる

19

0.39

180035

その他の真菌感染症

同一

-

-

異なる

-

-

180040

手術・処置等の合併症

同一

18

0.37

異なる

-

-

こちらの指標は臨床上ゼロになり得ないものの、少しでも改善すべきものとして定義されている感染症及び合併症の症例数・発生率を示したものです。免疫力が低下しているときに合併して発症することが多く、コントロールが困難な症例となりますが、細心の注意を払い治療を行っており、事前に起こりうる合併症について説明させていただくよう努めています。

当院の状況としては、敗血症の場合、入院時の病名と血液培養の一致がみられる症例が多く、約75%が入院契機となった病名と主病名が一致しています。

また、手術・処置等の合併症については、処置に関する感染として透析シャントに関する感染、ペースメーカー挿入術後の感染が併せて11件と半数を占め、手術に関する感染(骨関節術後、創部感染など)が7件と比較的多くみられます。

更新履歴

2016.9.29更新

「病院情報の公表」を公開しました。