呼吸器内科

はじめに

東 正人 部長

東 正人 部長

呼吸器感染症(細菌性肺炎など)、びまん性肺疾患(間質性肺炎など)、アレルギー疾患(気管支喘息など)、慢性閉塞性肺疾患(喫煙で生じる慢性気管支炎・肺気腫など)、悪性腫瘍(肺癌など)の診療を行っています。

離島診療(内科、呼吸器科、総合診療)や内科初診外来、内科救急診療にも参加しています。


概要

診療体制

當銘正彦(副院長)、東正人(呼吸器内科部長)、天久康絢(呼吸器内科医長)、新里彰、初期研修医(ローテーション)の体制で診療しています。 人事については琉球大学第一内科(藤田次郎教授)の支援を受けています。

朝は8時から全員でカルテ回診。8時30分に救急患者の引き継ぎ。その後、病棟担当医師と研修医で毎日、病棟回診を行います。

セカンドオピニオンは1日1人を上限に引き受けています(要予約、要紹介状、健康保険適応外)。

診療の基本方針

患者さんの訴えをよく聞き、迅速な診断と適切な治療を心がけています。
病状が落ち着いた患者さんについては、周辺の医療機関で治療を継続していただいています。

得意とする分野

  • 呼吸器疾患の診断と治療 肺癌の化学療法・集学的治療
  • 気管支鏡検査(肺生検、キュレット、気管支肺胞洗浄など)
  • (排菌を伴う肺結核の治療、睡眠時無呼吸症候群の診断については他の専門施設に依頼しています)

主要な設備と検査

<気管支鏡検査>

鉛筆ぐらいの太さのカメラ(内視鏡)を鼻または口から挿入し、声帯気管支内腔を観察します。

噴霧麻酔と静脈麻酔を使用して負担の軽減をはかっています。

出血、気胸、発熱などのリスク(危険性)があります。

腫瘍性病変等の精密検査として、必要に応じ、気管支鏡的肺生検(TBLB)、ブラシ細胞診、キュレット細胞診を行い、癌細胞等の検出を目指します。

びまん性肺疾患や感染症の診断を目的として、気管支肺胞洗浄(生理食塩水で洗浄し細胞や病原体を回収する)を行うことが出来ます。

<胸腔穿刺、胸腔ドレナージ>
胸水や膿胸、気胸を改善させる目的で、胸部に細いチューブを挿入する手技を行うことが出来ます。
出血や感染などのリスクがあります。
<胸部CT>
肺癌の二次検診や各種肺疾患の診断目的で実施しています。急ぎであれば当日に撮影することが出来ます。
<放射線治療>
放射線科と連携して、肺癌の放射線化学療法や転移巣に対する治療(脳・骨など)を行っています。

認定医・専門医

医師紹介をご覧ください。

当院は日本呼吸器学会認定施設(呼吸器疾患の研修病院)です。

  • 回診

    写真1 回診

    この日は、嘉数光一郎内科部長(2012年3月定年退職)を含めて、全員揃った回診でした。まず、電子カルテで病状について討論した後に病棟回診を行います。

  • 学会発表

    写真2 学会発表

    1年目研修医の発表でした。よく出来ていました。


  • 写真3 緊急気管支鏡(異物除去)

    肺炎と膿胸の原因になっていた異物(歯)の除去に成功したところです。

  • 離島診療

    写真4 離島診療

    阿嘉診療所の代診をしました。久しぶりに小児の診療をしました(当院は小児科医が多いので、内科医が小児を診ることはほとんどない)。行方不明者が発生したとのことでAEDを持って海辺に急行しましたが、幸いなことに無事でした。海が綺麗ですね。


診療実績

平成19年1月~12月の診療実績は以下の通りです。

  項 目 人数
主な入院症例数
1 肺癌 56人
2 肺炎 251人
    細菌性肺炎 55人
    誤嚥性肺炎  61人
3 慢性閉塞性肺疾患 80人
4 気管支喘息 57人
5 気管支拡張症 23人
6 間質性肺炎 36人
入院・死亡総数
1 呼吸器科入院担当数 (実数 再入院含まず) 307人
2 死亡数 46人
検査症例数
1 気管支鏡検査 年間50例程度
(呼吸器科のみ)

研究会・勉強会

人工呼吸器患者の回診(RCTラウンド)

火曜午後に、医師・臨床工学技師・理学療法士・看護師の多職種で回診と討議を行い、人工呼吸器からの早期離脱をはかっております。

ページの先頭へもどる