歯科口腔外科

診療内容・特色

 平成28年度より、常勤歯科医師3名、嘱託歯科医師1名、歯科衛生士6名、言語聴覚士2名で診療を行っています。また他に、県立病院応援歯科医師2名による専門外来や手術日もあります。また他の県立病院への外来診療応援や手術応援も行っています。

対象疾患

顎骨内に埋伏した歯の抜歯や智歯抜歯、顎骨に関わる炎症、粘膜疾患、顎関節疾患、顎顔面外傷、唾液腺疾患などを中心に行っています。また、これ以外に口が渇いた感じがする・違和感がある、舌がヒリヒリする・熱い感じがする、などの症状も対象疾患となっています。
その他、開業歯科で困った症例など様々な疾患にも対応できるよう努めさせて頂きます。

専門的な分野

顎変形症(アゴが小さい、大きい、出ている、ゆがんでいる、前歯で噛めないなど)に対する外科的矯正治療(矯正治療、外科矯正手術)を複数の日本矯正歯科学会認定医と連携をとりながら行っています。
口唇口蓋裂患児/者に対する治療を当院の特徴を生かした複数の診療科と連携を取り、チーム医療により出生から成人まで専門的な治療を行っています。

その他

当科では、3名の歯科衛生士が日本口腔ケア学会の認定4級を取得し専門的知識を持ちケアにあたっています。

今後力を入れたいところ

収受月の口腔管理を行い合併症の減少を行っていきます。
嚥下障害に対する治療を耳鼻科、リハビリテーション科や他の診療科と連携をとりながら、より専門的な治療を行っていきます。
※当科では以下の治療は行っておりません。
・健常者の歯科治療

外来・手術日

手術日は、月曜日と金曜日となっていますが、手術中以外は可能な限り月曜日から金曜日まで新患を受けつけています。

口腔外科一般外来、その他

顎変形症・外傷 比嘉努
(日本口腔外科学会専門医)

銘苅泰明
(日本航空外科学会認定医、日本小児口腔外科学会認定医)
摂食嚥下リハビリテーション担当・
障害者歯科
幸地真人
(日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士、日本口腔外科学会認定医)
言語外来担当 大濱 藍
(言語聴覚士)
前川隆子
(言語聴覚士)
休診 比嘉桂子

県立応援歯科医師

口唇口蓋裂外来 新垣敬一
(日本口腔外科学会指導医、専門医)
水曜日
矯正専門外来 天願俊泉
(日本矯正歯科学会認定医)
月曜日・金曜日

ページの先頭へもどる