産婦人科

はじめに  -当科の特色を御紹介します- 

産科部門

当科には、沖縄県で2か所設置されている総合周産期母子医療センターがあり、離島や主として本島南部地区のハイリスクの妊婦さんや、赤ちゃんがNICU (新生児集中治療室) に入院予定である妊婦さんの診療を積極的に行っています。一方で、特にトラブルのない妊婦さんの健診や自然分娩は助産師が中心となってきめ細やかな対応をしています。当科は、産科領域において、正常分娩から緊急帝王切開術まで、24時間対応可能です。

婦人科部門

当科は沖縄県で1,2の症例数を誇る内視鏡(腹腔鏡、子宮鏡)下手術の中心的病院であります。また、併設している救命救急センターや放射線科と連携し、大量骨盤出血に対する血管塞栓術等の先進医療を行っています。

  • 集合写真


診療の基本方針

全ての患者様に対して、すでに世界的評価の確立した、スタンダードとされる医学知識に基づく、医療サービスを提供いたします。具体的には、日本産科婦人科学会をはじめとする、各学会のガイドラインに準拠し、毎日行われるスタッフカンファレンスにより診療方針を決定し、チーム医療を実践します。

また、公的医療機関として、民間病院では受け入れ困難な、経済的・社会的に困難な問題を持った方々も、お引き受けしております。これらの患者様は、院内のソーシャルワーカーなどを通じて適切に対応しています。

診療体制

全員が産科婦人科学会専門医を有する、9名の常勤医師が勤務しています。この中には、日本周産期・新生児医学会 母体・胎児専門医3名、母体保護法指定医4名、産科婦人科内視鏡学会認定医1名、臨床遺伝専門医2名、生殖医療専門医1名が含まれています。他に2名の産婦人科専攻医が診療に従事しています。

当科では夜間・休日でも常に緊急処置・緊急手術に24時間体制で対応しています。

産科

当科では、双胎などの多胎妊娠や切迫早産、前期破水、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)などの妊婦さんを積極的に受け入れています。また内科等の合併症を有する妊婦さんは該当科と密に連絡をとりながら、診療を進めています。前置胎盤や胎盤早期剥離、胎児心拍異常などの緊急症例では、新生児科の立会いのもとに、母子の安全を最優先に、速やかな処置・手術を行っています。

先天異常が疑われる胎児では、こども病院部門の新生児科・小児外科・小児循環器科・小児心臓血管外科等の各専門医達と、妊娠中から密接に連携し、出生後に備えています。とくに胎児の先天性心血管異常に関しては、小児循環器科専門医が妊娠中から産科医とともに胎児心エコーを行い、情報を共有します。小児循環器科専門医は出生後も引き続き診療を担当し、必要があれば小児心臓血管外科専門医により手術が行われます。また、胎児の先天異常に関して希望があれば、臨床遺伝専門医が中心となって、遺伝相談を行います。

婦人科

当科は、一般産婦人科を中心に婦人科救急、婦人科悪性腫瘍等の診療を行っています。総合病院のメリットを生かして、外科、麻酔科、放射線科など他科と連携したチーム医療を展開します。婦人科手術においては、良性疾患では侵襲が少ない内視鏡下手術や腟式手術を第1選択としております。また進行子宮頚癌や体外受精などの高度生殖医療は琉球大学附属病院や他の専門病院と連携して最適な診療を行っております。

2014年 診療実績

項目 症例数(例)
産科関連 総分娩件数 487 例
産科紹介症例数 415 例
母体搬送数 163 例
多胎妊娠数 33 例
手術内訳 産科手術 287 例
  帝王切開術 244 例
  子宮頚管縫縮術 24 例
  子宮内容除去術 13 例
  その他の産科手術 6 例
婦人科手術 193 例
  腹腔鏡下手術 111 例
  子宮鏡下手術 6 例
  開腹手術(良性) 24 例
  開腹手術(悪性) 4 例
  腟式手術 45 例
  その他の婦人科手術 3 例
  総手術症例数 480 例

看護体制

産科病棟

産科病棟には、経験豊富なベテランの助産師が多数、勤務しております。
現在は助産師17名、看護師7名が三交代で勤務しています。
病棟は20床で、母乳育児を推進して新生児の完全母児同室を行っています。
また、出産・育児をより安心して過ごしていただけるように、保健指導を行っています。

  • マタニティホール

  • 分娩室

  • スタッフステーション

  • 産科病棟個室 ( 4室 )


MFICU(母体・胎児集中治療管理室)

主にハイリスク妊婦、胎児異常妊婦の集中ケアを行っています。
助産師13名、看護師2名が 三交代で勤務しています。
全室個室ということもあり、精神的ストレスを抱える方が多いため、「MFサロン」を開催したり、必要に応じて臨床心理士が訪室したりしています。

  • MFICU カウンターと病室(個室)

  • MFICU個室 ( バス・トイレ付 6室 )


出産・手術の費用

一切のトラブルの無いお産・手術・処置を行った場合の目安は以下のとおりとなっております。
ただし患者様の持病や何らかの合併症などにより、投薬・処置の追加や、入院期間の延長があった場合は、これを上回る金額となります。
その旨、あらかじめご理解くださいますよう、お願いいたします。

お産の費用

負担割合 入院日数 お産の時刻 合計金額(円)
正常分娩 全額自費 5-6日間 平日昼間 410.000
平日早朝・晩、土曜日 445,000
深夜、日曜・祝祭日 470,000
帝王切開 3割 8日間 平日昼間 365,000
平日早朝・晩、土曜日 390,000
深夜、日曜・祝祭日 415,000
  • 注1.当院は総合周産母子センターでもあるため、母体・胎児集中治療(MFICU入院)や、妊産婦の緊急搬送入院、ハイリスク妊娠・分娩などがあり、これらに該当する方は、追加の費用がかかります。
  • 注2.当院では、できるだけ現金でお支払いいただかなくて済むように、平成21年10月から始まった「出産育児一時金の医療機関等への直接支払い制度」をご利用いただくことを原則としております。所定の手続きを行えば退院時に病院窓口で42万円を差し引いた差額のみ、精算する形をとっています。詳しくは会計窓口までお問い合わせください。

処置・手術の費用

負担割合 入院日数 支払金額(円)
避妊リング挿入 全額自費 なし 35,000~55,000
避妊リング除去 全額自費 なし 8,000~10,000
人工妊娠中絶(妊娠初期) ※ 全額自費 日帰り~2日間 150,000
卵管結紮術 5日間 なし 150,000
子宮円錐切除術 3割 5日間 60,000
腟式子宮全摘術 3割 8日間 220,000
子宮筋腫核出術 3割 8日間 170,000
単純子宮全摘術 3割 8日間 180,000
単純子宮全摘術+付属器切除術 3割 8日間 210,000
腹腔鏡下卵巣腫瘍摘出術 3割 6日間 160,000
腹腔鏡下子宮筋腫核出術 3割 6日間 200,000
腹腔鏡下子宮全摘術 3割 6日間 245,000
子宮鏡下子宮筋腫切除術 3割 6日間 150,000
  • ※妊娠初期の人工妊娠中絶は、医学的・社会的な問題をお持ちの方のみ、お引き受けしております。
  • ※妊娠中期の人工妊娠中絶は、上段の正常分娩に準ずる費用となります。

患者さまへのお願い

診察予約について

初めて受診される患者様は、 予め電話で 病院代表番号(098-888-0123)に御連絡いただき、地域連携室を通して、新患予約してくださいますよう、お願いいたします。

待ち時間短縮のため、予約の無い方は、原則、診察しておりませんので御注意ください。

なお、診察医師の指名女性医師の指定などは、医師の勤務体制の関係上、御希望に沿うことは困難です。御理解・御協力をお願いいたします。

御面会について

12歳以下のお子様のご面会は、感染予防のため、御遠慮くださいますようお願いいたします。

面会時間は、平日は午後3時から午後8時、土日休日は午後1時から午後8時の間となっております。

皆様の御理解と御協力をお願いいたします。

臨床研修制度について

当院は、看護師・助産師・医師になるために必須である臨床研修の指定病院です。当院では、資格を持つ教育担当者の指導・監督のもと、学生・研修医が実習を行っております。

患者様には、臨床実習への御協力をお願いする場合がございます。当院設立の趣旨を御理解の上、積極的に御協力いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

医師臨床研修に関しては、具体的には、入院されますと、外来担当医師の指導下に臨床研修医(卒後1~2年目)、および産婦人科専攻医(卒後3~6年目)が受け持ち医師となります。

お産や手術の際は、上級医の指導のもとに臨床研修医や産婦人科専攻医も立ち会います。

皆様の御理解・御協力、よろしくお願いいたします。
御意見・御質問がございましたら、御遠慮なくお申し出ください。

その他

※当院における医師後期臨床研修制度につきましては、こちらを御覧ください。

※現在、産婦人科医師を募集中です。詳細は求人案内を御覧ください。

ページの先頭へもどる