神経内科

はじめに

神経内科 神里 副部長

神経内科 神里 部長

神経内科が対応する基本的疾患

  • 脳卒中(神経内科で脳梗塞、脳神経外科で脳出血・くも膜下出血を診ます)。
  • けいれんを生ずる疾患(てんかんなど)。
  • パーキンソン病などの神経変性疾患。
  • ジストニアなどのボツリヌス治療。
  • 筋萎縮や筋力低下をきたす疾患。

問診と神経学的診察を中心に、画像検査、電気生理検査、神経・筋病理、遺伝子診断などの特殊検査をふまえて臨床診断を行い、治療方針を決定します。
地域の医療機関と連携した在宅医療の支援を行います。


概要

診療体制

当科は日本神経学会認定の准教育施設で,現在3人の神経内科認定専門医により診療を行っています。
県内・外より神経内科専門診療に関するコンサルテーションを受けています。
神経内科新患の診療は火曜・金曜日(仲地医師;てんかん 他)、月曜・水曜・木曜日(神里医師;神経難病 他)、水曜日(妹尾医師;神経免疫)です。

主な設備

CT、MRI (DWIが可能)、シンチグラフィー、血管造影、頚部血管・経食道エコー。
神経生理検査 (脳波、神経伝導検査、磁気診断、筋電図)。
病理 (神経・筋生検)。 遺伝子検査。

診療の基本方針

  • 脳梗塞の急性期治療を行っています(t-PAも施行)。
     回復期リハビリテーションは県内各施設に協力いただき、慢性期管理は開業の先生方にお願いしています。
  • 神経難病の診断と治療及び在宅療養支援をしています。
  • 開業医師との病診連携をはかっています。 医師やメディカル・スタッフとの勉強会等を行っています。
  • 沖縄県の難病訪問診療事業を行っています(離島や中・北部の神経疾患医療相談・訪問診療など)。
  • 初期・後期研修医師の育成、医療スタッフを育成しています。
      (神経内科認定専門医の取得、理学・作業療法士や看護師への神経内科講義など)。

得意とする分野

  • パーキンソン病の臨床・基礎研究・エピジェノム異常解析、脳深部刺激手術(DBS)。
  • ジストニアや痙縮のボツリヌス治療, 錐体外路障害に対する経頭蓋磁気治療。
  • 免疫性神経疾患や神経難病、脳血管障害の臨床研究。
  • 臨床研究の国際学会での報告、国内での講演を行っています。

診療実績

2015年4月~2016年3月の診療実績です。

外来総数

約1250人
神経内科新患外来は紹介患者を受けつけます。神経内科外来は完全予約制です。

  項 目 人数
1 パーキンソン病、その他の神経難病 年400人
2 ボツリヌス治療 年300人
3 てんかん性疾患 年150人
4 頭痛専門外来 年100人
5 神経生理検査 年250人
6 筋生検 年6人
7 神経生検 年4人

入院総数

268人

  項 目 人数
1 脳梗塞 120人
2 パーキンソン病 40人
3 その他の変性疾患 23人
4 ALS 8人
5 アルツハイマー病、その他の認知症 20人
6 脊髄疾患(HAM/TSP など) 8人
7 免疫性神経疾患 20人
8 脳炎,髄膜炎 15人
9 筋疾患(重症筋無力症, 筋ジストロフィー など) 26人
10 てんかん 40人
11 頭痛重積 2人
12 膠原病その他内科疾患 20人
13 その他  

募集

神経内科常勤医師・臨任医師、及び後期研修医を募集します。
日本内科学会認定医・日本神経学会認定専門医の取得に向けた臨床経験が可能です。
症例研究に関する学会・研究会での発表や誌上発表を行います。

  • 沖縄県医学会総会(2009年12月)

    病棟にて

  • 病棟にて

    病棟にて

  • 重症筋無力症患者会沖縄支部(2012年12月)

    病棟にて

  • 沖縄県医学会総会(2009年12月)

    内科カンファレンス


  • 病棟にて

    WCN-2017
    Kyoto,Japan

  • 重症筋無力症患者会沖縄支部(2012年12月)

    MDS-2017
    Vancouver Britixh Colombia,Canada

  • 重症筋無力症患者会沖縄支部(2012年12月)

    MDS-2016
    Berlin,Germany


研究会・勉強会

  • 沖縄県神経懇話会(毎月 第1土曜日,輪番制)
  • 沖縄県パーキンソン病研究会/勉強会(年4回)
  • 沖縄県脳卒中研究会(年1回)

学会発表12件,論文2編(2015年度)

ページの先頭へもどる