小児総合診療科

はじめに

小児総合診療科の目的

  1. 病気を臓器別に診るのではなく、病気のお子さんを全体的に診ること
  2. 小児の診療を行う関係各科の連携の中心となり、チーム医療を推進すること
  3. 重症児の診察および在宅医療の支援

にあります。

概要

診療体制

  • 外来診療は、月曜から金曜の午前中の一般小児科外来を、小児科研修医や他の小児科医師と一緒に担当します。
  • 救急センターでは、月曜から金曜までの日勤帯(9時から17時)の診療を小児科研修医や他の小児科医師と一緒に担当します。
  • 在宅人工換気療法を必要としている重症児の診療および在宅医療の支援を包括的に行います。
  • 一般診療の他に、各自、専門外来を持ち診療を行います。

    安慶田:小児感染症と予防接種外来
    松茂良:小児救急
    松岡:在宅医療外来
    赤峰:小児膠原病
    大川:小児血液免疫

診療の基本方針

  1. 関係各科および院内の各部門と連携し、チーム医療を行います。
  2. 病気だけを診るのではなく、病気のお子さんを全体的に診ます。
  3. 病院の入り口、振り分け機能を持ち、必要に応じて専門診療科へ適切に診療を依頼します。
  4. 研修教育の面では、一般小児科の教育および総合小児科医の育成に力を注ぎます。
  5. 在宅医療を支援します。

得意とする分野

安慶田:小児感染症、予防接種
松茂良:小児救急
松岡:在宅医療、小児科一般、小児循環器
赤峰:小児科一般、小児膠原病
大川:小児科一般、小児血液免疫

小児総合診療科 医師募集



当院の特徴

 
  • 専門診療科と周産期母子医療センター・PICUを持つ沖縄県の小児医療の最終病院
  • 初期から3次救急のすべての小児患者を受け入れる小児救急救命センター
  • 全国唯一の総合病院併設型のこども病院として、慢性疾患の成人期移行を支援
  • 臨床初期研修、小児科専門研修の基幹施設として、卒後5年目に離島の中核病院で総合小児診療と子どもたちの健やかな成長の手助けができる小児科医師を育成

小児総合診療科には現在4名のスタッフ医師が在籍しています。一般小児科診療と救急診療に加えて、他院で診断や治療困難例の診療、虐待対応、他科との併診、PICUからの継続診療を行っています。また在宅療養患者の外来・入院管理、PICUやNICUからの在宅移行支援、訪問診療も行っています。
当院は症例が非常に豊富で、沖縄県特有の疾患や専門領域の稀な疾患まで経験を積めます。また高い離婚率や子ども貧困率など複雑な家庭環境と向き合いながら、幅広い視野のもと子ども達にとって最善の利益を考える姿勢を養うことが可能です。

サブ・スペシャリティ研修前後の若手医師で、広い視野に立った小児診療と研修医の教育に興味がおありの先生、一緒に仕事をしませんか?

待遇ほか詳細に関しては下記まで気軽にお問い合わせください。

担当:総務課 TEL:098‐888‐0123(代表)、E-mail:xx036072@pref.okinawa.lg.jp

ページの先頭へもどる