小児麻酔科

はじめに

近年、医学の進歩により手術適応患者数は増加の一途を辿っております。以前ならば諦めなくてはならなかった状態の患者さんでも手術に臨めるようになって来ているのです。
当然、手術前後の安全管理には高いレベルが求められるようになりました。患者さんが安心して手術に臨むには、この安全管理を専門とする麻酔科医の存在がかかせません。

また無闇に患者さんに我慢を強いる事も、最早許される時代ではなくなりました。患者さんの安楽もまた高いレベルで求められてきているのです。
つまり我々麻酔科医の使命は「安全で快適に手術を受けていただくこと」にありと考えております。

よく麻酔管理の業務は飛行機の操縦に例えられます。飛行機を予定通り離陸させ、飛行中は様々な天候の変化、色々なトラブルを乗り越え、そうして目的地に安全に着陸させなくてはならないのです。手術中は、麻酔科医がパイロットだと言えます。


診療科の紹介

診療科の特徴

当院には小児専門部門、周産期母子センターが併設されており、成人だけではなく小児や妊婦さんに対する麻酔管理も数多く行われております。
心臓の手術が多い事も特徴です。小児・成人の両方の領域でおのおの100例/年を超える手術件数がある点は国内でもユニークと言えます。
また、地域の中核病院という性格上、緊急手術の比率が高くなっております。

診療体制

8名のスタッフ医師で日々の麻酔管理業務を担っております。当直体制により、24時間365日対応しております。
日本麻酔科学会認定施設であります。

医師の構成

琉球大学医学部生体制御医科学講座麻酔科学分野の教室と連携し、人員の確保及び離島への医療支援を行っております。

與座 浩次 S62年卒 麻酔科部長 日本麻酔科学会指導医
厚生労働省標榜医
医学博士
日本小児麻酔学会認定医
川端 徹也 H4年卒 小児麻酔科部長 日本麻酔科学会指導医
厚生労働省標榜医
日本小児麻酔学会認定医
比嘉 久栄 H16年卒 小児麻酔科医師 日本麻酔科学会専門医
厚生労働省標榜医
野中 信一郎 H16年卒 麻酔科医師 日本麻酔科学会専門医
厚生労働省標榜医
桃原 志穂 H18年卒 小児麻酔科医師 日本麻酔科学会専門医
厚生労働省標榜医
松岡 慶 H19年卒 麻酔科医師 厚生労働省標榜医
橋爪 勇介 H20年卒 麻酔科医師 厚生労働省標榜医
呉屋 太章 H18年卒 小児麻酔科医師 日本麻酔科学会専門医
厚生労働省標榜医
日本小児麻酔学会認定医

外来診療

小児日帰り手術症例、当日入院症例及び術前コンサルト症例に対応。なお当院ではペインクリニック(痛みの外来)は行っておりません。

診療の基本方針

新生児から御高齢の方まで、皆さんが安心して手術を受けられる様にすることです。

診療実績

2016年(1-12月)の手術件数内訳

診療科 手術件数
外科 374
小児外科 325
整形外科/小児整形外科 284/47
産科/婦人科 263/74
形成外科/小児形成外科 206/124
眼科 218
成人心臓血管外科 235
小児心臓血管外科 140
脳神経外科/小児脳神経外科 152/59
耳鼻咽喉科 262
小児循環器科(心臓カテーテル等) 197
皮膚科 62
歯科口腔外科 162
ほか(mECT、MRI検査含む) 233
3,417
  • ※小児MRI検査の麻酔や精神科電気痙攣療法などにも対応しております。

学会

日本麻酔科学会、日本臨床麻酔学会、日本小児麻酔学会、沖縄県麻酔研究会、九州麻酔学会、日本心臓血管麻酔学会ほか

研究会・勉強会

週日は毎朝8:00より術前のカンファレンス
午前7時45分~8時00分 症例検討会
午前7時30分~8時00分 麻酔勉強会(看護師・研修医対象)
午前7時30分~8時00分 論文抄読会

春と秋に開かれる沖縄県麻酔研究会に際し、幹事施設の一つとして活動しております。

ページの先頭へもどる