新病院建設の歩み

平成5年宮古島市町村会から知事に宮古病院の新築移転要請
平成11年6月宮古支庁長の諮問機関「宮古病院将来構想検討委員会」を設置
平成12年3月宮古病院将来構想検討委員会が答申
平成16年9月~平成19年3月青年会議所が中心になって宮古病院新築移転の署名3万人余集める
平成19年5月~平成20年5月宮古病院改築ワーキングチーム
平成20年6月整備基本構想検討委員会
平成21年3月整備基本構想策定
平成22年7月基本設計
・パブリックコメント(平成21年3月9日~3月27日)
・住民説明会(平成21年3月15日)
平成23年1月実施設計
平成23年5月起工式
平成25年3月新宮古病院引き渡し


病院建設の沿革

昭和25年宮古民政府立結核療養所として設立
昭和32年現在地(現、平良字東仲宗根807番地)に木造平屋を新築移転
昭和35年琉球政府立宮古病院に改称 96床(一般22床・結核74床)
昭和38年多良間、佐良浜、来間、池間の各診療所は宮古病院管轄下に置かれる
昭和42年精神科設置(50床)
昭和47年沖縄返還に伴い沖縄県立宮古病院と改称
昭和48年病床数の増床146床(一般48床、結核48床、精神50床)
昭和51年本館竣工195床(一般126床、結核19床、精神50床)
昭和57年CT装置導入
昭和59年アンギオ導入
昭和60年人工透析開始
病棟数増床393床(一般286床、精神100床、結核7床)
平成7年高気圧酸素治療開始
平成13年MRI(磁気共鳴断層撮影装置)導入
平成13年精神科デイケア開始
平成15年地域連携室開始
平成16年精神科作業療法開始、初期研修医の受入
平成18年ICU開設、精神科開放病棟閉鎖(精神50床)
平成21年県立看護大学・大学院宮古教室開所
平成23年新宮古病院起工式
平成25年6月1日新宮古病院開院
平成26年4月入院支援室開設
平成27年4月家庭医療センター設置