小児救急の受診の仕方 → 詳細はこちらをご覧下さい。

小児科の理念・基本方針

  • 当小児科は、宮古郡圏域で唯一の小児科入院施設である。
    患者さん、保護者の方々、学校、公共機関、支援施設との連携・コミュニケーションを重視し、新生児から中学生(高校生も)まで小児疾患全般に適切な医療を提供していく。

診療内容

  • 新生児疾患、小児科疾患に対応している。
    悪性疾患、小児外科および高度医療を必要とする疾患は、専門医療・高度医療を提供する施設と連携し、対応している。

小児科の外来スケジュール
 →こちらから、小児科をご確認下さい


外来時のお願い

  • 以下の理由から、外来への時間内の受診をお勧めします。
     ・病院の機能上、検査・処方等を24時間通しては提供することができません。
     ・効率を考慮して特殊検査は、施行曜日・時間を決めさせていただいております。
      ほとんど午前中です。
     ・救急室への受診に対し、救急加算を算定させていただいております。


  • 他院を受診されている場合、またはかかりつけ医がおられる方は、紹介状を持参してください。紹介状をお持ちの場合、前医での診療内容照会が必要な場合、前医に紹介状の送付をお願いすることがございます。その場合、多少待ち時間が長くなります。ご了承ください。

病棟案内

  • 小児科病棟:宮古郡内で唯一の小児の入院できる病棟です。小児疾患全般に対応しております。
  • NICU・GCU・新生児室:正常新生児および疾患児に対応しております。特に、宮古圏域で唯一の未熟児医療を提供できるNICU・GCUを設置しております。

面接時のお願い

  • 面会時間を厳守して下さい。面会時間外は、患者様の安静のために面会はご遠慮下さい。また疾患によっては、面会謝絶の事があります。
  • 入院児からの感染、逆に面会児からの感染を防ぐために、感染のある児へのお子様の面会および感染症に罹患している児の入院患者様への面会はお断りいたしております。

あまいるの会のご紹介

「あまいる」とは宮古島の方言で「笑う」という意味があります。あまいるの会では、障害があっても住みやすい宮古島を夢見て障がい児の親や地域の方々が協力し合い活動しています。外部リンク あまいるの会  http://amairu.com/