当院 精神科作業療法のめざすところ

ひとの日々のくらしのいとなみである具体的な作業活動を手段とし、共におこなう人との交わりや場を活かし、対象者の健康的な機能に働きかけ、対象者自身が主体的に体験することを通して、心身の機能の障害を軽減し、生活に必要な技術の習得を図り、再び地域で穏やかな生活が営めるように支援する。 

精神科作業療法プログラム(オープングループ/セミクローズグループ/クローズグループ)

入院→医師からの作業療法処方箋→導入→のんびりグループ(面談・茶話会・塗り絵など)→パラレル(創作活動、手芸、木工、文芸、音楽など)→趣味・余暇(カラオケ、スポーツ、ストレッチなど)→仕事(園芸、掃除、片付け)→退院準備スキル訓練(外出、買い物、調理など)→心理教育(疾病・再発予防教育)→ 退院(作業療法終了)

スタッフ構成

  • 精神科作業療法士1名
  • 精神科作業療法助手1名

調理訓練


軽作業