病理診断科 専攻医研修プログラム

病理診断科 専攻医研修プログラム

1.プログラムの目標

日本病理学会専門医受験資格取得を目指すための研修

2.プログラムの特徴

初期研修終了後、病理専門医取得まで対応できる病理研修プログラムを作成しており、将来病理医を目指す医師に広く門戸を開く。当院がこども病院の機能より成人の悪性腫瘍まで対応している事に伴い、これに応える病理診断及び研修システムを整備している。臨床の現場での病理トレーニングが、その後の経験にも大きな財産となると思われる。他科研修医の短期病理研修にも対応する。

3.指導医

仲里 巌(なかざと いわお) 病理診断科部長
日本病理学会専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医

4.研修内容

  • (1) 研修の流れ
    午前 細胞診、組織診(生検例と手術例)検鏡と所見記載、病理診断を行う
    午後 手術標本の切り出し、診断症例を病理専門医と検鏡する
    緊急検査 術中迅速診断 剖検
    CPC準備 各科のCPCのための症例の整理・文献検索などの準備
    自主研修 ティーチングファイル(典型例や難解例など)による診断訓練を行う
  • (2) スケジュール
    毎月1回 産婦人科との症例カンファレンス
    毎月1回 外科との症例カンファレンス
    毎月1回 消化器科との症例カンファレンス

5.獲得可能資格

  • 日本病理学会専門医受験資格
  • 日本細胞学会専門医受験資格

6.連携施設及び科

  • 日本病理学会登録施設
  • 日本臨床細胞学会施設認定

7.採用人数

若干名