心臓血管外科 専攻医研修プログラム

心臓血管外科 専攻医研修プログラム

1.プログラムの目標

心臓血管外科医として技術面でも学術面でも全国的に通用する力をつけるための研修を行う。すなわち術者または助手として多くの手術経験をつみ、学会発表や論文執筆も積極的に行って、将来心臓血管外科専門医の資格が取得できるようにする。

2.プログラムの特徴

当センターはこども病院を併設した総合医療センターであり、心臓血管外科は 「0歳から100歳までの心臓外科」をモットーとし、先天性と後天性ともに全国レベルの外科治療を行っている。先天性は総合周産期医療チームとの連携により、胎児診断の段階から産婦人科医、小児循環器医と検討会が行われ、最先端の治療が受けられるようになっている。後天性(成人)は生活習慣病を基盤として冠動脈、大動脈、弁膜症の複合で重症の手術が増加している。
また、地域の救急機関として、全ての心血管症例を受入れている。

3.指導医

宗像 宏(むなかた ひろし) 心臓血管外科副部長
医学博士
日本外科学会専門医
日本心臓血管外科学会専門医
山里隆浩(やまざと たかひろ) 心臓血管外科医
日本外科学会外科専門医
阿部陛之(やまざと たかひろ) 心臓血管外科医
日本外科学会専門医
日本心臓血管外科学会専門医

4.研修内容

心臓血管外科研修の1年目はICUでの中心静脈確保、スワンガンツカテーテル挿入、IABP装置の設置などから始まり、手術室での開胸、閉胸、人工心肺のカニュレーションなどもできるようにする。また末梢血管外科などは助手または術者として実際に手術を担当させる。2年目以降は簡単な開心術を術者として経験できるようにする。

5.獲得可能資格

  • 心臓血管外科専門医(日本心臓血管外科専門認定医機構基幹施設)

6.連携施設及び科

  • 京都大学心臓血管外科
  • 琉球大学心臓血管外科
  • 東京女子医科大学心臓血管外科
  • 神戸大学心臓血管外科
  • 金沢大学心臓血管外科

7.採用人数

若干名、委細面談