救命救急科 専攻医研修プログラム

救急科専門研修プログラム

1.プログラムの目標

救急科専門研修プログラム_冊子
3年間で日本救急医学会救急科専門医を取得することを目指している

2.プログラムの特徴

  • (1)ER・ICU・一般病棟のすべてを網羅しているため幅広い症例を主担当医として経験することができます。
  • (2)希望により離島診療所への診療応援が可能です。
    (阿嘉島、座間味島、渡名喜島、渡嘉敷島、粟国島、久高島、北大東島)
  • (3)小児のファーストタッチも救急医が行います。小児のCommon diseaseや小児救急も豊富に経験できます。
  • (4)チーム制で症例を担当しているため、基本的にON-OFFのはっきりした勤務体系です。
  • (5)初期診療から集中治療の急性期管理とその後の管理まで一貫した治療を経験できます。
  • (6)自衛隊ヘリコプターによる離島搬送の添乗や、海上保安庁による洋上救急に出動します。
  • (7)救急ワークステーション(救急隊がセンター内に待機し、出動時には医師が同乗します)を開始し、病院前救護の現場を経験できます。

3.指導医

梅村武寛(うめむら たけひろ) 救命救急科部長
臨床研修管理委員長
DMAT隊員
日本救急医学会専門医
日本整形外科学会専門医
富山修二(とみやま しゅうじ) 救命救急医長
土屋洋之(つちや ひろゆき) 救命救急医
日本内科学会認定医
日本救急医学会救急科専門医
宮川幸子(みやかわ さちこ) 救命救急医
総合内科専門医
臨床薬理専門医
高江洲 怜(たかえす れい) 救急科医師
大田大樹(おおた だいき) 救急科医師
日本救急医学会専門医
日本航空医療学会認定指導医
福岡大学病院救命センター
DMAT隊員
森本紳一(もりもと しんいち) 救命救急医
日本DMAT隊員
高山和之(たかやま かずし) 救命救急医
外科専門医
日本DMAT隊員
JATECインストラクター

4.研修内容

  • (1) 研修内容

    3年間で日本救急医学会救急科専門医を取得することを目指しており、救急専従期間を考慮した研修となるよう各人にあわせて調整可能。例えば半年間は救急科に所属し、残りの半年間は希望に応じて、各専門科、他施設(外傷センターなど)へのローテーション研修をすることができる。救急専従中は、ER、重症病棟、一般病棟でそれぞれ一定期間専属で担当する。勤務扱いでのBLS、ACLS、JPTEC、JATECなど救急集中治療に必要な研修コースを受講することも可能。(研修、学会は月1日とし、年間12日まで業務としての出張を認める)

  • (2) カンファレンス及びレクチャー
    • 毎週、抄読会と勉強会の開催
    • 消防症例検討会
      毎月1回、近隣の消防と搬送症例についての検討会を行っており、会の後は救急隊と親睦を深めるたの懇親会も行っている
    • 人工呼吸器ラウンド
    • NST回診

5.獲得可能資格

日本救急医学会救急科専門医受験資格

6.連携施設及び科

連携施設

・浦添総合病院 ・琉球大学医学部附属病院 ・沖縄県立中部病院
・那覇市立病院 ・沖縄赤十字病院 ・大浜第一病院
・沖縄協同病院 ・豊見城中央病院 ・南部徳州会病院
・中頭病院 ・ハートライフ病院 ・沖縄県立北部病院
・沖縄県立宮古病院 ・沖縄県立八重山病院

院内診療科はすべてローテーションの対象。院外施設については相談に応ずる。

7.採用人数

4名