麻酔科 専攻医研修プログラム

麻酔科 専攻医研修プログラム

1.プログラムの目標

緊急手術症例を含めあらゆる麻酔に対応できるような知識と技術を習得することを目的としている

2.プログラムの特徴

対象となる手術は殆ど全科そろっており、オールラウンドな麻酔が可能。当院麻酔科の大きな特徴として新生児から超高齢者まで年齢層の幅が広く、その多くの特殊な麻酔を経験できる。麻酔管理は外来から術後の重症集中管理まで周術期全般にわたり、症例ごとに指導医とともに学んでいく。専門性に十分対応できる麻酔科医を養成していく。

3.指導医

與座浩次(よざ こうじ) 麻酔科部長
医学博士
日本麻酔科学会指導医・専門医・認定医
麻酔科標榜医
野中信一郎(のなか しんいちろう) 麻酔科医長
日本麻酔科学会認定医
麻酔科標榜医
松岡 慶(まつおか けい) 麻酔科医
麻酔科標榜医・認定医
JB=POT認定医
橋爪勇介(はしづめ ゆうすけ) 麻酔科医
平良すみれ(たいら すみれ) 麻酔科医
麻酔科認定医
麻酔科標榜医

4.研修内容

  • (1)研修

    日本麻酔科学会の教育ガイドラインワーキンググループが専攻医として習得すべき内容とする項目を踏まえ、2年間の研修の後には、麻酔専門医の資格を取得することが可能となるような研修内容を基本としている。当院の特色として、新生児から高齢者までの麻酔、小児心臓外科、周産期の手術、24時間緊急手術対応と幅広い症例の経験が可能。成人の麻酔専門医はもちろん、小児麻酔の経験豊富な医師も研修医の指導に当たっている。集中治療やペインコントロール、学術研究、他などについての研修は、研修期間中に琉球大学麻酔科学講座にて行うこととしている。

  • (2) 週間スケジュール
    • 術前カンファランス(月~金)AM8:00~8:20
    • 抄読会(金曜日)AM7:30~8:00
    • 術後症例カンファランス(月曜日)AM7:45~8:00
  • (3) 年間スケジュール
    • 日本麻酔科学会での発表
    • 沖縄県麻酔研究会での発表
    • 九州麻酔学会での発表

5.獲得可能資格

日本麻酔学会指導医受験資格。2年間で麻酔科標榜医を厚生労働省より、審査の結果取得できる。偏らない症例300例以上の症例数による標榜医も取得可能。麻酔科専門医の受験資格を日本麻酔科学会入会5年後に得られる。認定試験は筆記、口頭試験があり後期研修をまじめに要領よく経験すれば取得可能。その他の取得可能な専門認定医として日本救急医学会認定医受験資格。

6.連携施設及び科

琉球大学医学部麻酔科講座

7.採用人数

2名