形成外科 専攻医研修プログラム

形成外科 専攻医研修プログラム

1.プログラムの目標

救命救急センター、総合母子医療センターを備えた当院にあって、外傷から先天異常、悪性腫瘍術後の再建に至るまで、幅広い疾患に対応できる形成外科医の養成を目指す

2.プログラムの特徴

卒後2年間は、当院臨床研修管理委員会の定めるカリキュラムに沿って研修し、3年目以降(専門医研修プログラム)においては、形成外科を中心とした研修を受ける。希望により3、4年目(専門医研修1、2年目)に一般外科等関連各科の研修を取り入れることも可能で、形成外科の研修を継続することができる。現在、形成外科常勤医は1名で、一般外科研修を終え日本外科学会認定医資格を取得している。

3.指導医

西関 修(にしぜき おさむ) 形成外科部長
日本形成外科学会専門医
日本外科学会認定医
三輪志織(みわ しおり) 小児形成外科医

4.研修内容

  • (1)各年次研修内容

    【卒後3~4年目:形成外科専攻医研修1~2年目】

    植皮、局所皮弁、瘢痕拘縮の手術、骨・軟骨移植の手術手技を学びながら、形成外科で扱う各種組織(素材)についての知識の習得に努める。肥厚性瘢痕・ケロイドの診断と治療、皮膚軟部腫瘍の診断と治療について学ぶ。内シャント作成術にて末梢血管外科の基本を学び、形成外科における皮弁挙上、マイクロサージャリーによる組織移植術習得の基礎を作る。顔面・四肢を含む外傷患者および熱傷患者の初期治療にあたり、創傷処置手術適応の実際を学ぶ。週1回外来患者の診察、処置に当たる。形成外科学会地方会などで演題発表する。

    • ※手術は基本的に助手としての参加から始め、部分的に術者として手術を行い、徐々に分担を増やすことで手術全体の流れを習得する様に努める。

    【同5年目:専攻医研修後半~】

    手足や耳介の先天異常、唇顎口蓋裂の手術、筋皮弁、穿通枝皮弁などの適応・手術手技を修得する。また、末梢血管障害や糖尿病などに伴う難治性潰瘍、褥瘡などの治療について学び、指導医の助言のもとで、方針決定などを自ら行えるようにする。形成外科学会総会や関連全国学会などで演題発表し、学術論文を作成する。

    • ※指導医による補助のもと、基本的に術者として手術に望む。

    【同6年目: 】

    遊離組織移植などマイクロサージャリーを用いた再建手術手技を修得する。整容外科手技について基本を学ぶ。さらに専門性の高い分野についての知識の取得に勤め、その後のキャリアを見据えて研修が終了できるように勤める。

    • ※全診療の流れを自ら行う、指導医は助言者的役割に徹した指導となる。認定医申請のための症例をそろえる。
  • (2)週間スケジュール
    • 成人外来:火・金曜日全日
    • 小児外来:火・金曜日午後
    • 手  術:月・水は全麻(全日)木は局麻手術(午後のみ)
    • 朝のカンファランス(7:30~8:30):
      月・水曜日 外科と合同で回診,各種カンファランス
      火・木曜日 形成外科論文抄読会、基礎的教科書(英文)の輪読
      金曜日 当院と県立中部病院合同術前症例検討会 (英語でのプレゼンテーションを基本とする)
      (場所:第1.3当院、第2.4中部病院にて、第5のある月は休み)

5.獲得可能資格

初期臨床研修含め計6年の形成外科研修で形成外科学会専門医の受験資格取得が可能

6.連携施設及び科

沖縄県立中部病院形成外科

7.採用人数

1名

  • ※嘱託医として形成外科研修を継続し、定員に空席があれば常勤医となることも可能である