消化器内科

消化器内科部長 林 成峰

消化器内科部長 林 成峰 医師

はじめに

 消化器内科では、手技や治療法において、非常にめざましい発展、進化を遂げていることもあり、常に最新の情報を取り入れ、患者様へ活かしていけるよう、スタッフの間で自己研鑽を重ね、日々の診療にあたっております。現時点では、EUS、ERCPにおいて高名な花田敬士先生のおられる広島のJA尾道総合病院で1年間、超音波内視鏡・ERCP手技を含む国内研修を終えた新里雅人先生が離島中核病院(現在は県立宮古病院)の応援業務を担いながら、後期研修医の指導にあたっているが、残る3名のスタッフが、外科や放射線科医、精神科医と連携をしつつ、より安全かつ的確な医療を提供しています。経験豊かな嘉数雅也元副部長のサポートを受けつつ、次年度に宮古病院業務応援から戻ってくる新里先生を中心に、早期膵癌の発見や胆管結石の治療など、肝胆膵分野のスクリーニングや精査、治療に力を入れつつ、研修医にも積極的に学んでいただいております。


概要

診療体制と主な設備

  • 内視鏡指導医1名(沖縄県立中部病院より応援あり) 専門医3名 ほかスタッフ1名
  • 内視鏡専用室(検査台2台)と透視3室
  • 電子カルテによるオーダーリング、画像ファイリングシステム

当科の特徴

 初期・後期研修医に対し、各種疾患患者の病棟管理や救急対応の仕方などの指導にあたっている。中でも、5床の閉鎖病棟があり、近隣の病院などから紹介されてくる認知症患者など、精神疾患を伴う消化器疾患患者に対し、消化器内科が主治医となって検査や治療を行い、一方で精神科医が担当医として精神症状のコントロールを行うという点でサポート戴いているため、精神科疾患を持つ患者の管理に関しては研修における魅力の一つと考えています。更には、集中治療型の救命救急センターをも有しているため、救急センターと協力し24時間体制で消化器救急疾患に対応しています。

得意とする分野

  • 上部・下部消化管内視鏡;FUJIFILM内視鏡システム;経鼻細径ファイバーを含む
    狭帯域観察や拡大観察や止血術、早期癌の粘膜剥離切開術(ESD)、消化管ポリープの切除、ステント留置術
  • 十二指腸内視鏡(ERCP)による胆道結石や胆道癌に対する治療
    ENBD:内視鏡的経鼻胆管ドレナージ(Endoscopic nasobiliary drainage)
    ENGBD:内視鏡的経鼻胆嚢ドレナージ(Endoscopic nasogallbladder drainage)
    ERBD:内視鏡的逆行性胆管ドレナージ法(Endoscopic retrograde biliary drainage)
    メタリックステント留置術
  • 超音波内視鏡を用いた診断と細胞採取、その他の治療
    • A)超音波内視鏡ガイド下胆管ドレナージ術(EUS-BD;EUS-guided biliary drainage)
      • 1)肝内胆管;超音波内視鏡ガイド下肝内胆管食道吻合術(EUS-HES;EUS-guided hepatico-esopostomy)
        超音波内視鏡ガイド下肝内胆管胃吻合術(EUS-HGS;EUS-guided hepatico-gastrostomy)
      • 2)肝外胆管;超音波内視鏡ガイド下肝外胆管十二指腸吻合術(EUS-guided choledochoduodenostomy;EUS-CDS)
        超音波内視鏡ガイド下肝外胆管胃吻合術(EUS-guided choledochoduodenostomy;EUS-CGS)
      • 3)他の手技;超音波内視鏡ガイド下ランデブーテクニック(EUS-guided rendezvous technique;EUS-RV)
    • B)膵管ドレナージ;超音波内視鏡ガイド下膵管ドレナージ術(EUS-guided pancreatic duct drainage;EUS-PD)
    • C)WON(被包化膵壊死)への治療;超音波内視鏡ガイド下嚢胞ドレナージ術;EUS-guided cyst deainage;EUS-CD)
      膵仮性嚢胞に感染を併発した膵膿瘍や,壊死性膵炎などに伴う壊死組織を伴う液体貯留を内視鏡的に除去。EUSガイド下に瘻孔を拡張し,EUSガイド下に嚢胞を穿刺,瘻孔拡張を行い内視鏡を直接嚢胞腔に挿入。鉗子を用い,腔内の壊死物質の除去後、ドレナージチューブや潅流用の経鼻ドレナージチューブを留置。治療は複数回に渡る。
    • D)EUS/EUS-FNAよる慢性膵炎や早期膵癌の発見
  • 肝炎の診断と治療;インターフェロンフリーによる治療や劇症肝炎の診断・治療など
  • 肝癌の診断と治療;ソナゾイドを用いた造影超音波検査、肝動脈塞栓術(TACE)や肝動注化学療法(TAI/HAIC)
  • 内視鏡的胃瘻造設術;回転可能な透視装置による確認を併用
  • IVR治療;放射線科と連携、2016年10月より、新規機器による治療再開

主な検査について

  • 上部内視鏡(経鼻内視鏡も含む)および下部内視鏡、ERCP、超音波内視鏡検査などの検査
  • 消化管ポリープ切除や早期がんの粘膜切開剥離術
  • 肝炎の診断と治療(インターフェロンフリーを含む治療、劇症肝炎の診断と治療)
  • 肝癌の診断と治療(肝動脈塞栓術 ラジオ波焼灼療法、分子標的治療薬の使用など)
  • 総胆管結石や胆道癌の内視鏡的治療
  • 内視鏡的胃瘻造設
  • 消化管癌のステント留置術

診療実績

実績(2017年1月~12月)

術式 ・ 検査 ・ 治療法 件数
上部内視鏡検査件数 1,463
下部内視鏡検査件数 868
止血術 内視鏡的止血術:上部消化管 138
内視鏡的止血術:下部消化管 28
ERCP関連
(胆道・膵管処置重複例含む)
201
内視鏡的ステント留置術:胆道(ERBD、ENBD含む) 148
内視鏡的ステント留置術:膵管(ERPD、ENPD含む) 64
内視鏡的乳頭切開術 67
内視鏡的結石除去術(うち、EPBDは14件) 40
内視鏡的ステント留置術:食道 2
内視鏡的ステント留置術:胃・十二指腸 11
内視鏡的ステント留置術:大腸 5
粘膜切除 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD):胃 4
胃粘膜切除術(EMR) 2
大腸粘膜切除術(EMR) 236
静脈瘤治療 内視鏡的静脈瘤結紮術 23
内視鏡的静脈瘤硬化療法 5
超音波内視鏡検査 FNAなし 165
FNAあり 12
内視鏡的胃瘻造設 38
イレウスチューブ留置術(内視鏡補助下) 9

研究会・勉強会

院内

  • 火曜日 内科カンファレンス
  • 水曜日 各種カンファレンス
     第1週が消化器内科+外科+病理カンファレンス
     第2週は消化器内科+病理カンファレンス
     第3週は消化器内科+放射線科カンファレンス
  • 木曜日 外科との合同カンファレンス
  • 金曜日 内科グランドラウンド(第1週はモータリティカンファレンス)
  • その他
     研修医への教育レクチャー
     看護師への教育レクチャー

院外

  • 第2火曜日(隔月) 肝臓懇話会(院外開催)
  • 第3木曜日(隔月) 肝胆膵研究会(現在は当院で開催)
  • 第4水曜日(隔月) 内視鏡会例会(県医師会館にて)
  • ○ その他 那覇市医師会での講演会
  • ○ 学会発表 沖縄県医学会総会 日本消化器内視鏡学会九州支部など
  • ○ 論文  沖縄医学会雑誌 沖縄消化器内視鏡会
  • ○ 新聞紙上の健康記事
  • 消化器内科スタッフ+後期研修医一同

    消化器内科スタッフ+後期研修医一同

  • 病理カンファレンス風景

    病理カンファレンス風景


  • 特殊検査風景

    特殊検査風景

  • 特殊検査風景

    特殊検査風景


  • 外科カンファレンス風景

    外科カンファレンス風景


ページの先頭へもどる