外科 初期臨床研修カリキュラム

初期研修1年目

1.目標

  • (1)プライマリ・ケアに必要とされる基本的な外科的診療能力を1年目に割り当てられる3ヵ月間でできるだけ習得する
    1. 患者への医療面接ができる
    2. カルテ記載ができる
    3. 受け持ち患者に対し、基本的検査を計画、その結果を説明できる
    4. 医の倫理に配慮し、患者、家族に対し適切な態度と習慣を身につける
    5. 看護師、パラメディックスとの適切なコミュニケーションができる
    6. 生涯学習を行うための方略の基本を習得する

2.経験すべき目標

  • (1)検査
    1. 血算、血液生化学の解釈ができる
    2. 心電図の実施、解釈ができる
    3. 動脈血採血を経験、血液ガス分析、解釈ができる
    4. 呼吸機能検査の解釈ができる
    5. 超音波検査の実施、解釈ができる
    6. 内視鏡検査 適応の判断と解釈を経験する
    7. 造影レントゲン検査、適応の判断と解釈を経験する
    8. CT、MRI、核医学検査、適応と解釈を経験する
  • (2)基本的手技
    1. 末梢静脈ラインの確保
    2. 中心静脈ラインの確保
    3. バッグマスク人工呼吸
    4. 気管内挿管
    5. 胸腔穿刺
    6. 腹腔穿刺
    7. 導尿法、膀胱留置カテーテル挿入
    8. 胃管挿入と管理
    9. 局所麻酔と簡単な皮膚縫合術
    10. 創部の処置
    11. 簡単な切開、排膿術
  • (3)基本的治療法
    1. 入院患者の療養指導(安静度、食事、排泄など)
    2. 輸液法(維持、補充、補正)を理解・習得する
    3. 輸血法の習得

3.その他

初期研修2年目

1.目標

2年目は、研修医の希望により2−6ヵ月間の外科系研修を受けることができ、内容的には1年目の研修より外科患者に対する検査、治療計画、手術等へのより積極的、主体的な関与を習得する。さらに外科的手技についても、指導医のもとにより広い範囲の手技をまかされることとなる。

2.経験すべき目標

  • (1)検査
    1. 血算、血液生化学の解釈ができる
    2. 心電図の実施、解釈ができる
    3. 動脈血採血を経験、血液ガス分析、解釈ができる
    4. 呼吸機能検査の解釈ができる
    5. 超音波検査の実施、解釈ができる
    6. 内視鏡検査 適応の判断と解釈を経験する
    7. 造影レントゲン検査、適応の判断と解釈を経験する
    8. CT、MRI、核医学検査、適応と解釈を経験する
  • (2)基本的手技
    1. 末梢静脈ラインの確保
    2. 中心静脈ラインの確保
    3. バッグマスク人工呼吸
    4. 気管内挿管
    5. 胸腔穿刺
    6. 腹腔穿刺
    7. 導尿法、膀胱留置カテーテル挿入
    8. 胃管挿入と管理
    9. 局所麻酔と簡単な皮膚縫合術
    10. 創部の処置
    11. 簡単な切開、排膿術
  • (3)基本的治療法
    1. 入院患者の療養指導(安静度、食事、排泄など)
    2. 輸液法(維持、補充、補正)を理解・習得する
    3. 輸血法の習得

3.その他