救急科

救命救急センター紹介

はじめに

梅村武寛 部長

部長 梅村 武寛

<救命救急センターとは>
急性心筋梗塞、脳卒中、多発外傷などの重篤な患者に対し高度な医療を提供する三次救急医療機関のことです。

<診療概要>
救急科は、ERとICU、一般病棟を担当し診療を行っています。ERでは、小児から成人まで年齢や疾患に関係なく、歩いて来院される方から救急車で搬送される方まで幅広い診療を行っています。多発外傷など重篤な患者の初期診療は救急科が中心となって行い、必要に応じて専門科へ橋渡しをしたり、共同で診療を行っています。
多発外傷、敗血症性ショックなどの重篤な患者や中毒、蘇生後などの救急疾患の入院は救急科が担当し、必要に応じて他科と連携して治療を行っています。

また、多種多様な患者さんを診療するERは経験を積むには非常に良い修練の場でもあります。教育病院として、明日の医療を担う研修医を育てることも大切な使命だと考えております。当院では各科医師が研修医をバックアップしながら一緒に診療を行っております。


  • 待合室

  • 診察室

  • 初療室

    初療室

  • 観察室

  • 指導風景

    指導風景

  • 勉強会

    勉強会

  • 救急車

    救急車

  • Staff


施設概要

名称

沖縄県立南部医療センター・こども医療センター ER

認定

救命救急センター
日本救急医学会認定 救急科専門医指定施設

設備

ICU日本集中治療専門医 認定施設

個室診察室5(うち産婦人科診察室1)

初療室(4床)

救急車で来られた方や状態のよくない方を診療する場所です。

観察室兼入院室(21床、うち陰圧隔離室の7部屋)

経過観察や、朝までの入院をする部屋です。

トリアージカウンター

最初に患者さんの状態を把握する場所です。

処置室

主に縫合処置やギプス固定をする場合に使用します。

スメア室

グラム染色、抗酸菌染色を行います。

除染シャワー室

毒物の除染除去などに使用します。

人工呼吸器、ジェットベンチレーター

モニター付き除細動器3台

血液ガス分析器

X線透視装置Cアーム(骨折脱臼整復用)

LEVEL1 (急速加温輸液輸血装置)

搬送用保育器

フィルムレスX線システム(PACS)

ER専用受付事務

時間外院内薬局

ICU 3階にあります

関連設備

放射線部門(X線・CT・MRI・血管造影)

ERのすぐ隣にあります。

臨床検査部門

検体搬送システムで直結しています。

ヘリポート

道路を挟んですぐ近くにある県の病害虫駆除センターのヘリポートを使用しています。

2016年度実績

◎総受診患者数 36,217人(1日平均99人)

年齢別受診者数 成人 15,674人(43%)
小児 20,543人(57%)
救急搬送件数 4,659件(13%)
入院患者数 5,898人(16%)