1. トップ
  2. 病院紹介
  3. 放射線科のご紹介

放射線科のご紹介

放射線技術科のご紹介

放射線従事者の使命として医療安全を常に追求し、放射線利用の3原則である「正当性」「最適化」「線量限度」を実践するように努力しています。

また、近年の医療は専門分野に細分化され日々進歩していますので、医師、看護師、技師との密接な連携、迅速な対応が重要になっています。

我々放射線技術科は、医療スタッフとのコミュニケーションを図りながら、常に最新の情報、技術の習得を心がけ、また装置すべての機能を駆使し、あなたの病気に対して、あなたと共に戦うことを誓います。

救急治療室(ER)を併設していますので、検査依頼に対しては24時間即対応を原則としています。

放射線技術科スタッフ

診療放射線技師8名、放射線科医1名、受付1名

検査機器

  • radiology_member.jpg一般撮影装置2台
  • 全身用コンピュータ断層撮影装置(MDCT64列)
  • 磁気共鳴断層撮影装置(MRI)
  • 透視撮影装置2台
  • 血管造影撮影装置
  • 乳房撮影装置
  • 移動型撮影装置3台
  • 外科用イメージ装置
  • 画像情報管理システム(PACS) 

県立八重山病院放射線技術科は上記の医療機器を装備し、放射線治療、RI検査以外のあらゆる検査に対応しています。

上記の様に検査機器は多種在りまが、検査にはその病態に適した検査機器があります。主治医と良くご相談し必要性を理解した上で、早めの検査、(早期発見、早期治療)をお勧め致します。

検査及び検査機器の説明はこちら