挨拶と基本方針

病院長あいさつ

沖縄県立南部医療センター・こども医療センター院長  佐久本 薫

沖縄県立南部医療センター
・こども医療センター 院長
佐久本 薫

沖縄県立南部医療センター・こども医療センターはこども病院と成人部門の両方の機能を併せ持つ全国でもユニークな病院として2006年4月に開院しました。今年で11年目にはいります。

全病床数は434床(小児病床106床)です。総合周産期母子医療センターとして周産期医療の中心的役割を果たしています。以前は本土へ紹介されていた先天性心疾患は胎児期に診断し、新生児集中治療を経て年間約100例の手術が行われています。平成28年3月には小児救命救急センターとして全国で10番目に認可されました。外傷・熱傷・感染症など重症な小児救急疾患治療を行う小児集中治療室PICUを平成28年度に6床から8床に増床します。

当院の医療機能、役割の特徴として次の事が上げられます。

  1. 南部医療圏における救命救急医療
    那覇市を含む南部医療圏の人口は約70万人です。24時間365日救急疾患に対応する救命救急センターを有しています。受診者数は年間35,000件で、救急車は4,600件受け入れています。入院患者の約55%は救急センターから入院してきます。
  2. 高度多機能病院
    成人部門は24診療科があり、急性疾患から慢性疾患まで幅広い疾患に対応します。内科系疾患から心臓外科など外科系疾患まで最新の治療が受けられます。集中治療室を15床有しており、高度な医療を行っています。
  3. 小児医療
    沖縄県全域の小児を対象とした小児総合医療病院としての機能を持ちます。総合周産期母子医療センター、母体・胎児集中治療室(MFICU6床)、新生児集中治療室(NICU30床)および小児集中治療室(PICU8床)を有しています。先天性心疾患、血液疾患、腎疾患、小児神経疾患や小児外科疾患など専門医療を行う完結型のこども病院として重症児の管理を行っています。在宅医療支援や小児の成育・支援を含めた総合的な小児医療を提供します。
  4. 精神身体合併症医療
    身体合併症のある精神疾患患者を内科、外科などと連携し治療を行う病棟を有しています。また、多職種が参加する精神リエゾンチームを立ち上げました。患者の精神的なサポートを行っています。
  5. 離島、僻地医療支援
    当院は8か所の付属離島診療所を管轄しています。観光客が大幅に増加した離島もあり、診療所と共に離島の人々の健康をサポートして行きます。
  6. 臨床研修施設
    初期研修医を全国から受け入れています。当院救命救急センターは、幅広い症例(新生児から高齢者、軽症から最重症、中毒・精神科救急等の特殊疾患)を受け入れる3次医療施設です。受入れ・搬送形態もwalk inから救急搬送、Dr.ヘリ搬送まで様々です。スタッフ、専門医からの指導体制が整った中で多数の症例を経験できることは、その後の医師人生に有利に働くと考えています。新専門医制度を見据えた後期研修医プログラムを各診療科で作成中です。ハワイ大学卒後医学臨床研修事業による海外招聘講師からの最新の知識を得ることができます。また、ハワイ大学留学制度にも応募することができます。臨床研修終了後は一定期間、離島僻地の中核病院で研鑽を積む機会があります。

ページの先頭へもどる

病院の理念と基本方針

南部医療センター・こども医療センターの理念

  • こどもからおとなまで「大切な命を守り、県民に貢献する」病院

基本方針

  1. 県民と協働し、共感・共存できる公的医療を実践します。
  2. 県民生活を守る救急医療を365日24時間提供します。
  3. 病んでいるこども達の可能性を最大限に生かせるよう努力します。
  4. 教育・研修病院として良き医療人を育成します。
  5. 病状や治療方針について、平易な言葉で十分に説明し、納得が行く同意を得るよう努力します。
  6. 病院ボランティアの受け入れを進んで行います。
  7. 県民が誇れる、県民の病院として地域交流から国際交流まで進めて行きます。
  8. 沖縄県の基幹病院として職場環境に配慮し、健全経営に努めます。

病院概要

平成25年4月1日現在

名称 沖縄県立南部医療センター・こども医療センター
所在地 〒901-1193 島尻郡南風原町字新川118番地1
開設者 沖縄県知事
開設年月日 平成18年4月1日
病院長 佐久本 薫
敷地面積 57,278.52㎡
建物 鉄骨・鉄筋コンクリート造(建物延床面積 36,571㎡)
建築面積 12,436㎡
病床数 434床(一般 423床・精神 5床・感染 6床)
診療科目 内科・精神科・神経内科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・リウマチ科・小児科・外科・整形外科・形成外科・脳神経外科・心臓血管外科・小児外科・皮膚科・泌尿器科・産科・婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・リハビリテーション科・放射線科・歯科口腔外科・麻酔科・救急科・感染症内科・血液腫瘍内科・糖尿病代謝内科・小児精神科・小児神経科・小児循環器化・小児整形外科・小児形成外科・小児脳神経外科・小児心臓血管外科・小児泌尿器科・小児眼科・小児耳鼻咽喉科・小児放射線科・小児麻酔科・小児腎臓科・小児集中治療科・小児血液腫瘍科・新生児内科・病理診断科
職員数(定数) 医師 108人 看護部 499人 その他 121人 計 728人
附属診療所(稼働数) 8(8)
総合病院承認 昭和59年5月1日
救急告示施設 平成18年4月1日
人工透析 昭和63年6月1日



迷惑・危険行為の禁止

病院ロゴマーク

このたび、新たに病院のロゴマークができましたので、ご案内させていただきます。

沖縄県立南部医療センター・こども医療センター