当院の特徴

各科のカンファレンス及びフィードバック

各科で朝のカンファレンスや、内科抄読会、在沖縄米国海軍病院とのジョイントカンファレンスなど各種カンファレンスを多数設けています。また、指導医から研修医へフィードバックを行うなど、診療能力を身に付けるサポートをしっかりと行っています。

  • フィードバック(ER)
  • カンファレンス(小児科)
  • カンファレンス(内科)
  • カンファレンス(ER)

コアレクチャー

初期研修医向けに毎日12:15~13:00に開かれ、昼食をとりながら基礎的な医学知識を座学や実践形式で学びます。

平成29年度日程はこちら

  • コアレクチャー 縫合実習
  • コアレクチャー
  • コアレクチャー
  • コアレクチャー

360度評価(多面他職種評価)

医師・看護師・医療従事者から自身を評価してもらいたい方を選んで評価して頂きます。フリーコメントには良い悪いを含め、日頃から関わっている方だからこそ言えるコメントがもらえます。この評価からでた評価点を元に年度の各年次ベストレジデントを選出します。

  • 360度評価(多面他職種評価)
  • 360度評価(多面他職種評価)

CPC(臨床病理検討会)

剖検例を対象として、初期研修中に必ず1回は主治医と相談しながら病理側と一緒に発表します。初期研修修了認定の1つである32項目のレポート提出項目の1つでもあるので、発表が終わったらレポートを作成・提出することが必須となっています。

  • CPC(臨床病理検討会)
  • CPC(臨床病理検討会)

地域研修・離島診療所研修

初期研修2年次の必修プログラムであり、1ヶ月間の研修(離島診療所と本島内クリニックを各2週間ずつ)を行います。離島研修の合間には、地元の方と直に交流の機会もあり、より地域へ密着した時間を味わうことができます。

  • 地域研修・離島診療所研修
  • 地域研修・離島診療所研修

学会発表

  • 学会発表

研修管理委員会は、沖縄県医師会主催の県医学会の発表を推進しており、初期研修医は2年間で1人1回は発表するという方針です。もちろん専攻医、指導医も発表します。平成27年度には沖縄県医師会医学会賞(研修医部門)で当院研修医が最優秀賞を受賞しました。


ICLS

  • ICLS

初期研修中に必ず受講していただくよう推奨しています。おきなわクリニカルシミュレーションセンターにて1日かけてトレーニングを行います。


PBLS

小児科専攻医が中心となり、患児の家族に1次救命措置を人形を用いてやさしく指導しています。

  • PBLS
  • PBLS

FRESH EYE

初期研修1年次が演者となり、第1期(入職から最初の4ヶ月間)をローテートしての研修に対するプレゼンテーションを職員全体に発表します。

  • FRESH EYE
  • FRESH EYE

院外研修報告会

初期研修2年次になると選択期間に希望で院外研修も行えます。院外で学んだことや感じたこと研修内容等を職員全体に発表します。平成27年度は、沖縄協同病院小児科、石巻赤十字病院救急科、後期研修医はKapiolani Medical Center(ハワイ大)での研修報告をしました。

  • 院外研修報告会
  • 院外研修報告会

各種イベント

医局主催の歓迎ビール祭りや嘉例(かりー)の日(上級医や研修医が肩を並べてカレーを食べるイベント)、互助会主催の観月会、プレパレンジャー(金城小児外科部長を中心とする医師、コメディカルからなるボランティアのチャイルドライフサポート・チーム)開催の夏祭りやクリスマス会、餅つき大会があり、上級医、また院内の多職種のヘルスケアチームと一緒に楽しく交流を深めることができます。

  • 4月 沖縄県医師会 歓迎レセプション

    4月 沖縄県医師会 歓迎レセプション

  • 8月 夏祭り

    8月 夏祭り


  • 10月 ハロウィン

    10月 ハロウィン

  • 11月 カレーの日

    11月 カレーの日


  • 12月 忘年会

    12月 忘年会

  • 1月 もちつき大会

    1月 もちつき大会