一般・消化器外科

はじめに

金城隆夫 外科部長

金城隆夫 外科部長

平成23年4月からの一般消化器外科の診療体制です。
ご紹介の患者さまは午前中にご予約くださるようお願いいたします。
時間外はERにて対応いたします。


外来診療体制

外来 土日以外の週日 午前中
http://www.hosp.pref.okinawa.jp/nanbu/adult/gairai/schedule.html#c02

手術日 待機手術は土日以外の週日 緊急は随時対応しております。

概要

医師の構成 担当分野

金城 隆夫 S53年卒 外科部長 日本外科学会指導医
奥濱 幸博 S63年卒 消化器外科部長 日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科専門医・指導医
日本消化器がん外科治療認定医
比嘉 宇郎 H2年卒 外科
消化器外科医師
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科専門医・指導医
上田 真 S62年卒 乳腺外科部長 日本外科学会専門医
日本超音波医学会専門医・指導医
日本がん治療認定医
日本乳癌学会認定医
西浦 嵩弥 H20年卒 外科医師 日本救急医学会救急科専門医
JATECインストラクター

認定医・専門医の医師数

  • 日本外科学会専門医 3名・指導医 3名
  • 日本消化器外科専門医 2名・指導医 2名
  • 日本消化器がん外科治療認定医 2名
  • 日本がん治療認定医 1名
  • 外傷専門医 1名
  • DMAT隊員 1名
  • 日本救急医学会救急科専門医 1名
  • JATECインストラクター 1名

上記の通り、数々の専門医・認定医が在籍しております。

主要な設備

腹腔鏡 胸腔鏡 超音波切開凝固装置 ラジオ波 放射腺治療(放射線治療専門医)

超音波 マンモグラフィ 胆道細径ファイバー

上部消化管内視鏡 気管支鏡

診療の基本方針

外傷から腫瘍外科にいたるすべての一般外科領域の疾患に対応する

※当院は急性期病院であり、長期に渡ってリハビリを必要とする患者様には、病状が落ち着いたと医師が判断した時点で、転院をして頂いております。

誠に申し訳ございませんが、ご了承ください。

得意とする分野

外科救急疾患や腫瘍の手術、一般外科領域における高リスク患者の手術を行っております。
沖縄本島南部における外科救急疾患の最後の砦として、日夜診療を行っております。

<精神科身体疾患>
当センターは精神身体合併症病棟が設置され、日本ではじめての合併症専門病棟(5床)を有する病院です。 通常の精神科病院では扱えない精神科患者の外科疾患の手術をしております。

<救急疾患>
急性虫垂炎(盲腸)、腸閉塞(イレウス)、腹膜炎、気胸など、外科救急疾患に対応して緊急手術を行います。
<乳房再建手術>
当科では乳癌手術に際して、特に形成外科との共同で、乳房切除と再建術を行っております。
 乳癌検査も行っており、女性の技師がマンモグラフィの撮影や超音波検査を行っています。
また、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の検診マンモグラフィ読影認定医が読影しております。
放射線治療の専属医が常駐しており、放射線治療も充実しております。
<内シャント手術>
透析に必要な内シャント作成手術を行っております。
人工血管を使用せざるを得ない症例や、血管が細い症例などの困難症例は形成外科と共同で行っております。

<癌診療>
胃、大腸、肝胆膵、肺、乳腺、甲状腺の各癌診療も行っております。
特に、状態に応じて、循環器疾患合併患者、糖尿病患者、透析患者、膠原病患者などの基礎疾患をもつ患者の手術も行っております。
胆嚢摘出術、虫垂切除術、大腸切除術、胃切除術、脾切除術、副腎摘出術など、待機的手術には積極的に腹腔鏡下手術を行うようにしております。
ただし、進行度や緊急度に応じて判断しております。内視鏡担当医に御相談ください。

診療実績

主な手術数

  疾 患・術 式 平成21年度 平成22年度
1 結腸 直腸がん 64 54
2 胃がん 19 10
3 肝胆膵 悪性腫瘍 10 15
4 肝胆膵良性疾患 102 74
5 腸閉塞手術 13 6
6 虫垂炎 52 46
7 肺 縦隔 29 22
8 透析用シャント作成 21 22
9 鼡径ヘルニア 21 30
10 気管切開術 28 40
11 乳癌 15 11
12 リンパ節生検 12 9

*手術件数(特に癌や胆嚢摘出術)は減少傾向にありますが、腹膜炎や外傷の手術は依然多く、気管切開術も増加傾向にあり、当院外科の特長である重症患者が増加している傾向にあります。

研究会・勉強会

●午前7:30~8:30にカンファレンスを行っております。

  • 症例検討会 毎日 
  • 術前カンファレンス 毎週火曜日
  • 病理カンファ 月1回 第1水曜日 朝
  • 消化器カンファ 週1回 木曜日 朝
  • 抄読会 月2回 第2 第3 水曜日 朝

●外傷カンファ 月1回 午後5:00より

*曜日により小児外科、形成外科、消化器内科、呼吸器内科、病理科、放射線科と合同で行っております。

その他

医療関係者の皆様へ

当院外科は、三次救命センターとしての、南部地域の最終的な治療を担う責務があると考えています。

近年は、重症化し、循環器疾患や腎疾患などの合併症をもつ患者さんが激増しておりますし、精神科疾患合併の患者さんも急増しています。

内科 放射線科 精神科 他外科系診療科などと連携し、高度な外科救急医療につとめています。皆様方のご支援をよろしくおねがいいたします。


研修や仕事のマニュアルの詳細は、
 「各科後期臨床研修プログラム」の中の、「外科後期研修プログラム」のページをご覧ください。

ページの先頭へもどる