総合内科

はじめに

仲里信彦 副部長

仲里信彦 部長

近年、内科は臓器別の専門分野に細分化してきています。

総合内科では専門科の協力を得ながら、一般総合病院に入院される患者様のニーズに応えるべく、基本的な臓器の疾患のみならず、患者様の精神状態、心理状態、そして社会状況にも目を向け治療を行う事を心掛けています。

常にgeneralistを合言葉にしています。


概要

診療体制

卒後研修の実践も兼ねているため、患者様の入院担当はスタッフの指導の元で研修医が行います。
入院患者様の心理面に関しても精神科医師の協力も得て問題解決を試みています。
ソーシャルワーカーにも積極的に働きかけ、お互いに協力しあい、患者様の社会問題にも目を向けています。

診療の基本方針

  • 全人的医療を目標とする;特定の臓器疾患に偏らず、患者様の精神状態、心理状態、そして社会状況にも目を向けます。
  • 一般総合病院で狭間に置かれやすい疾患にも対応し、高齢化社会に伴い多臓器にわたる疾患の治療に関与し、専科への連携を行います。
  • 患者様に対する医療面接、身体診察を行い、患者中心の根拠に基づいた医療(EBM)を目指します。
  • 連携医療にも重きを置き、専門医療だけではなく関連医療職者とのチーム医療を心がけます。
  • 医療倫理にも目をむけます。


研究会・勉強会

  • カンファレンスの模様

那覇市立病院内科・南部医療センター総合内科との研修医同士の合同カンファレンスを行っています。(1回/月)
参加学会:日本内科学会総会、日本プライマリ・ケア学会、日本総合診療学会、日本救急医学会など
"沖縄に興味があり"、"総合診療に興味のある方"は後期研修やスタッフも含めて募集中です。


その他

内科研修医教育にも力を入れ、研修医に対し自ら主体性を持ち、さまざまな疾患のケアを直接担当させることにより、内科の幅広い領域における知識と技術および情報収集能力の体得をさせます。
また、医療科学と医療倫理の両立をめざし、医師としての基本的態度と総合的判断力を身につけるようにします。
われわれ指導医はpeer reviewを常時行い、診療レベルの向上とEvidence based clinical practiceを達成する事を目標にしています。

ページの先頭へもどる