産婦人科 専攻医研修プログラム

産婦人科 専攻医研修プログラム

1.プログラムの目標

当科の臨床研修は、徹底したベッドサイドティーチングを通じて、産婦人科医師としての世界標準レベルの診療能力を習得する事を目的としている。当院での3年間及び、地域医療に従事する1年間の研修終了時には、それぞれ数百例の手術経験と分娩介助経験を積んでおり、婦人科一般診療・周産期医療・腫瘍学・不妊治療の産婦人科全般にわたり、世界標準の診療を独り立ちして遂行できるに十分な診療能力が身についている事を保証する。

2.プログラムの特徴

  • (1)施設面
    1. 人口100万人につき1箇所とされる、総合周産期母子医療センターが併設されている
    2. 先天異常の胎児では、こども病院部門のNICU・小児外科・小児循環器科・小児心臓血管外科等の各専門医達と、妊娠中から密接に連携している
    3. 年間約4万人が来院するER(救命救急センター)を備えており、あらゆる重症度の産婦人科救急について、充分な経験を積む事ができる
    4. 当院には日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医が常勤し、積極的に腹腔鏡下手術を行っている。当院は症例数において沖縄県内で1、2を争う腹腔鏡下手術の中心的な病院である。
  • (2)仕事面
    1. 専攻医があらゆる病棟業務の中心となって切り盛りする。指導医は専攻医のサポート役を務める
    2. 指導医の監督下に専攻医は習熟度に応じて手術の執刀医を務める
    3. 患者の受け持ちは主治医制ではなく、グループ診療である
    4. 当直は指導医とのペアによる二名体制であり、夜間でもコンサルト可能である
    5. 日常の診療は、原則として日本産科婦人科学会のガイドラインに準拠して行われている
  • (3)休暇面
    1. 主治医制ではないので、非番の夜間・休日に呼び出されることは無い
    2. 週に1日以上の完全休日と年に2週間の休暇が保証されている
  • (4)資格面
    1. 産婦人科専門医取得後に、母体保護法指定医、日本周産期・新生児学会周産期専門医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医の資格を取得するのが容易である
  • (5)女性医師面
    1. 研修期間中に妊娠・出産しても、再び研修に復帰して専門医資格が取れるよう、柔軟な勤務体制を配慮している

3.指導医

              
長井 裕(ながい ゆたか) 産科部長
日本産婦人科学会専門医
婦人科腫瘍専門医
がん治療認定医
日本産婦人科学会産婦人科指導医
井上 格(いのうえ いたる) 産科副部長
日本産科婦人科学会専門医
仲本 剛(なかもと つよし) 産婦人科副部長
日本産婦人科学会産婦人科専門医
母体保護法指定医
山下 薫(やました かおる) 産婦人科医長
日本産科婦人科学会専門医
日本周産期新生児学会周産期専門医
泉 有紀(いずみ ゆうき) 産婦人科医
日本産科婦人科学会専門医
中野 裕子(なかの ゆうこ) 産婦人科医
日本産婦人科学会産婦人科専門医

4.研修内容

指導医の監督下に、専攻医は習熟度に応じて手術の執刀医を勤める。分娩の管理も専攻医が中心となって行う。

主治医制は採用していないので、病棟の入院患者の診療は、米国のレジデント制度同様、全ての患者を指導医と共に受け持ち、診療のあらゆる場面で中心的役割を果たす。

  • (1)専攻医研修1年次(卒後3年次)

    産婦人科に関連したあらゆる救急患者を診察し、適切な診断と初期治療を滞りなく行う能力を身につけると共に、帝王切開を始めとする基本的な手術手技を習得する。また論文執筆や学会発表の手法の手ほどきを受け、実際の学会発表を経験する。

  • (2)専攻医研修2年次(卒後4年次)

    MFICU(母体・胎児集中治療室)の重症産科症例の診療の中心となる一方、手術では子宮全摘術などの婦人科医としての必須症例を執刀する。さらに研修3年次にかけての2年間の間の適時に琉球大学医学部付属病院に6カ月間出向し、婦人科腫瘍学、生殖内分泌学の研修を行う。

  • (3)専攻医研修3年次(卒後5年次)

    腹腔鏡下手術・子宮鏡下手術といった最新の内視鏡手術を術者として執刀する。またチーフレジデントとして産婦人科の研修医を統括し、チーム医療のまとめ役として指導的役割を果たす。

  • (4)専攻医研修4年次(卒後6年次)県立八重山病院勤務

    臨任医師として、沖縄県立八重山病院(ベッド数300、産婦人科医師数4名、年間分娩件数約600名)において地域に根ざした実地診療を経験する。一般総合病院にて過去3年間の研修の成果を発揮するとともに、subspeciality の取得を目指す。夏には産婦人科専門医試験を受験する。

    • ※当院で研修した者は全員一回で産婦人科専門医試験に合格している
    • ※当科では上記のように産婦人科の地域医療から最先端医療、また総合医療から専門医療まで幅広く、研修時代に経験すべきすべての事柄を網羅するようカリキュラムを組んでいる
    • ※希望があれば、専攻医研修終了後にスタッフとして当院で引き続き、勤務することも可能
  • (5)研修スケジュール
    月曜日 8:00~9:00 am 病棟カンファレンス
    火曜日 7:30~8:30 am
    8:30~9:00 am
    周産期カンファレンス(NICUと合同)
    病棟カンファレンス
    水曜日 7:30~8:30 am
    8:30~9:00 am
    手術カンファレンス
    病棟カンファレンス
    木曜日 7:30~8:30 am
    8:30~9:00 am
    ジャーナルクラブなど各種イベント
    病棟カンファレンス
    金曜日 8:00~9:00 am 病棟カンファレンス
    • ※その他、月1回病理カンファレンスあり

5.獲得可能資格

  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 母体保護法指定医
  • 日本周産期・新生児学会周産期専門医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医

6.連携施設及び科

琉球大学医学部産婦人科にて6か月間研修あり(不妊・内分泌、腫瘍)

7.採用人数

2~3名