脳神経外科

概要

はじめに

部長 長嶺 知明 医師

脳神経外科は脳神経疾患のうち特に外科的治療の対象となりうるものについて研究、治療する医学、医療の一分野です。

手術はもちろんのこと、手術に準じる処置や薬物療法など患者さんにとって最も安全・確実で有効な方法を選んで治療にあたります。

脳神経外科の主な対象疾患

  • 脳血管障害---脳出血、くも膜下出血、脳動脈瘤、脳動静脈奇形、脳梗塞、もやもや病などに対する治療。
  • 脳腫瘍 -----良性および悪性脳腫瘍、転移性脳腫瘍などに対する治療。
  • 脊椎・脊髄---脊髄腫瘍、脊髄空洞症などに対する治療。
  • 頭部外傷----外傷性頭蓋内出血、脳挫傷、頭蓋骨骨折などに対する外科的・保存的な治療。
  • 老化と痴呆---水頭症や脳血流低下などを認めた場合、外科的な治療にて高次脳機能の回復が見込める症例があります。
  • 先天奇形-----先天性水頭症、頭蓋縫合早期癒合症、二分頭蓋二分脊椎、その他の様々な奇形などに対する外科的な治療。
  • 機能的疾患---顔面けいれん、三叉神経痛などに対する外科的な治療。
  • 炎症性疾患---髄膜炎、脳膿瘍、脳炎、寄生虫などに対しては外科的に治療が必要な場合があります。

診療体制

医師数 4名
病床数 25床(他に小児病床平均3-4床使用)

沖縄県立南部医療センター・こども医療センター 脳神経外科の診療体制は、脳神経外科部長 長嶺知明、医長 竹下朝規、石原興平、瀧川浩介の4人体制で、MRI、3次元CT、強度変調療法可能な放射線治療システムなどの検査・治療機器を用いて成人部門および小児部門の診療、手術、治療を行っています。

スタッフ3名が日本脳神経外科学会と日本脳卒中学会認定の専門医です。日本脳神経血管内治療学会認定の専門医1名、日本神経内視鏡学会技術認定医2名と幅広い診療が可能な体制を整えています。

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
成人部門 午前
午後
手術日 長嶺、瀧川
長嶺
竹下、石原

手術日 竹下、石原

小児部門 午前 長嶺

主な設備

  • * MRI; Intera Achieva 1.5T Nova Dual
  • * CT;  Brillance CT 64 (ブリディアンス) 
  • * IVR-CT アンギオシステム; Light Speed Ultra 16, 
  • * Linac:Clinac21EX(バリアン)
  • * 神経内視鏡, 
  • * MicroSurgery用顕微鏡、手術機器一式

得意とする分野

1.脳血管障害
a.脳動脈瘤
脳動脈瘤は破裂した場合、くも膜下出血という非常に重篤な疾患の原因とな ります。脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血の治療法としては、顕微鏡手術による開頭脳動脈瘤頚部クリッピング術と脳血管内手術による脳動脈瘤コイル塞栓術があり、その両方を当院で行う事が可能です。脳動脈瘤の状態に適した治療法を検討選択し、治療を行います。また、脳血管吻合によるバイパス術などを駆使して、治療困難な脳動脈瘤の複合的な治療も行っています。
手術後は刻々と変化する病状にICUのスタッフの協力を得て速やかに対処して参ります。
また、未破裂動脈瘤や、大型動脈瘤による脳神経圧迫による症状が出現した場合も、上記の治療法を駆使して脳動脈瘤の治療を行っています。

b.脳動静脈奇形
破裂による頭蓋内出血や、圧迫による痙攣発作が出現します。開頭術や脳血管内手術、γナイフ手術などを組み合わせて、病状に合わせた複合的な治療を行います。
c.脳内出血
血腫が大きく、正常脳組織への圧迫所見が強い場合に脳損傷を少なくするために開頭手術や神経内視鏡手術を行い血腫を除去します。それ以外の場合は降圧管理を行い、可能な限り後遺症を少なくする為に早期のリハビリを開始します。また、平行して脳内出血の危険因子を検索し、脳内出血の再発予防に取り組みます。
d.脳梗塞
脳梗塞は、脳血管の狭窄や閉塞により虚血状態となり脳細胞が壊死する状 態を言います。急性期脳梗塞の治療法としては、脳細胞が壊死する前に脳血流を再開させる方法があります。救急医や神経内科医と連携して、閉塞している血管をt-PA静注により再開通させる血栓溶解療法(4.5時間以内)や、血栓回収デバイスを用いた脳血管内手術(6時間以内)で治療を行います。 また、脳梗塞の原因となる内頚動脈狭窄症に対しては、外科的な手術による血栓内膜?離術や、脳血管内手術による頸動脈ステント留置術があり、各々の特性を生かして、適切な方法を選択し治療に当たります。 内頚動脈閉塞による脳血流低下で脳梗塞発症の危険性が高い症例には、脳血管吻合によるバイパス術を行っています。

e.もやもや病
もやもや病は頭蓋内の主幹動脈が進行性に狭窄・閉塞し、その代償として細い新生血管が発達する原因不明の疾患です。症状としては、脳血管の狭窄・閉塞による一過性脳虚血発作・脳梗塞と新生血管からの出血があります。原因不明ですので進行を抑える事は困難ですが、対処療法として脳虚血に対して脳血管吻合バイパス術による脳血行再建術が行われています。近年、出血に対しても脳血行再建術による新生血管の負担軽減効果で再出血を予防するとの報告もあり、治療が行われるようになりました。当院では、成人から小児に到るもやもや病患者に対して直接バイパス術+間接バイパス術による脳血行再建術で治療を行っています。特に小児は周術期管理が重要であり、PICUの小児集中科医師と連携し治療を行っています。
2.脳腫瘍
a.成人脳腫瘍
種々の良性および悪性脳腫瘍の手術を行い、化学療法、放射線照射などを併せて複合的に治療を行っています。当院では定位的放射線照射装置が設置され、放射線治療専門医による放射線治療を行っています。また他院との提携によりガンマナイフ治療も行っています。
また、難易度が高い頭蓋底良性腫瘍の手術も頭蓋底手術の手法を駆使して治療を行っています。
b.小児脳腫瘍
小児脳腫瘍は小児癌の中で、血液腫瘍と並んで頻度が高い疾患です。治療には、もちろん脳神経外科医は重要ですが、小児科(特に小児血液腫瘍科,小児集中治療科、小児神経科と小児内分泌科の専門の先生),小児麻酔科、放射線治療医と放射線治療設備,病理部,小児外科、眼科、耳鼻咽喉科などの多種多様な職種が関わり、当院では各々の部門と協力して総合的に治療を行っております。
c.脊髄腫瘍
脊柱管腔内の髄内・髄外腫瘍などを整形外科と連携しながら手術治療を行っています。
3.頭部外傷
当院では救命救急センターを併設し、交通事故や転落などによる頭部外傷を含む全身多発外傷に対して、救命救急科、外科、整形外科、放射線科と協力し集中治療を行っています。
また、小児患者の交通事故、転落などの頭部外傷に対する緊急治療体制はPICU専任の小児集中治療科医師と連携し整備されています。
4.機能的脳神経外科 
顔面けいれん、三叉神経痛などの診断・手術治療を行っています。
5.先天性奇形疾患
先天性水頭症、頭蓋縫合早期癒合症、二分頭蓋(脳瘤)・二分脊椎(脊髄髄膜瘤)、キアリ奇形などの手術治療を行っています。
#小児脳神経外科分野
NICUや産科からの未熟児や新生児のいろいろな先天性脳疾患や未熟児脳室内出血の治療から小児の脳腫瘍、脳血管障害(特にモヤモヤ病)および頭部外傷の治療に於いて小児の特性に合った治療を行っています。

ページの先頭へもどる

診療実績(2015年1月~12月)

  • 外来新患数:194人
  • 入院症例数:280例
  • 手術症例数:152例

2015年度の手術実績

疾 患 名 手 術 件 数
脳・脊髄腫瘍 17例
脳動脈瘤(破裂/未破裂) 20(12/8)例
脳血管障害(AVM・閉塞性疾患・その他) 19例
脳出血(開頭・神経内視鏡) 13(6/7)例
頭部外傷 29例
水頭症(神経内視鏡手術) 29(4)例
奇形(頭蓋・脊椎) 7(3/4)例
機能的手術(MVD) 2例
脳血管内手術:脳動脈瘤(破裂/未破裂) 8(4/4)例
脳血管内手術(AVM・閉塞性疾患など) 8例
  • ※小児の症例が全体の1/3を占めています。

ページの先頭へもどる