皆さん、「病院にいる薬剤師」の仕事をご存知ですか? 

近は病室でも薬剤師を見かけるのではないでしょうか?病院にいる薬剤師は主に次のような仕事をしています。

  1. 調剤
  2. 注射薬の管理
  3. 入院中の患者さんへの服薬指導(薬の情報の提供)
  4. 医薬品情報の収集
  5. 体の中にあるお薬の量を調べる(血中濃度の解析)

それぞれの仕事に関して簡単に説明します。

1.調剤

調剤は薬剤師の主な仕事です。

薬を取り揃え、その人にあった処方がなされているか、お薬の飲み合わせは大丈夫か(相互作用の確認)、お薬の量は正しいのか・・・等々を確認します。

疑問点、不明な点は処方した医師へ直接確認します。

処方せんを確認(処方箋監査)

調剤(薬を取り揃えます) 

 監査(取り揃えた薬品を確認します)


薬の交付・お薬の説明



2.注射薬の管理

病棟で使う注射薬(点滴に使う薬)を毎日払い出します。

また、特殊な注射薬に関しては異物や微生物の混入を避けるためにクリーンベンチという機械の中でお薬を混合(点滴の作成)をします。


3.入院中の患者さんへお薬の説明(服薬指導)

病院に入院中の患者さんに、どのような薬を使っているか、また、どのような効果があるかを薬剤師が直接、病棟へ行き説明します。


指導した患者さんに関する情報は服薬指導記録簿(またはデータベース)に記載し、3年間保存します。 薬剤師が病棟で服薬指導をする為には医師の同意が必要です。


4.医薬品情報の収集

医薬品情報管理(DI業務)を行い、医療従事者(医師、看護師等)や患者さんへの医薬品情報の提供を通じて、良質で正しい薬の使い方と医療の向上、効率化に勤めています。

情報の収集

本、専門雑誌、インターネット、製薬企業の情報担当から収集

情報の整理

集めた情報をいつでも引き出せるように整理する

情報の伝達

患者さん →お薬の説明書、デモ器具等々を用いて

医療従事者→通知文書、薬局ニュース、冊子、イントラネット等を用いて

5.体の中にあるお薬の量を調べる(血中濃度の解析)

治療するために必要な濃度(体の中の薬の量)が決まっているお薬に関しては、適切なお薬の投与を行うために体の中のお薬の量を測定する必要があります。

体重や、年齢、検査値など個人ごとの情報とお薬との情報を照らし合わせ、適切な投与ができているかを解析します。