沖縄県|渡名喜診療所

渡名喜診療所

スタッフより

渡名喜島は那覇の北西海上58Km、北緯26度22分、東経127度08分の洋上に位置し、内面を東に向けたやや三日月型の、 周囲12,5Km、面積3,74キロ平方メートルという小さな島です。
路面より低い屋敷、フクギの垣根、白砂の道路といった、渡名喜島独特の 集落景観が、
平成12年5月に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。
人口は年々減少を続け、現在500人弱と なっています。

特産品はもちきびと島にんじんが知られています。
主な祭り・行事に海神祭やカシキーや水上運動会があります。
あまり観光化されていないため、逆にそのままの自然が残っており、
のんびりとした時間が過ぎていく島です。