オプトアウトについて

 

研究情報の公開について(オプトアウト)

 

当院では、医療の発展と向上を目指し、通常の診療に加えて患者さまを対象とした臨床研究にも取り組んでいます。
このような研究を行う際は、文部科学省や厚生労働省の倫理指針などに基づき
「対象となる方に不利益か及はないか」「人権か守られた内容となっているか」
などについて、当院の職員および当院と利害関係のない外部委員で構成される臨床研究倫理審査委員会で審査を行っています。
 
通常、医師や他の職員が研究者として臨床研究を実施する際には、文書を用いて患者さまに説明し研究への同意を取得しますが、患者さまへの侵襲や介入がなく診療情報等の情報のみを用いる臨床研究については、国か定めた指針で「対象となる患者さまのお一人ずつから直接同意を得る必要はありません」とされており、その場合は研究の目的を含めて研究の実施についての情報を公開し、さらに研究への参加を拒否できる機会を保障することが必要とされています。
 
例えば、検査の際に採取した尿や血液等の残余検体や、過去の診療記録を遡って調べるような研究がそのような研究に該当します。(ただし、尿や血液等については、検体を保存した際に将来的な研究目的での保存に関し文書を用いて同意を取得した検体のみか対象になります。)
更に、改めて同意取得が可能な場合には、実施に際し十分に説明させていただいたうえで同意を得るようにいたします。
 
研究に関する情報を公開し、研究への参加を拒否する機会を保障するこのような手法は、
「オプトアウト」と呼ばれます。
以下の各研究はオプトアウトにより行われます。
各研究の詳細を知りたい場合や研究への協力を希望されないなどの場合には、担当医までご連絡いただけますようお願い申しあげます。

臨床研究について

当院で実施している臨床研究は、次のとおりです。

ページの先頭へもどる