耳鼻咽喉科 専攻医研修プログラム

耳鼻咽喉科 専攻医研修プログラム

1.プログラムの目標

耳鼻咽喉科疾患の理解のため、日常臨床の救急、そして慢性疾患の手術、良性、悪性腫瘍の診断、手術を実地研修する

2.プログラムの特徴

耳鼻咽喉科は頭頸部領域の多岐にわたる疾患を担当し、多くの感覚器(聴覚、前庭覚、嗅覚、味覚、視覚など)を取り扱う感覚器外科として他科と一線を画しています。耳鼻咽喉科は大きく耳科学、鼻科学、口腔咽頭科学、喉頭科学、頭頸部腫瘍学の五つに分けることができますが、めまい・耳鳴りやアレルギー性鼻炎など内科的治療が中心となる分野があり、当科では内科的スキルと外科的スキルの両者をバランス良く携えた医師の育成に努めています。耳科学分野では中耳炎に対する鼓室形成術を行っています。鼻科学分野では、内視鏡を使用した低侵襲手術を導入し、内視鏡下副鼻腔炎手術・アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術・副鼻腔腫瘍切除などに取り組んでいます。口腔咽頭科学分野では、睡眠障害に対する口蓋扁桃摘出術や軟口蓋形成術を行っています。喉頭科学分野瘍学分野では、機能・形態の温存と根治性向上を両立させるため、化学療法・放射線療法・手術療法を適宜組み合わせて治療します。関連病院を含め一般疾患から難治例まで幅広く研修することができます。

  1. (1)研修内容
    日本専門医機構の専門研修プログラムに準拠した耳鼻咽喉科後期研修プログラムに準じて行う。研修初期から第一執刀医として手術を行う。
    2016年実績:253症例(術式数445件)
  2. (2)週間スケジュール
    月・火・木曜日:外来。外来患者数:約50人/日。
    水・金曜日:手術。
  3. (3)年間スケジュール
    日本耳鼻咽喉科学会地方部会学術講演会(2回/年)
    沖縄耳鼻咽喉科懇話会(数回/年)
    日本耳鼻咽喉科学会学術講演会はじめ全国関連学会多数
    AAO-HNSF ANNUAL MEETING & OTO EXPO はじめ関連学会多数

3.指導医

長谷川昌宏(はせがわ まさひろ) 耳鼻咽喉科部長
日本耳鼻咽喉科学会専門医
がん治療認定医(日本がん治療認定医機構)
日本専門医機構専門研修指導医(耳鼻咽喉科)
日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
専門分野:鼻副鼻腔低侵襲手術、頭頸部外科
親泊美香(おやどまり みか) 耳鼻咽喉科医長
日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
専門分野:難聴、めまい、顔面神経
赤澤幸則(あかざわ ゆきのり) 耳鼻咽喉科医
耳鼻咽喉科専門医

4.研修内容

月、火、木曜日は外来、朝8時30分から夕方5時まで行っている。外来患者数は約50名である。水・金曜日は手術、1日約3件の手術があり、術後は病棟回診を行っている。また、6月と12月には日本耳鼻咽喉科学会地方会学術講演会、ほぼ毎月沖縄県耳鼻咽喉科懇話会がある。

5.獲得可能資格

日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本気管食道科学会専門医
頭頸部がん専門医
がん治療認定医(日本がん治療認定医機構)
補聴器適合判定医

日本専門医機構の専門研修プログラムに準拠した耳鼻咽喉科後期研修プログラム参加予定(2018年度から開始予定)

6.連携施設及び科

県内
琉球大学医学部付属病院、県立中部病院、県立北部病院、県立宮古病院、那覇市立病院、中頭病院、ちばなクリニック、浦添総合病院、豊見城中央病院、ハートライフ病院、沖縄赤十字病院
県外
愛知県がんセンター中央病院、がん研有明病院、りんくう総合医療センター・市立泉佐野病院

7.採用人数

若干名