放射線科 専攻医研修プログラム

放射線科 専攻医研修プログラム

1.プログラムの目標

高度先進医療センターとしての放射線治療及びIVRの研修。
臨床に即した画像診断や関連手技の研修。

2.プログラムの特徴

救急・急性・慢性疾患のいずれも症例は豊富です。
IVRでは血管内・非血管ともに専門性の高い治療を多数行っており、豊富な症例数を経験できます。
放射線治療は県内随一の高度先進施設であり、IMRTも多数行っており、豊富な症例数を経験できます。

3.指導医

我那覇文清(がなは ふみきよ) 放射線科部長
日本医学放射線学会専門医
日本IVR学会専門医ステンドクラフト指導医
脈管専門医
伊良波史郎(いらは しろう) 放射線科副部長
日本医学放射線学会専門医
日本放射線腫瘍学会専門医
マンモグラフィ精度管理委員会認定医

4.研修内容

放射線診断学・IVR・放射線治療何れの分野でも、放射線科専門医を目指す研修医が対象です。

5.獲得可能資格

平成19年4月 日本医学放射線学会の修練期間認定(診断・治療)
平成20年1月 日本インターベンショナルラジオロジー学会専門医修練施設認定

6.連携施設及び科

琉球大学医学部・放射線科

7.採用人数

若干名