平成27年度 沖縄県立八重山病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 504 98 191 309 314 403 689 640 789 288
当院は、日本で最も南にある八重山医療圏の中核病院として、特に救急、周産期、小児、そして離島医療の診療機能を重視し、エビデンスに基づく安全かつ良質な医療を提供して地域医療の充実に努めています。

上表は、平成27年4月1日~平成28年3月31日の1年間の退院患者数を、10歳刻みの年齢区分で表したものです。(※)
当院の入院症例は、その約半数を65歳以上の高齢者が占めています。
一方で、新生児や乳児の入院症例数が多いのも特徴です。「0~」(0歳から9歳まで)の年齢区分については、0歳と1歳で約6割を占めています。
pict1 pict2

※このページで公表している数値は、DPCデータにより集計するため、次のケースは含まれません。
 入院後24H以内の死亡、精神病床のみの入院、保険適用疾患のない院内出生児、正常分娩の産婦、自賠責、労務災害の方 等
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 189 15.78 14.34 5.29 79.46
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 127 16.97 12.6 3.15 74.06
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 111 24.1 21.69 12.61 82.95
当院の内科で多いのは、高齢者の肺炎の入院です。
高齢者の肺炎は重症化しやすく、厚生労働省の統計( 「平成27年(2015)人口動態統計」)によると、日本人の死因順位では、がん、心疾患に続いて肺炎が第3位になっています。

尿路感染症は、主なものに「腎盂腎炎(じんうじんえん)」、「膀胱炎」、「尿道炎」があります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 定義副傷病 なし 37 4.24 5.56 0 36.41
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 7.09 9.71 0 64.59
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 20 9.15 7.84 0 55
外科では様々な手術を行っているため特定のDPCへの偏りは小さくなっています。
そのなかで最も多いのは、虫垂炎(いわゆる盲腸)で手術を行う入院です。これは小児から高齢者まで幅広い年齢層で入院例があります。

次いで多いDPC「慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし」は、末期腎疾患に対して血液透析を導入するためのシャント造設目的の入院です。
ここ2,3年、当院の外来でも透析件数は増加傾向にあります。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2 なし 202 5.87 5.72 0 0.72
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 92 5.11 6.31 0 4.79
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 29 4.72 5.54 0 2.28
当院の小児科では、「肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2 なし」での入院が最も多くなっています。このDPCの平均年齢を見ると、新生児・乳児の入院が多いことがわかります。
次いで「喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし」、「インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし」と続き、上位3つは呼吸器系疾患による入院です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 73 39.05 28.7 68.49 82.59
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 37 31.08 21.52 37.84 79.22
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 26 35.38 27.21 0 74.08
当院の整形外科で最も多いのは、股関節大腿近位骨折(太ももの骨の股関節に近い箇所の骨折)で手術を行う入院です。高齢者が転倒により骨折するケースが多く、高齢者人口の増加に伴い年々少しずつ増えてきています。
当院で手術を行い急性期を過ぎた後に他の医療機関へ転院してリハビリを続けることが多く、地域で連携して医療を提供しています。

また、当院の整形外科では、膝関節症に対する膝の人工関節置換術を多く行っています。
(DPC名称では”人工関節再置換術等”となりますが、全て人工関節置換術です。)
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 73 9.82 9.94 0 32.95
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 33 21.09 20.87 15.15 31.03
120140xxxxxxxx 流産 30 1.1 2.34 0 34.5
第1位のDPC名称は「胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等」となっていますが、この”子宮全摘術等”に該当している手術はほとんど全てが帝王切開術です。
当院の産婦人科では、八重山医療圏で唯一の分娩取扱医療機関として年間約600件近くのお産を扱っています。このためお産に関する入院が上位3位までを占めています。

なお、お産に限らず、婦人科系疾患も診療しています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 17 6.35 8.2 0 18.53
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 12 5.92 7.76 0 48.33
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 10 4.7 5.53 0 35.5
耳鼻咽喉科での入院は、あまり多くはありませんが、扁桃炎などで入院治療を行うことがあります。
扁桃炎は軽症の場合は外来での治療が可能ですが、第3位の「扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし」は全例が扁桃周囲膿瘍まで重症化しているために入院治療を行ったケースです。
扁桃炎を年に数回発症するようになり(慢性化)、投薬による保存治療の効果が期待できない場合は、第1位の「扁桃、アデノイドの慢性疾患」として口蓋扁桃手術(摘出)のための入院になります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 10 - - 1 7,6
大腸癌 13 - 14 17 - 42 1 7,6
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 13 - - 20 12 19 1 7,6
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの入院延数を、初発の UICC 病期分類別、および再発に分けて集計しています。
この項目では、同じ患者さんが複数回の入院を行った場合はそれぞれをカウントしています。
(表中の「-」(ハイフン)は、0または10未満の数値であることを表します。)


当院は平成28年4月1日より地域がん診療病院に指定されました。
専門的な知識や技術を持つスタッフを擁し、他の医療機関等とも連携しながら、手術療法、化学療法による標準治療を行っています。
がん相談支援センター(地域連携室)では、当院をご利用中の患者さんやご家族以外の方の相談も承っておりますので、お気軽にご相談を。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 19 11.42 58.32
重症度 1 55 13.4 80.6
重症度 2 43 15.47 81.09
重症度 3 16 38.75 84.5
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
※成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類(A-DROPシステム)
 ①男性≧70歳、女性≧75歳
 ②BUN≧21または脱水(+)
 ③酸素飽和度≦90%
 ④意識障害(肺炎に由来する)
 ⑤sBP≦90mmHG
軽症  : 上記5つのいずれも満たさない。
中等症: 上記1つまたは2つを有する。
重症  : 上記3つを有する。
超重症: 上記4つまたは5つ。

(表中の「-」(ハイフン)は、患者数が0または10未満の数値であることを表します。)
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 75 28.28 71.99 39.02
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
発症3日以内の脳梗塞が約8割を占めています。
(表中の「-」(ハイフン)は、患者数が0または10未満の数値であることを表します。)
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 40 1.65 5.95 0 56.55
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 等 35 0.31 3.29 0 36.06
K6335 ヘルニア手術鼠径ヘルニア 等 33 1.94 3.7 3.03 54.82
外科で最も多かった手術は、胆嚢炎や胆嚢結石などの疾患で行う「腹腔鏡下胆嚢摘出術」です。また、外科で最も多い入院は虫垂炎(いわゆる盲腸)の手術のための入院ですが、当院ではこの虫垂切除術も腹腔鏡下で行うことがスタンダードになっています。
外科ではこの他にも様々な手術を行っています。(H27年度のDPCデータでは約150種類、約560件以上(併算定含む))
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 48 3.67 13.1 8.33 75.81
K654 内視鏡的消化管止血術 31 2.74 14.87 9.68 66
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 26 0.73 5.27 0 50.69
内科では、内視鏡を用いた手術を行っています。
「内視鏡的胆道ステント留置術」「内視鏡的膵管ステント留置術」は、狭窄を起こしている胆管や膵管に対してステントと呼ばれる小さな管を挿入し、内部から押し広げることで胆汁や膵液の流れを改善する手術です。

この他、心筋梗塞や狭心症等の心疾患に対する「経皮的冠動脈形成術」「経皮的冠動脈ステント留置術」等も行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 47 4.57 33.02 72.34 80.55
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 33 5.73 36 51.52 79.09
K0821 人工関節置換術(膝) 等 27 1.78 32.48 0 74.63
上位1位と2位の手術はいずれも大腿骨骨折に対する手術です。多くは高齢者の転倒等による骨折で、平均年齢は80歳前後になっています。これらの術後は急性期を過ぎた後に他の医療機関へ転院してリハビリを続けることが多く、地域で連携して医療を提供しています。
次いで、膝の人工関節置換術の件数が多いのも当院の特徴です。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 等 59 1.76 7.22 0 32.73
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 等 50 4.28 7.64 0 30.72
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 等 29 0.03 0.03 0 34.45
当院は八重山医療圏で唯一の分娩取扱医療機関として年間600件近くの分娩を扱っていることもあり、産婦人科での手術は上位3つをお産に関する手術が占めています。
帝王切開術は、当院で最も多い手術です。流産手術(妊娠11週まで)等は、妊娠初期の流産の処置です。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 等 15 1.8 4.33 0 19.87
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -
K340-3 内視鏡下鼻・副鼻腔手術I型(副鼻腔自然口開窓術) 等 - - - - -
耳鼻咽喉科で行う手術は、慢性化した扁桃炎の治療のための口蓋扁桃手術(摘出) が主です。

(表中の「-」(ハイフン)は、患者数が10未満の数値であることを表します。)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 29 0.69
異なる 38 0.9
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 22 0.52
異なる - -
入院契機と同一とは、この傷病名を主として自宅等から入院、または他の医療機関等からの転院を受け入れたことを表します。
入院契機と異なるとは、他の傷病の治療のために入院したが、結果的にこの傷病名の治療が主になったことを表します。

手術や処置などは合併症を起こさないように細心の注意を払って施行していますが、適切な診療を行っていても合併症はどうしても一定の確率で起こり得ます。手術・処置等の合併症の内訳としては、透析シャント閉塞、CAPD出口部感染、人工股関節脱臼等があります。

(表中の「-」(ハイフン)は、患者数が0または10未満の数値であることを表します。)
更新履歴
2016/09/30
公開