放射線技術部

一般撮影

受付

放射線科受付

  • 当日は自動再来受付機 総合受付をすませ放射線受付までお越しください。
  • 放射線受付で検査の受付を済ませたら、案内があるまで待っていただきます。
  • 撮影する部位によって専用の装置を使用するため受付順番と撮影順番が入れ替わる場合がありますのでご了承ください。
  • 緊急患者については優先して撮影を致しますので皆様のご協力をお願いします。
  • 撮影が終わっても長時間待たれる場合は受付に申し出てください。
  • 耳、口、目の不自由な方は前もって受付または、技師に申し出てください。

当院では、3つの検査室があります。

  1. 一般撮影室

    一般撮影室

    小児撮影の時に使用します。

    DiDi(PHILIPS社)


  2. 一般撮影室

    一般撮影室

    整形撮影を主に行っています。

    DiDi(PHILIPS社)


  3. 一般撮影室

    一般撮影室

    胸腹部を主に撮影しています。

    (TOSHIBA社)


注意事項

  • 指示があるまで入室しないでください。
  • 機械器具には手を触れないでください。
  • 検査により検査着に着替える場合があるので検査当日は着脱のしやす服装でお越しください。
  • 介助等で立ち入る場合は技師の指示に従ってください。
  • 妊娠、あるいはその可能性のある方は医師又は技師に申し出てください。
  • 現金貴重品には十分注意してください。

ページの先頭へもどる

CT検査

人体を輪切りにする平面の円周上において種々の角度からX線を照射し、人体を通過したX線を計測し、コンピュータを使い輪切り断面を画像化するのが、CTです。人体内の骨・液体成分・空気などの微妙な変化を細かく濃淡として表すことができます。従来のレントゲン写真では、わからなかった微細な病変をみつけることができます。また、臓器の重なりが問題になることもありません。短時間で胸腹部の広範囲な撮影ができるようになり、脳血管や大動脈の血管、骨などの三次元表示が可能です。検査時間が短いため緊急の場合でもすばやく検査できる特徴があります。

受付

CT受付

  • 当日は自動再来受付機 総合受付をすませCT受付までお越しください。
  • CT受付で検査の受付を済ませたら、案内があるまで待っていただきます。
  • 長時間経っても呼ばれない方は、受付に申し出てください。
  • 緊急患者については優先して撮影を致しますので皆様のご協力をお願いします。

注意事項

Brilliance CT(PHILIPS)

Brilliance CT(PHILIPS)

  • 造影CT検査が午前中の場合、朝食は食べないでください。造影CT検査が午後の場合昼食は食べないでください。(朝食は食べてください。)
  • 検査が単純CT検査だけの時は食事をなさってもかまいません。
  • 検査前に排尿を済ませてください。
  • 検査時間は、単純CT検査で10~20分前後、造影CT検査で20~30分前後です。
  • 妊娠の可能性のある方は、主治医又は技師・看護師にお話ください。
  • 乳幼児の検査の場合、眠剤を使用することがあります。検査予約時間の1時間前には担当外来にいらしてください。造影CT検査があり、注射の準備が必要なときでも同様です。
  • 検査の中止又は延期される場合は連絡ください。

ページの先頭へもどる

血管造影検査

血管は、X線写真で写すことが困難です。そこで、カテーテルというプラスチック製の細い管を鼠頚部や肘等の動脈から挿入し、目的の動脈まで選択的に進めていきます。そこから造影剤を注入して、血管や心臓の形態、血流状態から診断します。さらに、血管の狭窄部位をひろげる血管拡張術、腫瘤の栄養源となる動脈を人為的に閉塞させる動脈閉塞術などの治療なども並行して行われます。

  • アンギオ撮影装置(GE社)

    アンギオ撮影装置
    (GE社)

  • 循環器アンギオ撮影装置(フィリップス社)

    循環器アンギオ撮影装置
    (フィリップス社)


ページの先頭へもどる

放射線治療検査

放射線治療検査は、悪性腫瘍が正常組織より放射線に対する影響を受けやすいという性質を利用しています。放射線照射によって、悪性腫瘍は消滅・縮小するが、正常組織は障害が発生することがあっても回復する、ということが放射線治療の原理です。放射線療法(放射線治療検査)、化学療法、手術療法の3種類の治療を単独あるいは組み合わせることにより相乗効果をねらって治療することができます。

受付

放射線科受付

  • 当日は自動再来受付機 総合受付をすませH、RI・放射線治療受付までお越しください。
  • H、RI・放射線治療受付で検査の受付を済ませたら、案内があるまで待っていただきます。
  • 検査当日は、予約の15分前までに放射線治療室にお越しください。
  • 乳児は睡眠剤を使用することがありますので、予約の1時間前にお越しください。
  • 検査当日は着脱に便利な服装で御来院ください。
  • 検査中は動かないようにしてください。体調不良、痛みがあり姿勢を保っているのが辛い時は、前もってお知らせください。
  • 放射線照射すると、皮膚が過敏になります。
  • 放射線を照射する部位には、インクで皮膚にマークが付けられます。消さないように注意しましょう。

照射回数が増えてくると疲労感が増してくることがあります。


検査の手順

治療(バリアン社)

  • 放射線治療を受けるにあたり、はじめに放射線治療専門医師の診察を受けることになります。そこで、検査データや過去の履歴から治療の可否、照射範囲、治療スケジュールなどが決定されます。
  • 治療計画の準備として現在の腫瘍の大きさ、位置関係を把握するために、X線シミュレータ(X線撮影)やCT、MRなどを実施して画像データを取得します。又照射位置を正確に合わせるために患者さまの皮膚へ印を付けたり、シェル(熱を加えると軟らかくなり冷却すると硬くなる固定具)を作成します。取得した画像データを治療計画装置へ転送し実際に治療する範囲、方向、放射線の種類、量、回数といった治療スケジュールを立てます。
  • 皮膚(シェル)へ付けた印と放射線治療装置とを正確にあわせ放射線を照射します。照射時間は1分程度ですが、毎回正確に同じ位置へ合わせるため放射線治療室への入室から退出までにかかる時間は10~30分くらいです。

連絡先

沖縄県立南部医療センター・こども医療センター

代表 098-888-0123

受付時間 月~金曜 9:00~16:00

ページの先頭へもどる

乳房撮影検査

乳房撮影は、マンモグラフィーとも言われています。乳房を専用X線装置を使用して撮影します。触知不能な乳がんや乳腺の異変などを検出するに有効な方法です。撮影された写真(MMG)より、腫瘤陰影や微細石灰化などの異常陰影を分析し 乳腺疾患を診断するための検査です。

受付

受付

  • 当日は自動再来受付機 総合受付をすませ放射線科受付までお越しください。
  • 放射線科受付で検査の受付を済ませたら、案内があるまで待っていただきます。
  • 耳、口、目の不自由な方は前もって受付または、技師に申し出てください。

注意事項

  • 検査当日の食事は、制限する必要はありません。
  • 妊娠、あるいはその可能性のある方は医師又は技師に申し出てください。

検査の方法

GE Senographe DS(GE社)

GE Senographe DS(GE社)

  • まず、視・触診を行います。視診によって、左右乳房の比較、乳頭や乳房皮膚のへこみ、潰瘍や発赤等を確認します。また、視診ではしこりの有無やしこりのある場所・その大きさ・形状や硬さ等をチェックします。
  • 撮影のため乳房を約4~5cmに数十秒間圧迫します。個人差にもよりますが、圧迫による痛みも伴います。どうしても我慢できない場合は、遠慮なくおしゃってください。
  • 検査は個々により変わりますが、通常は20分以内で終了します。
  • 結果については、当日あるいは後日、受診している外来でお聞きください。

ページの先頭へもどる

MRI検査

MRIとは磁場と電波を用いて人体の画像を撮影する装置です。X線を利用しないので被曝の心配はありません。頭部や腹部をはじめ人体各部の病巣(出血・腫瘍など)の検索と、従来の各種検査法では、困難とされていた脳幹部から脊髄にいたる中核神経系や頚部の診断に威力を発揮します。CT検査が人体を輪切りにした断層像を映し出すのに対し、MRIは見たい断面を縦・横・斜めなど任意に表現できるという特徴を持っています。

受付

受付

  • 当日は自動再来受付機 総合受付をすませ放射線科受付までお越しください。
  • 放射線科受付で検査の受付を済ませたら、案内があるまで待っていただきます。
  • 検査当日は、予約の15分前までにMRIにお越しください。
  • 乳児は睡眠剤を使用することがありますので、予約の1時間前にお越しください。

注意事項

  • 検査当日は着脱に便利な服装で御来院ください。
  • 検査当日の食事は、制限する必要はありません。
  • 手術で体内にペースメーカ、クリップ、ワイヤー、プレート、その他の磁性体を入れている方、体内に砲弾の破片等のある方、義歯、義眼、刺青、アイシャドーしている方は検査前に医師又は技師に申し出てください。
  • 強い磁気を用いて行う検査のため、ヘアピン、ネックレス、ピップエレキバン、メガネ、補聴器、磁気カード類、時計、ライター、ベルト、筆記用具、硬貨、その他の磁性体等は検査室内に持ち込めません。造影検査で午前中に検査がある場合には朝食は絶食、午後の検査の場合は朝食は軽食、昼食は欠食にしてください。水、お茶は飲んでも頂いてもかまいません。
  • 予約時間になっても緊急を要する方を優先することがあり、検査が遅れる場合があります。予めご了承ください。
  • 入院された場合は入院時に予約票を病棟詰め所に提出してください。
  • 予約日に来院できない時は、診察を受けた診療科にご連絡ください。

連絡先

沖縄県立南部医療センター・こども医療センター

代表 098-888-0123

受付時間 月~金曜 9:00~16:00

検査の方法

MRI(PHILIPS社)

MRI(PHILIPS社)

  • MRI検査は大きな円筒の中で、強い磁気を利用して体内の情報を映像化するもので、無痛でしかも安全な検査です。
  • 検査は、約30~1時間程度で済みます。(通常、検査前に排尿しておきます。)
  • 検査中に「ドンドン」という音がしますが、心配いりません。その間は、体を動かさないでください。
  • 検査によっては静脈注射をすることがあります。
  • その他、不明な点は医師、または技師にお尋ねください。

ページの先頭へもどる

RI検査

RI(ラジオアイソトープ)検査とは、微量の放射線を出す放射性医薬品(RI)を体内に投与し、体の状態を画像や数値として評価する装置です。血流や代謝など機能的変化を画像化し、疾病の診断、病期や予後の確認、治療効果の判定に有用な情報を提供してくれます。

受付

放射線科受付

  • 当日は自動再来受付機 総合受付をすませH、RI・放射線治療受付までお越しください。
  • H、RI・放射線治療受付で検査の受付を済ませたら、案内があるまで待っていただきます。
  • 検査当日は、予約の30分前までにRI室にお越しください。
  • 乳児は睡眠剤を使用することがありますので、予約の1時間前にお越しください。

注意事項

RI(TOSHIBA社)

RI(TOSHIBA社)

  • 検査当日は着脱に便利な服装で御来院ください。
  • 検査が午前中の場合、朝食は食べないでください。検査が午後の場合昼食は食べないでください。(朝食は食べてください。)
  • 金属製品(ヘアピン、ネックレス、ピップエレキバン、メガネ、補聴器、磁気カード類、時計、ライター、ベルト、筆記用具、硬貨、その他の磁性体等)は検査室内に持ち込めません。

  • 妊娠中の方、及び妊娠の可能性のある方は検査を行わない場合がありますので予約時及び検査前にお知らせください。
  • 検査の内容によって、体内に投与する放射性医薬品が異なります。わからないことがありましたら医師、放射線技師にお尋ねください。
  • 予約時間になっても緊急を要する方を優先することがあり、検査が遅れる場合があります。予めご了承ください。
  • 予約日に来院できない時は、診察を受けた診療科にご連絡ください。

  • 放射性医薬品を体内に投与します。
  • 検査開始時間は、検査の種類によって異なります(数分後~数日後)。検査時間は30分から1時間ほどかかります。
  • 装置の寝台に寝てもらい検査します。撮影中は身体を動かないでください。機械が身体の近くにきたりします。
  • 検査中何かあれば、動かず声をおかけください。

連絡先

沖縄県立南部医療センター・こども医療センター

代表 098-888-0123

受付時間 月~金曜 9:00~16:00